【福岡アートワークギャラリー】植田真梨恵さんのおすすめ『ちびしかくちゃん』はフリーランスのバイブル!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

2017.11.04(土)

植田真梨恵さんのアートワークギャラリーとイベントに参加するために、朝6時のジェットスターに乗って福岡へ。飛行機って飛び立つ瞬間怖くないですか?

7ヶ月ぶりですか。懐かしいな。感慨深い。

アバター画像
なんて、ちょっと感傷に浸ってたんですけど、よく考えたら『およそ7ヶ月ぶり』っていう表記は北海道・沖縄以外のすべての地域で使えることに気づきました。日本一周したの2017年3月の出来事なんですね。

関東圏内・大阪・京都・長野・福島・宮城はさらに短い期間で表記できますね(笑)

関連記事:さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅

と、長前置きは置いといて…。

「仕事がうまくいかない…」そんなとき、どんなマンガを読んだら良い?植田真梨恵さんに質問してみた!

フリーランスで仕事をしていると、良い時と悪い時の高低差が結構あります。ぼくの現状が不安定なだけかもしれませんが。

なんだかんだ人間ですからね。不安になるときもあるんですよ。個人事業主を辞めるつもりはまったくないんですけどね。(推し進めていた学習塾開業が土壇場でひっくり返ってしまって、かなり精神的にやられてました)

真梨恵さんも個人事業主として長いこと活動しています。インディーズ時代を含めると10年以上。

メジャーデビューしてから3年。いまだに『理想の姿』と『うまくいかない自分』との間で葛藤を続けているはずです。

アバター画像
真梨恵さんは個人事業主として活動している先輩。先輩に相談すれば、何か新しいヒントや活路が見えるんじゃないか…?

ただ、直球で「仕事をしていて、不安になったときや落ち込んでるときってどうやって立ち直ってますか?」と聞くのは抽象的すぎる。人それぞれ心の中で考えることは違う。真梨恵さんも答えにくい。

さらに言えば、ここはぼくだけの空間ではない。他にもたくさんのファンの人がいる。できるだけ多くの人が興味を持てる質問内容は何か…?

  1. 自分自身にとってプラスになる
  2. 周りのファンの方にも届く
  3. 具体的な回答がしやすい質問内容

に沿ってひねり出した質問は

アバター画像
ぼくは個人事業主で仕事をしています。うまくいかなくて辛いときとか、もうやめたいって思うこともあるんですが、そんなときにおすすめのマンガって何ですか?

植田真梨恵さんおすすめ!『ちびしかくちゃん』は世の中の理不尽さを描いた珠玉の作品!フリーランスにおすすめです。

自画自賛じゃないですけど、かなり良い質問をしたんじゃないかな?

あの場にいたファンの人の中で『ちびしかくちゃん』を知らなかった人って結構いると思います。良い拡散の機会になったわけです。いまごろ福岡県内ではバズってる頃です。

アバター画像
あれから神奈川に戻ってきて、すぐに『ちびしかくちゃん』を手に入れました。なるほど、これはなかなか理不尽な世の中ですね。

現代の世相をそのままマンガに描写しています。内容が痛烈。

こんな理不尽な世界で『それでも強く生きていく』姿を見ると、ぼく自身もまだまだ立ち上がれると思えますし、なによりも『理不尽さと徹底的に戦ってやる』って気持ちになります。

自分自身が『理不尽なことは言わない』という決意をすることもできますね!

グランドジャンプ(GJ)の公式サイトで第1話の試し読みができます。

試し読みの内容だけでも、世の中の理不尽さが怒涛の波状攻撃です。

こんな不条理と不合理の世の中が生きづらくて、社会に適合できなくて、『社会不適合者』でも生きていけることを証明するために個人事業主の道を選択したことを思い出しました。

関連記事:【未来のぼくへ】10年間の会社員生活にピリオドを打ってフリーランスになった理由

フリーランスになるきっかけをくれたのも真梨恵さん。立ち直るきっかけをくれたのも真梨恵さん。

アバター画像
ここまでくると「他人に自分の人生乗っけてんじゃねーよ!」と言われてしまいそうですね。

関連記事:【7/12新宿ReNY】仕事を辞めて独立したきっかけ。『ぼくに道を示してくれた』のは植田真梨恵さんだった。

『アートワークギャラリー』はクリエイターにとってのアイデアの宝庫!

ギャラリー内は写真撮影不可なので、詳細をお見せすることはできませんが…一部だけ簡単に紹介すると

  • MV制作のための絵コンテ
  • 楽曲制作に関して
  • 楽曲に込められた想い

などを感じることができます。

ぼく自身の所感になってしまいますが、アートワークギャラリーの内容で一番見て欲しいポイントは、年月が経つことによって変化する

  1. 文章構成
  2. 挿絵のタッチ

ですね。

アバター画像
ぼくの所感を並べてしまうことで、先入観を持たれてしまうのは本意ではないのですが…この10年間での『文章構成・挿絵のタッチ』の変化から、ファン層の変化を感じられます。

この内容、

  • 『変化したファン層』への対応
  • 『意図的なペルソナ』の変更

どちらなのか?後者だとしたら、どこでその舵取りをしたのか?

ブロガーの人にこそ見に行って欲しいギャラリーでした。

※福岡は終了しましたが、大阪・神奈川はこれからです

アバター画像
植田真梨恵さんの世界観に惚れ込んでるという自分をしまいこんで、ブロガー視点で作品を見たら、驚くほど勉強になりました。やっぱり真梨恵さんは天才だ。

大阪(福島)

PINE BROOKLYN(パインブルックリン)

阪神本線『福島駅』から徒歩3分

  • 12/2(土)12:00〜19:30
  • 12/3(日)11:30〜19:00

神奈川(横浜)

馬車道大津ギャラリー

みなとみらい線『馬車道駅』徒歩1分

  • 12/9(土)11:30〜19:30
  • 12/10(日)11:30〜19:00
アバター画像
アートワークギャラリーは無料です。ファンクラブ以外の方も入館できるので、ぜひ足を運んでみてください!
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする