『錦織圭』完全復活か!?『世界ランク1位』ナダル戦敗退もモンテカルロ・マスターズ準優勝!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

2017年のシーズンからケガや不調に悩まされ、2018年シーズンも調子を取り戻せなかった日本のプロテニスプレイヤー錦織圭選手がモンテカルロ・マスターズ(ATP1000)で準優勝!

『過去戦績2勝9敗』と大きく負け越しているテニス界のレジェンド、ラファエル・ナダル選手(現在世界ランク1位)にセットカウント0:2で敗北し、通算成績は2勝10敗に。

ただ、錦織選手が世界で戦えるという状態をしっかりと証明した1戦となりました。

アバター画像
錦織圭選手がテニス界のレジェンド、ラファエル・ナダル選手に勝利したのは2016年のリオオリンピック3位決定戦。今回、勝ち星をあげることはできませんでしたが、マスターズでの準優勝はすごい!

「あなたのスマホ代…高くない?」スマホ代が月8000円以上なら…5000円以上安くできる可能性があります。

スマホ代を月2000円代に!あなたにピッタリの格安SIMスマホを無料で診断!格安SIMシミュレーター

錦織圭選手の2018年の戦績は…?下部ツアーとは何?

錦織圭選手の2018年シーズンは世界ツアーの下部大会『チャレンジャー』からスタート。

テニスの大会は、

  • グランドスラム(ウインブルドンなど4大大会)
  • ATPマスターズ1000
  • ATP500(ジャパンオープン)
  • ATP250
  • ATPチャレンジャー
  • ITFフューチャーズ

とグレードが分かれています。

アバター画像
ATP250以上の大会から『世界ツアー公式戦』として位置付けられ、世界ツアーに参加するためにプロ選手たちはチャレンジャーやフューチャーズの大会で世界ランク上昇のためのATPポイントを稼ぎます。

世界ランク上位の錦織選手はATP250ランク以上の大会は予選なしの本戦ストレートインが基本です。

ケガや不調に悩んだ錦織選手は、調整の必要からチャレンジャーにエントリーし2018年を戦い始めました。

2018年のここまでの戦績は

  • Newport Beach, USA(チャレンジャー):ラウンド32敗退(1回戦敗退)
  • ダラス・チャレンジャー(チャレンジャー):優勝
  • ニューヨーク・オープン(ATP250):ベスト4
  • メキシコ・オープン(ATP500):ラウンド32敗退(1回戦敗退)
  • マイアミ・オープン(ATPマスターズ1000):ラウンド32敗退(2回戦敗退)

全盛期(2014〜2016年)のような結果を出せず、調子が上がっていませんでした。

全盛期の錦織選手の試合結果やジョコビッチ選手やアンディ・マレー選手の現状をみると、ケガや不調によって左右されてしまうテニス界の厳しさをひしひしと感じます。

アバター画像
なかなか調子の上がって来なかった錦織選手ですが、クレーコート大会のモンテカルロ・マスターズで世界ランク上位のシード選手を破り、『クレーの覇者』ナダルとの決勝の舞台へ!

ナダルに勝利!モンテカルロ・マスターズ(ATP1000)決勝総括!世界ランクはどこまで上昇する!

錦織選手の完全復活となったモンテカルロ・マスターズ。

アバター画像
クレーの覇者ナダル選手との決勝戦の総括をお送りします。そして今回のモンテカルロマスターズの準優勝の結果によって錦織選手の世界ランクはどこまで上昇するのか?

第1セット総括:第3ゲーム錦織ブレイク!圧巻のナダル4ゲーム連取!

第1セットはサーブスゲームのキープからスタート。

そして、第3ゲームで錦織選手がドロップショットの応酬で魅せ、はやくもブレイク。

しかし、その後ナダル選手のブレイクバック。そこからナダル選手が圧倒的な力を魅せつけ一気に4ゲーム連取。ゲームカウントは2-5に。

第8ゲームは錦織選手がサービスゲームをキープしカウント3-5にするも、第9ゲームをナダル選手がキープ。

3-6のファーストセットダウンでした。

アバター画像
ゲームカウントは3-6と差がつきましたが、クレーコートの覇者ナダルから早々ブレイクを奪えたのは大きいですね。その後の錦織サービスゲームをすぐにブレイクバックされましたが、ここキープしてたら結果は変わっていたかも!

第2セット総括:ナダル圧巻の5ゲーム連取!世界ランク1位の壁は高かった…

ファーストセットダウンからのサービスゲーム。

第1ゲームは順当にキープした錦織でしたが、第2〜6ゲームをナダルが連取。

第7ゲームはサービスをキープするも、第8ゲームはナダルがキープし試合終了。

ゲームカウント2-6、セットカウント0-2のストレート敗けとなりました。

クレーコート王者の貫禄を見せつけられました。

ナダルのサービスゲームに関しては、ほとんど仕事をさせてもらえず、防戦一方隣ってしまった第2セットでした。

錦織の今後の課題は、世界のトップたちと退治したとき『いかにサービスキープができるか』にかかってくるのではないかと思います。

現在の世界ランクTOP4は

  1. ラファエル・ナダル
  2. ロジャー・フェデラー
  3. マリン・チリッチ
  4. アレキサンダー・ズベレフ
アバター画像
今大会ではチリッチとズベレフを撃破しての決勝進出になりましたが、過去『BIG4』と呼ばれたトップ選手になかなか勝ち切れない錦織選手。調子が戻ってきた今後の活躍に期待ですね!

世界ランクはどこまで上昇するの?

錦織選手のモンテカルロマスターズ参加前の世界ランクは36位。

ATP保有ポイントは1280ポイントでした。

2018年シーズンはチャレンジャーからのスタートだったため、レースポイントは235ポイントで80位。ファイナル出場は上位8選手なので、現状ではまったく手が届かない位置にいました。

今回のマスターズの結果により、週明けに付与されるポイントは『600ポイント』

よって保有ポイントは『1800ポイント』を超え、世界ランク21位まで上昇します。

レースポイントも『835ポイント』となり、10位前後まで上昇。

アバター画像
今回の結果によって、グランドスラム制覇だけでなく2016年以来のファイナル出場も視野に入ってきました!

錦織圭選手完全復活!グランドスラム制覇に向けて始動!錦織選手の試合を見るなら…

  • 錦織選手の完全復活
  • 大阪なおみ選手の大躍進

によって2018年の日本テニス界の熱が上がってきました。

アバター画像
世界で活躍しているプロスポーツ選手はメジャーの大谷選手だけじゃない!5月・6月・9月のグランドスラムに向けて、テニスも盛り上がってきます!

今回の結果をみて「テニスの試合、観てみたい!」とおもったあなたへ!

テニスの世界大会を視聴する方法は

  • 4大大会(グランドスラム):WOWOWが放映権独占
  • その他の世界大会:ネット配信で視聴可能

です。

【WOWOW】4大大会(グランドスラム)を見るなら放映権を持っているWOWOWで!

テニスの四大大会、

  • 全豪オープン:1月開催
  • 全英オープン:5月開催
  • 全仏オープン:6月開催
  • 全米オープン:9月開催

の放映権はWOWOWが独占しているため、全試合視聴をするためにはWOWOWへの加入が必須条件となります。

錦織選手が大躍進した2014年の全米オープンは地上波でも深夜(早朝)の放送がありましたが、テニスの試合は日本での需要が低いため、基本的に地上波で放送はされません。

WOWOWなら4大大会すべての試合を観戦することができるので、テニス好きの人にお勧めです

アバター画像
4大大会は世界のトッププレイヤーが集結し、頂点を争うテニス界最大の大会。ナダルやフェデラーといったベテランの選手から、錦織やチリッチといった若手の選手の活躍まで、目が離せません!

WOWOWの公式サイトはこちらから

【DAZN(ダゾーン)】世界ツアー(ATP250 500 マスターズ)を観るならDAZN(ダゾーン)がおすすめ!

4大大会はWOWOWの独占放送になりますが、ATPマスターズ1000(グランドスラムの次に大きな大会)やATP500といった世界ツアー公式戦は『ネット配信』で観戦することが可能です。

  • ATP500
  • ATP250

といった世界ツアー公式戦は、各地で同時期に開催されるため、トップ選手の出場がバラバラになります。

日本人トップの錦織選手の優勝の瞬間だけでなく

  • 杉田祐一(43位)
  • ダニエル太郎(113位)
  • 添田豪(138位)
  • 伊藤竜馬(146位)

といった日本ランク上位陣の大会も観戦することができます。

アバター画像
DAZN(ダゾーン)などの配信サービスに登録することで、グランドスラムだけでなく日本人選手勢が出場する世界ツアーの試合を観戦することができます!

DAZNの公式サイトはこちらから

アバター画像
テニスって、本当に面白いです!「テニスのルールがわからない…」という人におすすめのマンガがあります。テニスの王子様ではないですよ!こちらもチェックしてみてください!

「あなたのスマホ代…高くない?」スマホ代が月8000円以上なら…5000円以上安くできる可能性があります。

スマホ代を月2000円代に!あなたにピッタリの格安SIMスマホを無料で診断!格安SIMシミュレーター

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする