【フリーランスからの転職】個人事業主が正社員に転職するときに必要な5つの手続き!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「いままでフリーランスで仕事してきたけど、就職したい」

「個人事業主を辞めて会社員に戻りたい」

個人事業主(フリーランス)→正社員として会社で働く という選択をしたときの『手続きや必要書類』に関してのまとめです。

  1. 国民健康保険→社会保険
  2. 国民年金→厚生年金
  3. 年度末の確定申告の方法
  4. 住民税の支払い
  5. その他会社員になるための必要書類など

についてまとめました。

アバター画像
個人事業主から会社員に戻る際、自分で手続きをする必要があるものとないものがあります。確認を怠ると、のちのち面倒な手続きが降りかかってくるので、事前に準備しておきましょう!

フリーランスから転職!おすすめの転職サイトは『業界特化型サイト』!

中途採用なら『業界別転職サイト』がおすすめ!大手転職サイトが使えない理由!
転職市場が活発に動く時期は11〜1月です。 各業界・企業で、2月〜3月中の退職者が増えるため、4月から始まる新年度に向けて『即...

【フリーランスからの転職】個人事業主が正社員に転職するときに必要な5つの手続き!

個人事業主(フリーランス)→正社員になる際の必要な手続き・準備は

  1. 国民健康保険→社会保険
  2. 国民年金→厚生年金
  3. 年度末の確定申告の方法
  4. 住民税の支払い
  5. その他会社員になるための必要書類など

上記5つの項目が重要となります。

アバター画像
ひとつひとつ確認してきましょう。

【健康保険】国民健康保険→社会保険への切替は市役所で行う!

就職し正社員になると『社会保険』に切り替わります。

個人事業主(フリーランス)時代の国民健康保険から脱退し、社会保険に切替が必要になります。

社会保険への加入は、会社が手続きを行ってくれます。

必要な書類は

  1. 住民票記載事項証明書
  2. マイナンバー

です。会社に提出することで加入手続き終了後に新しい保険証が届きます。

社会保険に加入すると、あなたは

  • 社会保険
  • 国民健康保険

の二重加入の状態になります。

国民健康保険の脱退が必要になります。脱退の手続きを行わないと、多く支払った保険料が還付されません。また、国民健康保険の支払い明細も届いてしまいます。

国民健康保険を脱退するためには市役所での手続きが必須です。

  1. 国民健康保険の保険証
  2. 新しく加入した社会保険の保険証

を市役所に持参し『喪失の届出』を行います。

アバター画像
『喪失の届出』を行うと、保険料の精算をしてくれます。多く支払っている場合は還付金手続き、足りていない場合は際研鑽した振込書が届きます。

【年金】国民年金→厚生年金への切替は会社が行ってくれる!

会社を退職し、国民年金に加入する際の『厚生年金→国民年金手続き』は自分自身で市役所で手続きをする必要がありますが、

国民年金→厚生年金

への切替手続きは会社が行ってくれるため、自分自身での手続きは不要です。

厚生年金への切替で必要になるものは

  1. 年金手帳(基礎年金番号)
  2. マイナンバー

です。会社に提出することで加入手続きを行ってくれます。

厚生年金への加入が完了すると、国民年金は自動的に脱退します。

アバター画像
厚生年金への切替は会社が行ってくれるので、個人での手続きは不要です。年金未納がある場合は、年金機構から未納の通知が来るので、通知を確認し未納金を支払えばOKです。

【確定申告】『個人事業主(フリーランス)』での収入は年度末の確定申告が必要!

会社員になると『確定申告』は会社が行ってくれます。源泉徴収された所得税は年末調整で還付されるようになります。

会社員に転職する前にアルバイトをしていた場合は、アルバイト先の源泉徴収票を就職先に提出します。アルバイトなどの給与所得は、就職先の会社が年間収入として合算で計算してくれるため、自分自身での確定申告は不要になります。

アルバイトをしていた場合は、必ず勤務先に源泉徴収票の発行依頼を行ってください。退職のタイミングで発行してもらうと忘れずに済みます。

個人事業主(フリーランス)としての『事業所得』は自分自身で確定申告をする必要があります。

  • 年末調整で発行された源泉徴収票
  • 個人事業主(フリーランス)としての事業所得

を再計算し、3/15までに確定申告書類を作成し、不足分の所得税を支払います。

アバター画像
正社員として就職した後も継続して副収入がある場合も自分自身での確定申告が必要です。確定申告は会計Freeeなどのシステムを活用して行うのがお勧めです。
『はじめての青色確定申告』会社員から個人事業主になるあなたへ。会計Freeeを使えば所得合算の計算も一瞬!
会社員から独立してはじめての確定申告。 何から手をつければいいのか…不安ですよね? この記事では、ぼくがはじめて行っ...

【住民税】転職初年度は自分自身で支払い!翌年からは給与天引きに切り替わります!

転職初年度の住民税は自分自身で支払いを行います。

6月に届く住民税支払い明細に沿ってコンビニや金融機関に納付しましょう。

翌年6月以降は住民税を12分割した金額が給与天引きとなります。

住民税の給与天引き手続きは必要ありません。毎年確定申告後に会社に住民税の金額が通知され、12分割した金額を支払ってくれます。

アバター画像
初年度は自分自身での支払いになるので、未納にならないように注意が必要です。

【その他必要書類など】個人事業主(フリーランス)の転職で忘れがちな書類は…『健康診断書』!

  • 住民票
  • 雇用保険者番号
  • マイナンバー
  • 免許証などの身分証明書

はすぐに準備できると思います。

忘れがちなのが『健康診断書』です。

会社によっては、入社後に健康診断を行う場合もありますが、ほとんどの会社は入社書類と一緒に提出です。

個人事業主(フリーランス)の人は、長い期間健康診断を行っていないケースがほとんど。

書類提出までに余裕を持って健康診断を受診し、準備しておく必要があります。

アバター画像
健康診断の結果は『過去3ヶ月以内』が基本です。診断料は8000〜10000円。忘れずに受診しましょう。

手続きや書類準備は勤務開始までに!計画的に準備しよう!

個人事業主(フリーランス)から正社員への転職。

健康保険や年金、手続きに必要な書類の準備など、やらなきゃいけないことは山積みですね。

特に注意が必要なのは

  • 平日しか空いていない役所での手続き
  • 平日しか空いていない病院での健康診断
  • 前職(アルバイト含む)での源泉徴収票の発行

です。

アバター画像
時間のかかる準備や手続きは、スケジューリングが命です。直前になってあたふたしないように手帳やカレンダーでしっかり計画を!

【30代の転職】「即戦力になれる自信がない…」転職に不安を抱えているならこちら!

【30代の転職】「あなたが入社することによる会社へのメリットは?」という質問をされる3つの理由と答え方。
30代の転職は20代の転職と違い 即戦力採用 ミドルクラスのマネジメント能力 入社後の会社へのメリット ...
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする