『学びたい』想いに応えられる教育関係者になるために 〜夜間中学映画『こんばんは』を観て〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

『夜間中学校』という言葉を聞いたことがありますか?

  • 戦後間もない日本で中等教育を受けることができなかった高齢者
  • 学校に通うことができなくなってしまった不登校生徒
  • 海外から日本にきた就労者

様々な理由で中等教育を終了できなかった人、中学卒業レベルの学力を身につけられなかった人がいます。

アバター画像
学びたくても学べなかった人が、もう一度学習する機会を提供している『夜間中学校』。東京都にある文花中学校の生徒にスポットを当てた映画『こんばんは』を観て、そして教育機関に勤める方や学生の方の話を聞いて、ぼく自身ができることは何か考えてみました。

  • 不登校
  • 引きこもり

様々な理由で中学校に通えなくなった生徒数は、ひとつの学年でおよそ10人。

不登校は悪いことだとは思っていません。学校に通えないならムリする必要はないと思っています。

心配なのは『学ぶべき内容』を学ぶことなく大人になってしまうことです。

夜間中学校は、もう一度学ぶことができる良い機関だと感じました。

しかし『夜間中学校』は都内でも8校しか開校されていません。

夜間中学校のような学びの機関が全国に足りていない。必要な人に届いていないのが実情です。

アバター画像
教育業界に関わるひとりの人間として、『学びたい』と思っている生徒のためにぼくが全力で返せることは何だろう?

夜間中学校の映画を観て、考えてみました。

おはようございます昨日のブログ改めてなんですけど、すごい中途半端なところで終わらせてしまってすみませんでした改めてイベントの詳細☟☟☟夜間中学の記録映画「こん…

教育業界に関わるひとりの人間として。個人事業主として蓄積した経験を世の中に返す方法は?

  • 学びたかったけど学べなかった高齢者
  • 学校に行けなくなってしまった中学生

映画を観ながら考えたこと。

教育業界に関わるひとりの人間として、自分自身がすべき行動は何か?

個人事業主として活動して蓄積された経験・知見。

アバター画像
携帯電話の販売。交通誘導員の経験。いろいろな仕事を通して関わった人たちの話を聞いていて思ったのは『教えられなければ知ろうとしない』こと。
  • 携帯電話の料金
  • スマホの使い方
  • 自分にあった仕事の探し方
  • 仕事を探すための媒体

「それ、もっとはやく知りたかった!」と言われることも多いです。

アバター画像
ぼくが出した結論は『もっとはやく知りたかった』をできる限りはやく伝えること。

『教えてもらえなければ知らない』無知の機会損失を最小限にとどめる活動

世の中には『知らなかった』ことで起こる機会損失がたくさんあります。

大手通信3キャリアのスマホを使っている人たちの月々平均使用料金は『12000円』。

12000円からプランを見直して、データ量を減らしても『8500円〜10000円』。

格安SIMとポケットWiFiを併用すれば、

  1. スマホの月々の料金を2500円に抑える
  2. パソコンもスマホもタブレットもWiFiでデータ使い放題

格安SIMとポケットWiFiを併用しても月々7500円以下に抑えることができます。

大手通信3キャリアを利用している人はスマホだけで『10000円』前後の使用料金を払っています。

格安SIMを知らない、格安SIMに不安があって変えられない、という人にとって大きな機会損失。

仕事を探すときも同じです。

  1. 新卒の就活→リクナビ・マイナビなどの大手就活サイト
  2. 中途採用の転職→リクナビネクスト・エンジャパンなどの大手転職サイト

を利用している人たちがほとんどです。

大手就活サイトのメリットは『多くの業種・職種がある』ところ。他業種への転職を考えている転職者や業種を絞っていない新卒就活生には有効。

ただ、すでに業種を絞っている人やキャリアアップを考えている人にとって、大手サイトはメリットがありません。

中途採用なら『業界別転職サイト』がおすすめ!大手転職サイトが使えない理由!
転職市場が活発に動く時期は11〜1月です。 各業界・企業で、2月〜3月中の退職者が増えるため、4月から始まる新年度に向けて『即...

こちらにも書いていますが、業界別の特化型サイトのほうがキャリアアップがしやすい環境です。

アバター画像
世の中のすべてを把握しているわけではありませんが、ブログやTwitterといった環境を活かして自分自身の経験を伝えることで、あなたにとっての機会損失を最小限にとどめる活動をしていきます。

『もっとはやく知りたかった』若い世代に対して勉強以外のことを伝える活動

『教えてもらわなければ知らない』ことを、できる限りはやく伝える。

「それ、もっとはやく知りたかった!」という声を少しでも減らしたい。

『教育現場』で伝えることが世の中の将来につながるという結論に至りました。

学校では教えてくれない将来の話や働き方。

受験を乗り切るだけでなく、『勉強することが何の役に立つのか?』を具体的に伝えることができる教育現場を作りたい。

大学を卒業してすぐに学校教員にや学習塾の講師として仕事をはじめた人たちには伝えられない『経験・知見』がぼくにはあります。

  • 社会不適合者で悩み続けた経験
  • 自分の居場所を見つけるためにもがいた経験
  • たくさんの仕事を通して見つけた『働き方の共通点』
  • 自分自身の活動を通して見つけた『勉強する意味』

教育現場に関わる人たちよりも具体的に伝えられることがあります。

アバター画像
子どもたちの「もっとはやく知っておけばよかった…」を少しでも解消するために、ぼくは教育現場に戻る決意をしました。

「もっとはやく知りたかった」に応えるために。2018年は『教育業界とサイト運営』の2つで活動をします。

2018年は活動の場を

  1. 教育業界(予備校・正社員)
  2. サイト運営(個人事業主)

の2つに絞ることにしました。

いままでの仕事は4月ですべてリセット。5月から学習塾の正社員として教育業界に復帰しました。

アバター画像
本決定していなかったので、お知らせが遅くなってしまいごめんなさい。正社員とサイト運営。兼業のスタイルで『もっとはやく知りたかった』に応えていきます。

知識・経験は武器になる。自分の見たことがない世界を伝えることは、あなたの武器を強くする。

1年間の個人事業主としての活動は、

  • 自分自身の考え方の変化
  • 自分自身の心の余裕
  • 『知らない』あなたに伝えるための大事な期間

として新しい世界を開いてくれました。

アバター画像
1年前の「仕事辞めたい」と思っていたぼくには『軸』がありませんでしたが、いまは『軸』ができました。今後の活動を温かい目で見守っていただけると幸いです。

『変わりたい』と思っている女性必見!「何かをはじめたい…」と感じたときが行動するチャンス!まずは資料請求ではじめの一歩を踏み出そう!→日本パーツビューティーアカデミー

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする