【禁煙希望者必見!】加熱式タバコ『IQOS(アイコス)』の3つのメリット紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「禁煙したいけど…なかなかできない…」

「カラダに悪いとはわかってるけど、辞められない…」

辞めようとと決心しても、なかなか意志が続かない『禁煙』。

肺がんのリスクなど、喫煙がカラダに与える害もわかっています。でもなかなか辞められない…。

ぼくもそうです。なかなか禁煙は続きません。

何か良い方法はないか…?

アバター画像
禁煙を考えているけど、なかなか辞められないあなたへ。加熱式タバコ『IQOS(アイコス)』を使ったことがありますか?

今回、愛煙していた『メビウス』から『IQOS』に変えて感じたメリットを紹介します。

健康被害90%カット!?副流煙の心配もなし!?加熱式タバコ『IQOS』の3つのメリット!

喫煙者がタバコからIQOSに変えるメリットは大きく3つ。

アバター画像
禁煙できなくて悩んでいる人は、IQOSのメリットを確認して、切り替えを検討してみてください!

『IQOS』は水蒸気は発生!煙が出ないので周りへの副流煙問題もちょっと解決!

IQOS(アイコス)は従来の『火をつけて燃やす』タバコとは違い、『加熱することで水蒸気を発生させる』ヒートスティックです。

タバコの葉っぱを使用している点は変わりませんが、燃やさないため煙が発生しません。

ヒートスティックから発生するのは『水蒸気』です。すぐに蒸発します。

加熱中(使用中)もIQOS(アイコス)本体から煙が発生せず、吐き出す水蒸気も少量に留まるため、周りへの副流煙問題が解決です。

アバター画像
「喫煙者は害悪」という嫌煙者の見解は、タバコから発生される『煙』が原因!煙が発生しないIQOS(アイコス)なら周りの人への配慮もバッチリです!

『IQOS』は充電式!吸い続けられないので喫煙本数が減少!

IQOS(アイコス)は専用のIQOSキットを利用して喫煙を楽しみます。

電気を使ってIQOSキットの加熱を行うため、従来のタバコのように『吸い終わったらすぐに次のタバコに火をつける』という動作を行うことができません。

  • IQOSキットでスティックを充電(3分程度)
  • スティックにヒートスティック(IQOSタバコスティック)を差し込み加熱(20秒程度)
  • 加熱終了後、14回吸い込むと終了

という流れです。

スティックの充電が終わらないと、次のIQOSに手が出せないため、飲み会でも喫煙の本数が減少します。

アバター画像
お酒が入るとタバコのペースって上がりますよね?IQOSはタバコのペースがあげられない仕組みになっているので本数が増えないようになっています。おサイフにも優しい仕様ですね!

発がん性物質『タール』が発生しないので健康面でも安心!

タバコに含まれる害となる物質は

  • ニコチン
  • タール

です。

『タバコを辞められない』原因となるのがニコチン。ニコチン中毒によって依存度がまし、禁煙を阻害します。

『肺がんの元となる物質』はタール。タールが多く含まれているタバコを喫煙することでがんになるリスクが高まります。

タールの発生原因は『タバコの葉っぱを燃やすこと』です。

タバコの葉っぱを燃やすことで、タールが発生。喫煙者の吸い込む主流煙・周りにいる人が吸い込んでしまう副流煙に含まれています。

IQOSはタバコの葉っぱを『加熱』することで水蒸気を発生させています。

IQOSの水蒸気には

  • ニコチン:含まれる
  • タール:含まれない

肺がんになるリスクが大幅に減少します。

アバター画像
いままで知りませんでしたが、タバコの葉っぱを燃やすことでタールが発生していたんですね。タールの発生しないIQOSは、普通のタバコを数よりもがんになる確率が90%下がるそうです!

キット購入費用…独特なニオイ…加熱式タバコ『IQOS』の3つのデメリット…

IQOSは喫煙家にとっても周りの嫌煙家にとっても双方にメリットがあることを紹介しました。

ただ『IQOS』はメリットばかりではありません。デメリットもあります。

アバター画像
ぼくが感じた3つのデメリットも紹介します。

キット購入のお金がかかる…しかも寿命は1年でキットのお手入れも必要

IQOSを利用するためには専用のキットを手に入れる必要があります。

  • キット本体は1万円前後
  • 寿命は1年前後
  • お手入れも必要

1万円は決して安くはありません。寿命が1年前後ということは、1年ごとに買い換えなければいけません。

いくら喫煙本数が減るからといっても、年間1万円がのしかかってくると、普通のタバコを1年間吸い続けるのと価格はあまり変わらないかもしれません。

何よりも『お手入れ』がめんどくさい。ぼくのようなズボラな人間はお手入れを怠ることが多いので、寿命も1年間持たないかもしれません。

肺がん発症率90%カットを考えると1万円は破格かもしれませんが…お手入れがめんどくさくて…現状、お手入れ放置気味です。

アバター画像
キット本体1万円前後しますが…キットの充電器は『スマホ充電(Android)』や『WiMAX2充電』にも使えるので、まぁその辺はよかったかな、と思い込んでます。

ニコチンは含まれている…健康被害はゼロじゃない

加熱式タバコ『IQOS』はタバコの葉っぱを燃やさないので、タールが発生しませんが

「タールが含まれていないから、何本吸っても大丈夫!」

と安易に喫煙し続けると大変なことになります。

肺がんになる原因はタールなので、健康被害が減少されるのは嬉しい限りですが、忘れてはいけないのが『ニコチン』の存在。

ニコチンの健康被害は

  • 依存症
  • 血圧上昇

などが挙げられます。

ニコチンも摂取し過ぎれば死に至る可能性のある毒物です。

アバター画像
「ニコチンは発がん性物質じゃないから大丈夫!」とタカをくくっていると、後々大変なことになります。何事も『適量』が一番です。

独特なニオイ…慣れるまで時間がかかる

『IQOS』の独特なニオイが苦手という人もいると思います。

ぼくもいまでは慣れましたが『IQOS』のニオイは苦手でした。

なんというか…たとえるのが難しい独特なニオイがします。(ぼくの感じ方かもしれませんが…)

慣れたら全然気にならなくなったのですが、IQOS移行期は独特なニオイに負けそうになり、

「もうメビウスに戻そう…」

と何度思ったことか。

喫煙している自分自身でも感じる独特なニオイです。

周りの非喫煙者は、もっと嫌な思いをしているかもしれません。デメリットですね。

アバター画像
IQOSの独特なニオイ…現在はヒートスティックにも多くのフレーバーが登場しているので、改善されて行く気もしますが…苦手という人は慣れるまで時間がかかりそうです。

加熱式タバコ『IQOS』は禁煙したいあなたの味方!!

アイコスは従来のタバコに比べて有害物質が90%カットされています。

  • タールが含まれていない
  • ニコチンパットなど『禁煙対策』に使われるものと同じ形式

で構成されているので、禁煙希望のあなたにおすすめのキットです。

ブログで賛否両論あった『喫煙はギルティ』にも対応できる喫煙キットです。

アバター画像
1万円のキットで健康被害を減少させられる『IQOS』。副流煙の被害も最小に抑えられます。肩身の狭い思いからも解消されますね!

「禁煙させたい大切な人がいる…」というあなたは『IQOSキット』をプレゼントしてみるのも良いかもしれませんね!

※『IQOS』はタバコです。喫煙は所定のスペースで。モラルとマナーを持って喫煙を楽しみましょう。

『IQOS』のヒートスティックは1本につき1回だけしか使えない?1本を2回使うとどうなるのか?『ヒートスティック2度漬け』してみた結果はこちら!

加熱式タバコ『IQOS(アイコス)』。ヒートスティック2度漬けに挑戦した結果…
IQOSを使い始めたユーザーが頭の中をかすめる誘惑。 「IQOSのヒートスティックって2回以上使えないのかな…?」 普通...
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする