『会社員×個人事業主』バランスよく好きなことを仕事にする考え方のメリット

働く

「会社に縛られる生活はゴメンだ!」

そう固く決意し、仕事を辞めてフリーランスとして独立する人が増えています。

フリーランスとして独立することは悪いことではありません。自分の好きなことに全力でリソースを注げる環境に身を置くことで研ぎ澄まされた感性を磨ける人もたくさんいます。

かくいうぼくは、2018年『会社員×個人事業主』というスタイルに変化しました。兼業です。

りむさん
りむさん

「会社員には戻らない」と固く決意したぼくでしたが、『会社員×個人事業主』というスタイルに変化するきっかけは夜間中学校を紹介するドキュメンタリー映画でした。

https://lim-lifecreate.com/2018/06/08/post-10923/

あなたが「会社を辞めてフリーランスになりたい」と思っている理由は何ですか?

「会社に拘束されるのがイヤだ」「仕事がつまらない・仕事内容が好きじゃない」「職場環境が辛い」様々あると思います。

会社を辞めたいあなたに聞きたいことがあります。

  1. 職場環境が辛い
  2. 好きな仕事がしたい
  3. フリーランスとしての仕事構築に不安がある

上記3点に当てはまったあなたに、提案したい働き方は『会社員×個人事業主』スタイルです。

りむさん
りむさん

『会社を辞めてもフリーランスで問題なく生計を立てられる』という場合はここから先を読み進める必要はありません。「フリーランスになるのは不安だけど…いまの仕事もしたくない…」というあなたにお勧めする内容です。

人生を豊かにする『会社員×個人事業主』というスタイルで働く!

2018年現在、ぼく自身の働くスタイルは『会社員×個人事業主』です。

会社員として企業で働くことにより、個人事業主としての作業時間は激減しました。職場や通勤で拘束される時間も1日9〜10時間あるため、長時間集中で作業することはできなくなりましたが。

りむさん
りむさん

好きなことを仕事にするという軸さえぶれなければ、『会社員×個人事業主』という生き方も選択肢のひとつとしてアリです。

【前提条件】会社員も個人事業主も『好きなこと』を一番に考えること!

前提条件として

  1. 会社員としての仕事:自分の好きなこと・楽しめるジャンル
  2. 個人事業主としての仕事:自分の好きなこと・得意なジャンル

上記2点は絶対条件です。どちらも『好きなこと』を軸に選んでください。

  • 会社員=お金のために『嫌いなこと』も我慢して働く
  • 個人事業主=会社員としてできない『好きなこと』をメインで働く

という住み分けをしてしまうと、どうしても『好きなこと』の比重が大きい個人事業主に気持ちが偏ってしまいます。

目指したい理想のカタチは『会社員50%:個人事業主50%』のバランスの良い比率で生きること。

目的は『幸せな生活を送る』ことであって、会社員と個人事業主を兼業することではありません。

ここから先は『好きなこと』を仕事にしている前提でお話しします。もし、あなたが『好きなこと』を仕事にしていないなら…まずは会社員としての働き方を見直してみてください。

りむさん
りむさん

『好きなこと』を仕事にするために必要なことは就活で妥協しないこと!就業時間や年収をベースに選考を受け続けると、いつか必ず生活が破綻します…。

就活の際は、説明会などで働いている社員と直接話せる環境があるかどうかに注目してみてください。

社員の不満が多い会社は、説明会などで話せる社員が少ないです。ネガティブ要素を漏らす可能性があるので選考の場に社員をあまり連れてきません。

りむさん
りむさん

直接話が聞ける選考の場を用意してくれている会社を中心に就活・転職活動をすることが人生をワクワクさせるための重要なポイントです。ただし、あなたの『ワクワクする軸』にそって探してくださいね!

【会社員だけ】好きなことでも『やりたくないこと』や『人間関係』でストレスを感じることはある…

会社員として『好きなこと』を仕事にしていても、すべてが幸せとは限りません。

  • 教育の世界が好き
  • 周りから見ても教育業界が向いている

という状況で仕事をしていますが、楽しいことばかりではありません。

売上目標・利益目標に未達のときは、新規の生徒や既存の生徒の成績向上よりも営業を優先しなければならないときがあります。

ストレスを感じることもありますし「もう帰りたい…」と思うこともあります。

それでも会社員として楽しく働けている理由は

  1. 好きなこと>いやなこと
  2. 個人事業だけで生きていくリスクを回避できる
  3. 個人事業があるので最悪離脱できる

という3点が成り立っているからです。

りむさん
りむさん

『好きなこと』を仕事にしているので、多少嫌なことがあってもすぐに「転職してやる!」という発想にはなりませんが、何かあったときに『個人事業での収入があるから大丈夫』と思えるのはかなり心の支えになってます。

【個人事業主だけ】好きなことでも『収入の増減』に身動きが取れなくなってしまう…

個人事業主だけで問題なく生きていくことができるなら、それに越したことはありません。ただ個人事業主は常に『収入の増減』に悩まされます。収入がなくなれば生きていくことはできません。

「何が何でも稼がなきゃ!」というマインドも必要になります。

ぼく自身「何が何でも稼ぐ!」マインドに陥り、収入を確保するために行ったことは

  • FX投資サイトの運営
  • 婚活(出会い系)サイトの運営

でした。

理由は『広告単価が高い』から。知識があるわけでもなく、好きなジャンルでもない。

サイト構築・商品知識の吸収・顧客ターゲットの選定に時間をかけて、サイトを作り込めば成果報酬は手に入りますが、まったく楽しくない。

好きなこと<いやなこと

になってしまったため、時間があっても作業をせずに放置。自由に生きていきたいと思って始めたことで身動きが取れなくなってしまったので、思い切ってサイトを解体したところ、ストレスも軽減。

りむさん
りむさん

FXサイトも婚活サイトも、もう二度と作りません。人生は有限。もっともっとワクワクすることに時間を使いたい。

現在は、

  1. one’s view of life and death
  2. 中学生と保護者向けの教育サイト

の2サイトに絞った運営に切り替えています。

重要なのは『好きなこと』を追求するサイトにしているところ。特に中学生と保護者向けのサイトは『採算度外視の社会貢献』を信条として運営しています。

それでも運営できる理由は『会社員としての収入』があるからです。

りむさん
りむさん

『会社員×個人事業主』というスタイルに移行したことで、会社員としての収入を維持しつつ、個人事業は『採算度外視の社会貢献』という冒険ができるようになりました。

【会社員×個人事業主】会社で感じる『ストレス』を解消しつつ『収入の増減』に悩まされない冒険ができる!

ここまで読んでくれたあなたなら、すでに理解していると思います。

『会社員×個人事業主』という兼業スタイルは、両方のデメリットを解消しつつ生活のバランスを保ってくれるスタイルです。

  • 会社ではできない『やりたいこと』は個人事業で穴埋めできる
  • 個人事業だけでは不安な収入も会社員として『好きなこと』をしながら手にすることができる

メリット総取りの働き方です。

会社員になると、個人事業として使える時間は激減しますが、量は激減してもコツコツ積み上げていけば良いのです。

  • 会社での仕事=好きなこと
  • 個人事業での仕事=好きなこと
りむさん
りむさん

会社での仕事内容が個人事業に活かせる。会社での収入があるから個人事業で冒険ができる。個人事業で冒険ができるからワクワクした人生を過ごせるようになります。

『好きなことを仕事に』を基本にした兼業スタイルが人を豊かにしてくれます。

あなたの軸で、あなたの人生に彩りを飾る。

ワクワクした今日を全力で送ってほしい。後悔しない1日を送ってほしい。

もしあなたが「このままじゃイヤだ」と感じているなら『いま』が人生を変えるチャンスです。


コメント