【30代の転職】「あなたが入社することによる会社へのメリットは?」という質問をされる3つの理由と答え方。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

30代の転職は20代の転職と違い

  1. 即戦力採用
  2. ミドルクラスのマネジメント能力
  3. 入社後の会社へのメリット

にフォーカスされます。

アバター画像
20代の転職は「◯◯がしたいです!頑張ります!」といった『情熱』で転職市場を乗り切れますが、30代になると『情熱』だけでは乗り越えられません。

理由は明白。

30代の転職は20代の新卒採用・転職に対して

  • 採用コストが高い
  • 教育コストが高い

ためです。

30代の転職は『会社に返ってくる具体的な貢献は何か?』を面接で問われます。

アバター画像
「あなたが入社することで会社にどんなメリットがあるの?」という質問を聞かれる3つの理由と答え方についてお話しします。

『あなたが入社することで会社にどんなメリットがあるの?』と面接で聞かれる3つの理由は?

「あなたが会社に入社することで、ウチの会社にはどんなメリットがあるの?」

ぼくが転職活動でよく聞かれた質問です。

この質問には採用担当者のどんな気持ちが隠されているのか?

アバター画像
質問を通して『企業が知りたい』と思っている3つの内容を紹介します。

『 素直さ』を持っているか確認している!

30代転職活動者の70%は『前職でマネジメント経験がある』人たちです。

  • 主任・係長・課長
  • プロジェクトリーダー
  • 店長・教室長

など役職は様々ですが、『マネジメントにそれなりの自信とこだわりがある』人たちです。

あなたが行っている転職活動が『同じ業界・職種』であれば

「仕事の仕方は同じだから、いままでのマネジメント経験で余裕で働ける」

と感じているのではないでしょうか?

経験や成功事例は『傲慢』に変わることがあります。

「これまでの経験があるので、◯◯に関して自分自身の経験を生かして仕事ができます」

と自信を持って答えるでしょう。

しかし企業からは「◯◯に関しては、こちらもリサーチを繰り返してマニュアルを構築している。そこに活かせる経験とは何かもっと具体的に話してくれないとわからない」と返ってきます。

これ以上は答えられません。傲慢さが露呈して悪印象を与えただけです。

アバター画像
30代に大切なのは『素直さ』。同じ業界でも環境が変われば仕事の仕方は変化します。新しい環境を素直に受け入れられるかどうかを企業が見ていることを忘れずに!

 『未来への適応力』を持っているか確認している!

30代の転職活動。

10年以上の社会人経験から

  • 過去の経験
  • 過去の成功事例

をもとに面接でお話しすることが多くなります。

新卒採用ではないので、過去の経歴から判断される部分もあります。過去の成功事例・失敗事例を伝えることは大事です。

大事ですが、過去に捉われすぎるのも問題です。過去の成功事例をあなたの強みとして自信を持って話すのも大事ですが、

「過去の◯◯という成功事例はわかったけど、それってウチのトップ社員だったら2ヶ月くらいで達成するレベルだよ?」

と一蹴されてしまったら、それ以上を話すことができません。

過去の栄光にすがっているという印象を与えて終わりです。

大切なのは『未来』です。

アバター画像
「過去は◯◯をしてきました」と伝えるのも大事ですが、それ以上に「過去は◯◯でしたが、過去にすがるのではなく、イチから出直す気持ちで仕事に取り組みたいです」と伝える方が好印象です!

 『客観的視点』を持っているか確認している!

自分の経歴を語る際、どうしても『主観的視点』で話してしまいます。

大事なのは客観的視点。

「あなたの強みと弱みを教えてください」

という質問に対しての回答もそうですが、自分自身を客観的に捉えられるかどうかが30代の転職には重要。

強みと弱みは、過去の仕事での成功事例や失敗事例で語るのではなく、自分の性格から語る必要があります。

ぼくの場合

  • 強み:目の前の仕事をオペレーションを崩すことなく確実に仕上げ続ける実行力
  • 弱み:臨機応変さを求められた時に融通が聞かない不器用さ

です。

アバター画像
あなたの強みと弱みを性格から伝えることができれば、「入社後の会社へのメリット」に関しても素直な気持ちを伝えられるはずです。自分で性格分析をするのが難しい場合は、分析ツールに頼ってみることも必要です。

おすすめの自己分析ツールはこちらの記事にまとめてあります。

『自己分析』であなたの強みを最大限に伸ばす!ストレングスファインダー診断!
『あなたの強み』『あなたの特性』について急に質問されたら… あなたは答えられますか? 普段の生活の中であなたが『強み』や...

『あなたが入社するメリット』入社面接で聞かれたら…こう答える!

『あなたが入社することで会社にどんなメリットがあるか?』という質問。

入社後のメリットを簡潔に具体的に指し示すことができる人間はほとんどいません。

  • 会社の経営方針をコーポレートサイトからすべて読み解くことはできない
  • あなたの経験から話す『展開構想』レベル以上のことを会社の経営陣は考えている

からです。

前職で部長クラス以上、経営に関わった経験のある人なら具体的な展開構想や新規事業を提案することができますが、ほとんどの転職活動者には不可能。

転職活動は

  1. 採用サイトを確認
  2. 募集されている職種に応募
  3. 募集されている仕事内容の範囲で自分のできることを話す

この流れしかできません。

アバター画像
すでに『働き方』が決まっている仕事内容。あなたの過去の経験が活きる瞬間もたくさんあります。ただ、あなたの経験が経営陣・他の社員よりも優れている保証はありません。

『あなたが入社することで会社にはどんなメリットがあるの?』

この質問に対する回答はひとつです。

「正直、入社後に会社にどのようなメリットを与えられるかはわかりません。他の人よりも優れていて、すぐに結果を出せる保証もありません。ただ『やるべき仕事をきっちりとやり通し続ける』ことで成果につなげていきたいと考えています」

あなたができること。過去の経験や成功談から多くを語りたくなると思います。しかし、実際にできることは限られています。

自分の力量を過信しない。素直に『できること』を伝える。『ただやるべきことをやり通す』というポイントを伝えることが正解です。

30代の転職活動で一番大事なのは『素直さ』と『未来の変化に柔軟に対応できる心』。

「過去は◯◯だったから、この案件も◯◯だ」

という決め付けではなく、

「過去の経験はすべてリセットして、新しい働き方を吸収しながら頑張っていきたい」

という前向きなメッセージを伝えることが大事です。

アバター画像
過去の経験や成功談はリセットしようとしてもあなたのカラダに染み付いています。その経験に頼るのではなく、『新しい自分を切り開く』という気持ちを採用担当者は見ています。

大丈夫。『過去の経験は必ず活きる』ということを採用担当者も知っています。

過去の栄光にすがらない30代を求めているだけです。

  1. 素直な考え方で
  2. 過去ではなく未来を見据えて
  3. 自分の力量を見誤らない

3つのポイントを意識して転職活動を頑張ってください!

ミドルエイジの転職におすすめのサイトはこちら!

内定獲得まで無料サポート【就活ドラフト】

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする