【実録】『大手転職サイト』は使えない!?『業界別転職サイト』が転職におすすめの理由!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

転職市場が活発に動く時期は11〜1月です。

各業界・企業で、2月〜3月中の退職者が増えるため、4月から始まる新年度に向けて『即戦力の経験者』を採用する動きが活発になります。

アバター画像
採用は通年で行っています。ただ転職を検討している人は市場が活発になる11〜1月に転職活動をすることが成功のポイント。

「でも、転職活動なんてしたことがないから…どう活動すればいいのかわからないよ…」

というあなたへ。

アバター画像
大丈夫です。はじめての転職でもスムーズに活動できるように、転職サイトの動向を追ってみました。

目次

圧倒的求人数!『大手転職サイト』に登録して『スカウトメール』を利用した感触と実際に感じた3つのデメリット。

アバター画像
まずは「転職といえばココ!」と言われるくらいの大手2サイトに登録して求人を見てみましょう。

大手転職サイトといえば、

  1. リクナビNEXT
  2. enエン転職

ですね。



大手転職サイトの強みは『圧倒的求人数』です。

アバター画像
両サイトとも登録は無料です。今回は、8年前に塾業界に転職した際に利用したことのあるサイトを使って活動をしてみます。

【はじめに】転職活動のルールは『希望職種からのスカウトメール』への反応のみ!

今回、転職サイトを利用する上での活動ルールは、

  1. 希望職種の設定(テレビ・映像・音響・芸能系)
  2. 希望職種からのスカウトメールへの反応

のみです。

他の業種・職種からのスカウトメールがきた場合は、確認次第『辞退』をします

アバター画像
Web履歴書を入力しているので、『飲食業界』と『教育(学習塾)業界』からのスカウトはかなりの数が来ると思いますが、反応しません。

※自己PRはめんどくさかったので入力してません

飲食業界はチェーン店の求人が多い=さすがに働く体力は持ち合わせてない…

教育業界は個別指導の求人が多い=雇用されるくらいなら前職やめてない(というか自分で教室開く)

という状態なので、どう考えても心が揺れることはありません。

もし転職活動を行うにあたって心揺さぶる業界があるとすれば『芸能関連』一択です。ということで、『芸能関連』の企業からのスカウトメール以外は反応しません。

【調査結果①】希望の条件を登録しても『希望の職種』からのスカウトはほぼこない

アバター画像
希望の条件を登録してスカウトメールがどれだけくるのか検証してみましょう。

希望の条件を『テレビ・映像・音響・芸能系』に絞って登録しましたが、スカウトメールはほとんどこないです。

転職サイトに必要事項を登録して2日間、届いたスカウトメールは28通。

内訳を見てみると、

  • 飲食業界:6件
  • 学習塾業界:6件
  • 不動産業界:8件
  • タクシー業界:5件
  • 芸能関連:2件

でした。

28通に対して、芸能関連(芸能マネージャー)が2件。

アバター画像
希望の条件に沿った求人のスカウトは全体の7%程度でした。

不動産業界の求人、多いですね。そんなに人足りないのかな?

あと、思ったより教育業界からのスカウトがなくて落ち込んでます。もっと入ってくるかと思ってたんですけど。即戦力だと思うんですけど。

アバター画像
検証の結果、希望条件とスカウトメールは繋がらないので、希望職種なんて自分が検索するとき以外必要ないです本当に。

【調査結果②】『スカウトメール』が届いても必ず面接に繋がるわけじゃないという恐怖

アバター画像
28件のうち、芸能関係のスカウトが2件きたのでスカウトメールに反応してみましょう。

今回、スカウトがきた芸能マネージャーの会社の規模は、

  • 大手芸能事務所のマネージャー:1件
  • 小規模芸能事務所のマネージャー:1件

です。

大手芸能事務所に関しては、誰もが知っているタレントやミュージシャンが在籍する事務所です。従業員もたくさんいます。

小規模な芸能事務所は、設立初期の事務所。従業員も片手で数えられるくらいの事務所規模です。

2件のスカウトメールに反応。後日、応募した結果が届きました。

  • 大手芸能事務所:書類選考(Web履歴書)の時点で不採用
  • 小規模芸能事務所:書類選考(Web履歴書)通過→面接へ

となりました。

妙ですね。相手からスカウトメールを送ってきているのに。

アバター画像
スカウトメールがきたからといって、必ず面接が受けられるわけじゃないようです。スカウトメールに『書類選考免除』と書いてなければ落とされる可能性はあります。

だったらスカウトメール送ってくるなよって思いますけどね。

結構、傷つきますよコレ。

【調査結果③】スカウトを受け付ける職種を絞れない…大量の『希望しない通知』に消耗する

アバター画像
効果測定を行ったのは2日間だけですが、その後も放置し続けたら『スカウトメール』がどんどん届きます。

さすがに土日祝日はきませんが、平日の昼の時間はかなりの数が飛んできます。1日10通は確実に届きます。

1日10通もメールが届く時点で、全然プレミア感ないんですけどね。

むしろ、煩わしい。

ぼくはスカウトメールの通知を切りました。なので、もう通知がきませんが転職活動中だと『通知オフ』に踏み切るのは勇気がいりますよね?

「もしかしたら希望に合った会社からのスカウトが届くかもしれない…」って期待して。

アバター画像
大丈夫。希望の業界からのスカウトメールはほとんどこないです。通知切りましょう。

『希望に合ったスカウト』よりも『希望に合わないスカウト』のほうが多くて、通知だけでイライラしたり消耗します。

タクシー業界で働くつもりがまったくないのに、事業所違いで同じ会社からたくさん送られてくるスカウトメール。

アバター画像
さすがにね…消耗します。もう、会社名覚えたので、今後タクシー乗るときに絶対に利用するの辞めようって決意もしました。スカウトメール、ネガティブになっちゃいましたね(笑)

スカウトが届いて欲しい業界のみ通知オンにできればいいんですけどね。

【まとめ】転職活動をするなら絶対に『業界別』で探したほうが良い!

  • リクナビNEXT
  • エン転職

などの大手転職サイトは求人登録数が圧倒的です。

アバター画像
圧倒的ですが、あなたの希望する業種・職種を絞った場合、そんなに溢れんばかりの求人って必要ですか?

間違いなく『必要ない』ですよね。

圧倒的な求人を抱えている『大手転職サイト』で転職活動を行うことがデメリットに繋がるのです。

だったら、大手転職サイトよりも『業種別転職サイト』で活動する方が効率的です。

業界別の転職サイトは

  1. 即電話対応
  2. おすすめの求人をメールで丁寧に紹介してくれる
  3. こちらの希望に沿った内容で求人を紹介してくれる

など、転職活動者に対してのケアがとても好印象です。

アバター画像
業種別の転職サイト以外での転職活動の方がストレスたまります。おすすめの転職サイトをいくつか紹介するので利用してみてください。かなりストレスフリーです。

【転職前に…】『あなたの市場価値』はどれくらい?『MIIDAS(ミイダス)』で適正年収をチェック!!

アバター画像
少し前に流行した『適正年収診断』です。いくつかの質問に答えることで、現状の自分の適正年収を知ることができます。診断結果に応じて、あなたに合った企業を紹介してくれるのもっミイダスの魅力です。



診断は無料です。Facebookのアカウントをお持ちの方は、会員登録がスムーズに行えます。

MIIDAS(ミイダス)に関してのまとめはこちらから。

関連記事:近日公開

リクナビNEXTでも『グッドポイント診断』が無料でできます。



【IT業界】システムエンジニア・プログラマ・Webデザイナー ITフリーランスへの道も視野に入れるならココをチェック!!

アバター画像
IT業界は、ITエンジニアの数が圧倒的に足りていません。そのため、業界未経験者でも採用している企業が多数あります。企業で経験を積んでITフリーランスとして独立することで月収100万円以上の報酬を手にしているプログラマーの方も多いのが特徴的な業界です。

IT業界に関しては、多くの転職サイトがあります。プログラマーといっても、

  • サイト構築
  • ゲーム・アプリ作成

など、ジャンルによって転職先企業が変わってくるので、いくつかのサイトに登録して情報を集める必要があります。レバテックキャリア【midworks】といった転職サイトを使い分けることがポイントです。

IT業界の転職サイトは数が多いのでまとめます。IT業界転職サイトまとめ記事はこちらから。

関連記事:近日公開

【営業・クリエイティブ】営業職・デザイナー・クリエイター・マスコミ クリエイティブな環境で仕事がしたいならココをチェック!!

アバター画像
営業職やクリエイティブ職に関しては、「大手転職サイトでも良いんじゃないか?」と思われがちですが、業界専門の転職サイトで活動したほうが良い理由があります。
  • 営業職
  • クリエイティブ職

と聞くと、大手転職サイトのほうが求人も潤っていそうな気がしますよね?

実は、一般に知れ渡っている仕事こそ専門の転職サイトのスタッフに相談したほうが良いのです。

特に営業職に関しては専門のスタッフに相談することで会社のことをより深く知ることができ、転職後の「こんなはずじゃなかった…」という後悔を減らすことができます。

Life Foundationデザイナー・クリエイター派遣【マスメディアン】といった転職サイトがあるので上手に活用しましょう。【TokyoDive(トーキョーダイブ)】などの『職』と『住』がセットになっている転職サイトを利用するのもポイントが高いですね。

女性のための適職紹介『WomanWill』もおすすめです。

【介護系】介護士・デイサービス 高齢化社会を支える仕事がしたいならココをチェック!!

アバター画像
『介護職』は、これからの日本の『高齢化社会』を支える基盤となる職業です。今後、10年・20年先をみると、デイサービスの利用者や高齢者施設の利用者の人数はぐっと上がります。すると、市場での需要が供給を上回るため、必然的に『介護職』の人の収入は上昇します。20年後、一番の狙い目の職業かもしれません。

現状、介護職と聞くと

  1. 時間的拘束が厳しい
  2. 過酷な労働環境
  3. 低賃金

という問題も見えますが、利用者が多くなる将来の日本では施設の数を増やそうにも介護職につく人材が圧倒的に足りなくなるため収入が上がるわけです。

転職活動を全面サポート!【きらケア】といった転職サイトで専門のスタッフの方に相談しながら転職を進めると現場の状況もつかみやすいです。

【教育系】塾講師・保育士 子供たちを支える基盤となる仕事がしたいならココをチェック!!

アバター画像
少子高齢化と聞くと、子どもたちを支える仕事の需要が下がるように感じますが、実は需要は上がる一方です。『高齢化社会』は子どもたちを支える職業がなければ成り立たないのです。高齢化社会を迎えるにあたって、現代の日本の雇用状況では、高齢者を『自宅介護』できる経済体力のある若者は存在しないのです。

夫婦共働きが基本となります。

本末転倒ですが、『普通の暮らし』を送るために

  1. 夫婦が共働きをする
  2. 介護が必要な高齢者の面倒が見れないので施設に入れる
  3. 施設費を稼がなければいけないため子どもを保育園に入れる
  4. さらに稼がなければいけなくなる
  5. 子どもに同じ苦労をさせたくないという想いから教育に力を入れる

という循環が起こります。

高齢化社会を語る上で、教育は切っても切れない関係にあるんです。

保育業界に関しては、スマイルSUPPORT【保育士バンク】マイナビ保育といった転職サイトがおすすめです。

《保育士転職おすすめサイト》月給24万円!年間休日120日以上!転職で理想の環境へ!
「保育士なんて誰でもできる仕事。だから給料が低い」 世の中で言われている言葉ですが、この認識は根本的に間違ってます。 ...

【医療系】医者・看護師・薬剤師 命を預かる仕事だから『より待遇の良い職場』へ!!採用時にボーナスももらえる転職サイトはこちら!!

アバター画像
医者・看護師は資格がなければ就くことのできない職業です。時代がどんな予想もつかない変化を遂げても、医者と看護師の仕事は絶対になくならないってくらい重要です。なんて言ったって命を預かる仕事です。

知らなかったんですけど、看護師って転職するだけで転職サイトからボーナスがもらえるんですね。

うまく病院を渡り歩けば、ボーナスたくさん手に入れられますね。そんな余裕のある看護師さんがいるのかわかりませんが…。(ごめんなさい、がめつくて…)

看護師さんって、ひとつの病院で勤め続けながらキャリアアップするっていうよりも複数の病院を経験しながらキャリアアップをしていくイメージがあります。なので、転職するっていうのは当たり前の業界なのかもしれませんね。

看護師転職サイト『ナースJJ』ナースの転職ならジョブデポ看護師といった転職サイトは転職時のボーナスも高額です。普通のサラリーマンの一ヶ月分の給料以上のボーナスがもらえます。

《看護師転職おすすめサイト》『過酷な労働・ストレスからの脱却』はサポート充実の専門アドバイザーにおまかせ!
『大手転職サイト』の記事でも触れましたが、看護師の求人はかなり充実しています。しかも30〜40万お祝い金がもらえる転職サイトも!...
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする