【LCC国内旅行】「深夜まで空いてるお店はコンビニしかありません」成田空港第2〜第3ターミナルでの夜の過ごし方ガイド!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

まぁ、要するに成田空港野宿ってことなんですけどね。

LCCの早朝便って

  1. 朝が本当に早い(6時台がら出航)
  2. LCC早朝便に間に合う始発電車がない
  3. 前日前乗りもしくは深夜バスの選択肢しかない

って絞られちゃうんですよね…。

アバター画像
ぼくの場合、自宅の最寄り駅から成田空港へ『深夜直行バス』が出ているという最高の立地条件を満たしていたんですが、深夜に成田空港についても何もできないということを事前にキャッチしていたので…だったら、早い時間から成田空港に入って空港を満喫してやろうという算段を立てた次第です!

あまりにも早く入りすぎましたけどね。

※立地とキャッチの韻を踏んでます



【LCC国内旅行】成田空港での夜の過ごし方ガイド!

国内線を利用する場合は

  1. 第2ターミナル
  2. 第3ターミナル

のどちらかに滞在することになると思います。

アバター画像
ぼくは第2ターミナルも第3ターミナルも行き来し続けました。

レアケースですけどね。

成田空港での快適な生活を確保することが重要。

今回は、成田空港での夜の過ごし方ガイドを紹介します。

ガイド①:第3ターミナルのフードコート内電源スペースは第2ターミナルより少ない

驚くほどの電源の少なさ。

電源(コンセント)が6個しかない。深夜になると、ゴールデンタイムよりもフードコートを利用する人の数が減少するので利用可能感は高まるけど、18〜23時の間はほぼ使えません

アバター画像
ぼくもMacBookの充電したいんですけど…。可能ならスマホの充電も…

ムリですね。23時までの間に充電するのはほぼムリですね。先行者に牛耳られています。先行者優位。

第2ターミナルの充電スペースは、第3ターミナルよりも多いので、充電は第2ターミナルで行うのが良いかと思います。PCも広げやすいスペースです。

結局、第2ターミナルで充電です。

アバター画像
第3ターミナルは22時すぎたらローソン以外のお店は閉まります。フードコートの座席は解放されてますが、電源も少ないし…第2ターミナルで朝を迎える方が効率いいかも!!

でも、第2は第2でめんどくさいんだよなぁ。第3が遠いんだよなぁ。

ガイド②:第2ターミナルと第3ターミナルの距離は結構あるから移動するのがかなりめんどくさい…

第2ターミナルと第3ターミナルの距離が長すぎるのが問題。

片道600mくらいあるんですよね。往復で1km超える感じです。

アバター画像
ぼくは第3ターミナルに前乗りしすぎて、必要のない炭水化物からビールまで摂取してしまったので深夜に往復散歩を繰り返したことにしました。散歩と言うと聞こえはいいですが、ただの不審者です。

結局3.5往復もしました。ムダにね。総移動距離およそ4kmです。マネする人はいないと思いますが。

夜風に当たりながらの散歩も捨てたものではないですけどね。

やっぱりね、酔っ払って駅前とかで寝ちゃうぼくですけどね。怖いわけですよ。世の中何が起こるかわからないわけで。実際、怖い人いたし。

ロカフレっていうメディアの編集長のやましゅーさんも、野宿のときに財布擦られてますからね。寝るなら飛行機の中で。です。

第2ターミナルと第3ターミナルを行ったり来たりってめんどくさいので、深夜を成田空港で過ごす予定の人は、

  • 第2ターミナルで過ごすか
  • 第3ターミナルで過ごすか

を決めておいた方がいいと思います。

第2ターミナルだろうと第3ターミナルだろうと、深夜はどっちもお店は空いてません。

ぼくは長い時間を第3ターミナルで過ごし、どこも空いてない時間になってからさまよったので、第2ターミナルのお店の恩恵には触れてません。吉野家がやってるくらいです。

ふれたら消えてしまうわ。

アバター画像
第2ターミナルはソファーが多かったり、電源スペースも多いので過ごしやすいかもしれません。

第3ターミナルにいればムダな動きをせずに、LCC(ジェットスター)の搭乗口まで行けます。が、寝るスペースはほぼ皆無ですからね…。

この辺は好みですね。

アバター画像
ぼくは飲み過ぎ食べ過ぎの解消のためにあるき続けました。結構ストイックなんですよ。やるときはやります。
  • 第2〜第3ターミナルの往復
  • 第2ターミナルでの『体幹トレ』

で過ごしました。体幹トレは言い過ぎました。軽くです。

アバター画像
電源あるんだから仕事すればよかったって後悔してます。

本当はちょこっとだけ仕事してますけどね。

ガイド③:フードコートなどのお店は22時前には閉まるからそれまでに楽しんでおけ!

成田空港第3ターミナルのフードコートには美味しいお好み焼きで有名な『ぼてぢゅう』さんがあります。

オーダーしたのは『大阪たこ焼き』ですけどね。桜木町に行けばいつでも食べられるのでそんなにテンションは上がってないです。

フレッシュネスバーガーもあります。

オーダーしたのは『フィッシュバーガー』ですけどね。地元にもあるし、そもそも炭水化物だから摂取しないんですけどね。

他にも

  • cafe bene
  • SUSHI STAND(立ち食い寿司屋)
  • ONE BOWL(丼屋)
  • 長崎ちゃんぽん
  • 讃岐うどん屋さん

がありました。第3ターミナル結構充実してるじゃん。ほとんどのお店の恩恵を感じてません。

でもcafe beneさんのホットコーヒーはとても美味しかったです。

おしゃれだぜ。

※夜はすぐに閉まります



ガイド④:あんなに賑わってたフードコートも深夜は閑散としてる

飛行機が飛んでない時間なので当たり前なんですけどね。

一気に人が減ります。いるのはぼくと同じ『明日の早朝便を待つ旅客』だけ。

アバター画像
人が減ったってことは充電スペースも…!!

気のせいです。ぼくと同じように充電から溢れた人がパイの取り合いをしているだけです。第3ターミナルでの電源供給は期待しない。これがデフォルトです。第2ターミナルで充電しましょう。

アバター画像
第2ターミナルの電源は余裕があるので、充電したい場合は、第2ターミナルを利用するのが吉です。

しかし…一気に閑散としますね。

18〜20時の時はこんなにたくさんの人がいたのに。

アバター画像
ちょっとだけ、さみしさを感じずにはいられない。そんな深夜でした。

ガイド⑤:ローソンは24時間営業だから安心!

第3ターミナルの唯一の救いは『24時間営業のローソン』です。

ローソンさえ空いていれば

  • お弁当
  • 軽食
  • お菓子
  • ドリンク
  • お酒
  • コスメ
  • 雑誌

なんでも揃います。ありがとうローソン。ありがとうコンビニエンスストア。コンビニはぼくたちの人生と切っても切れない関係になってしまいましたね。

アバター画像
ぼくは成田空港到着→第3ターミナル移動とともにローソンのお世話になったので、深夜はお世話になるのをやめようと固く決意

してたんですけど…まぁ利用しますよね。

アバター画像
固い決意は『禁煙』だけでいっぱいいっぱいだったんだよっ!!

ガイド⑥:喫煙スペース多すぎじゃない?無限に続きそうな朝までの時間の長さは『禁煙中』の人にとって地獄…

成田空港内の喫煙スペース多くないですか?

第2ターミナル・第3ターミナルを行き来して、かれこれ5箇所くらい見つけてるんですけど。

アバター画像
これ『禁煙中』のぼくへの死刑宣告ってことでいいですか?つらさを我慢して、ガムばかり噛んでいるぼくへの死刑宣告ってことでいいですか?

つらさしかない。禁煙中のあのつらさしか感じてないぼくにとって、もう喫煙スペースの存在は地獄でしかない。

深夜、何もできない時間が長ければ長いほど、元喫煙家は手持ち無沙汰になるって知ってのことだろうかね?

アバター画像
成田空港内のよるのさんぽのもうひとつの理由は『気を紛らわす』っていう役割です。よく耐えたよ自分。もう頑張り屋さんすぎる大好き!!

自画自賛させてくれてもよくない?本当に頑張って耐えたんだよ?

ガイド⑦:悪いことは言わない。閉まる前に本屋で買い物しておけ!!

夜な夜な延々とパソコンのキーボードを叩き続けて作業するのも良いですが、さすがに疲れちゃいますよね?

そんなときは読書で情報収集しましょう。

第3ターミナルにはローソンの横に本屋さんがあります。ここで本を買っておくと、深夜の時間も有意義に過ごせます。

アバター画像
成田空港で夜を明かす人のほとんどがパソコン作業をしない人だと思います。そんなあなたにとっての心の支えは読書と言っても過言ではありません!

読書はいいですよ!!時間が経つことさえ忘れさせてくれます。飛行機の中でも読書の続きができるので、1冊くらい準備しておきましょう。

アバター画像
ぼくはこのフライトの機会に、ずっと気になっていた『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』を購入しました。

【結論】LCCで早朝便を利用するなら『カプセルホテル』を利用するのが最適解!!

結論としては

アバター画像
成田空港で早朝便を利用するなら『カプセルホテル』を利用しろ!!

というのが、ぼくの最適解です。

成田空港には『ナインアワーズ』というカプセルホテルがあります。トリバゴで検索すると最安値が出てきます。絶対に宿泊した方がいい。

理由は明白で、

  1. 空港ロビーでの一夜は落ち着かない
  2. カラダが休まらない
  3. 疲れている状態での観光は楽しくない

から。

せっかく旅行に行くのに、疲れ果てた状態って何も楽しくない。

だったら、万全の体制で旅行を楽しむための『宿泊』という選択肢をとるのが最適解です。

アバター画像
旅行先で楽しむことがメイン!旅行前に疲れ果ててしまったら本末転倒です。ムリせず宿泊も視野に入れて計画を立てましょう。

現場からは以上です。

楽しかったけどね(笑)



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする