【はじめての確定申告】払いすぎた所得税の還付金の返納方法と返納時期のまとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「払いすぎた所得税はいつ支払われるの?」

「所得税の『還付金』支払いの連絡がこない…」

3月の確定申告で所得税の『還付金』があった場合の、所得税払い戻し方法と所得税払い戻し時期に関してのまとめです。

  • 個人事業主(フリーランス)
  • 副業収入の申告
  • 不動産などの投資利益の申告

確定申告は様々なケースで必要になります。

正社員としての収入だけであれば確定申告は会社が作業してくれるので、年末調整で所得税の還付が行われています。年末の給与振り込みの際に調整されます。

個人事業主や副収入がある会社員は、自分自身で年末調整を行う必要があります。

『はじめての青色確定申告』会社員から個人事業主になるあなたへ。会計Freeeを使えば所得合算の計算も一瞬!
会社員から独立してはじめての確定申告。 何から手をつければいいのか…不安ですよね? この記事では、ぼくがはじめて行っ...

確定申告を行うと、

  1. 確定申告後の所得税の支払い総額
  2. 所得税支払いが多かった場合の還付金額

が計算されます。

支払いが必要な場合は3月15日までに必ず支払いを終えましょう。

アバター画像
確定申告を行ったら『還付金』があった!でも、1ヶ月以上経ってるけど一向に払い戻されない…という状況だったぼく自身の経験をまとめました。

【はじめての確定申告】払いすぎた所得税の還付金の返納方法と返納時期のまとめ!

確定申告を行うために【会計ソフトfreee(フリー)】を利用して所得合算。

ぼくの場合、2017年前半は会社員としての所得があったため、

  1. 給与所得
  2. 事業所得

の所得合算申告を青色申告で行いました。

所得合算したところ、2017年前半で源泉徴収された所得税がすべて『還付金』として返納される計算となり書類を作成して提出。

  • 確定申告提出:3/14
  • 還付金振り込み完了:5/22
アバター画像
確定申告書類の提出から振り込みまでの間に行った一連の流れをまとめたので参考にしてください。

【税務署に連絡】確定申告から50日…振り込まれない『還付金』について確認の連絡

確定申告の書類を提出したのは『3/14』。

提出した当初は「1ヶ月くらいで振り込まれるだろう」と思っていましたが、その後まったく振り込み通知の音沙汰なし。

確定申告時に書類に記載した銀行口座に振り込まれているかもしれないと通帳記帳をしても還付金も文字はありません。

GW(ゴールデンウィーク)明けの5/7(月)。銀行に振り込まれていないことを確認し、税務署に電話で確認したところ…

(税務署の回答)「ただいま処理を行っています。還付金は今月中にはお振込み可能です。詳しくは振込み前に金額を記載したハガキを送付するので、そちらをご確認ください」

とのことでした。

アバター画像
電話の段階では明確に日時は教えてもらえませんでした…他の確定申告者の処理もあって忙しいのかな?

【電話後の作業】還付通知ハガキが届くのをひたすら待つ!

電話にて『5月中の還付金振込み』の確認がとれたあとは、ひたすら待ち続けます。

ハガキが到着したのは5/18。

確定申告を行ってから2ヶ月以上。日数換算すると65日後でした。

ハガキには

  • 還付金額の確認
  • 還付金振込み日時
  • 還付金振込み口座

が明記されていました。

還付金のお知らせが届かないことで感じていた一番の不安は『確定申告が間違っていたのではないか』という点だったので、振込みの確認ハガキが届いたことで得られた安心感は大きかったです。

アバター画像
やっと還付金が戻ってくる…確定申告も間違ってなかったようだし、本当によかった!

【所得税返納!】返金は確定申告から69日後!およそ2ヶ月かかりました!

確定申告から還付金の振込みまでにかかった日数はおよそ2ヶ月。69日後でした。

2ヶ月というのは一般的な振込みまでの期間なのかどうかはわかりませんが、確定申告締切ギリギリに書類を提出すると、2ヶ月はかかると考えていたほうが良さそうです。

確定申告の時期は、例年2/15〜3/15です。

確定申告書類の受理順に処理をしているとすれば、締切ギリギリに確定申告を行った場合の処理はかなり遅くなります。

処理の順番が遅ければ、それだけ還付金の返納も遅くなりますね。

2月中に確定申告を行えば、まだ確定申告を行っていない人ばかりなので、処理も早く4月上旬には還付金が戻ってくるかもしれません。

あなたが還付金の返納が遅くて不安を感じているなら、来年の確定申告は前倒しで行うほうが良いでしょう。

確定申告は12月までの収入をベースに書類を作成するので、遅くても1月下旬には必要書類が揃っているはずです。

アバター画像
個人事業の領収書などは、毎月コツコツとまとめて帳簿をつけておけば、ぼくのように直前で焦ることもありません。確定申告の準備は計画的に!

『還付金手続き』は2ヶ月前後!確定申告は開始直後に行った方が賢明!

確定申告後の所得税還付は『提出から2ヶ月前後』が目安のようです。

申告後2ヶ月経っても還付通知ハガキが届かない場合は、税務署に確認の連絡をしましょう。

アバター画像
税務署に『提出時期』と『還付予定金額』を伝え、状況を報告してもらうだけでも不安が解消されます。困ったらすぐに連絡して確認しましょう!

確定申告は2/15〜3/15の間で行うことが可能です。

2月中にスムーズに確定申告を行うために大切なことは

  1. こまめに領収書を整理する
  2. 月1回は帳簿に領収書金額や収入をまとめる

これだけで確定申告がかなりスムーズになります。

毎月の収入や領収書の帳簿入力はクラウド管理の【会計ソフトfreee(フリー)】を使うと便利です。

  1. 毎月の収入や領収書の金額が保存可能
  2. 難しい勘定科目も簡単に仕分け可能
  3. 簿記の知識がほぼ必要なし
  4. 銀行口座やクレジットカード情報も同期可能で支払いも楽々管理
  5. 必要事項の入力だけで確定申告書類が簡単に出力できる
  6. ネット経由での確定申告にも対応!
アバター画像
「税理士さんに任せるほどの収入ではないけど、自分だけで確定申告書類を記入するのは不安…」という人に相性抜群です。まずは無料で利用してみてください。

確定申告ははやめの対応が一番です。2018年度の確定申告はぼくも早めに終わらせます。

はじめての確定申告は『Freee』で!青色申告も簡単便利!→無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

面倒な確定申告は税理士さんにお任せ!確定申告の悩みは電話で相談→紹介は何度でも可能!税理士紹介ネットワークは無料で安心

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする