【mixhost】IT素人が教える!『独自ドメイン〜SSL設定』どこよりも優しい素人のための設定方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

WordPressでブログやサイトを作成する際に必ず必要になるのがレンタルサーバー。

などが有名ですね。

今回は

で、独自ドメイン設定〜サイトSSL化の手順を紹介します。

『LIM 奏でるように生きろ』では格安サーバーでおなじみの『ロリポップ!』をレンタルサーバーとして利用してきました。

ロリポップの『独自ドメイン〜サイトSSL化』に関しては関連記事をご参照ください。

関連記事:【独自ドメイン〜SSL設定】IT素人によるIT素人のためのブロガーのWordPress設定!

アバター画像
ぼくのようなIT素人がWordPressでブログを楽しむだけだったら、ロリポップで全然問題ないんですけどね。特化型のサイトを作成することにしたので、思い切って『mixhost』を契約してみました!

【はじめに】サイトを作るなら導入時に『独自ドメイン設定〜SSL化』は必須!!

特化型サイトを作成するにあたり、導入時に重要になってくるのが

  1. 独自ドメイン設定
  2. サイトSSL化

です。

アバター画像
ブログを始めるって言っても、どれだけ続けられるかわからないし…まずはサーバーのドメインではじめて、慣れてきたら独自ドメインでもいいかな…!

と考えているあなたへ。

まずは関連記事を読んでください。

関連記事:「素人こそ『独自ドメイン』と『SSL化』はすぐにやれ!」10ヶ月で350記事書いたIT素人が断言する理由とは?

おわかりいただけましたか?

アバター画像
ぼくはブログ開始から10ヶ月350記事の状態で独自ドメイン設定〜SSL化をしました。そして膨大な作業量に追われて泣きそうになりました

ブログは「ほとんどの人が3ヶ月続かない」と言われていますが、無料ブログを適当に流している人も含めての数字です。

独自ドメインを利用してブログを運営している人は辞めません。お金がかかってるから。

なので、あなたも安心して独自ドメインを導入してください。

アバター画像
何よりも導入期に独自ドメインとSSL化をするメリットは『サイトが飛んでも大丈夫!』という安心感!だって、サイト出来上がってないから!!

【第1章】独自ドメインの購入・設定方法

独自ドメインの取得は簡単です。

ムームードメインの公式サイトから

  1. 『ドメインを検索する』のところに自分の好きな文字列を入力
  2. 『.com』とか『.jp』を選択する
  3. 『カートに追加』して購入する

これだけです。

『.com』『.net』で購入する人が多いようです。


【第2章】独自ドメインの基本設定

独自ドメインを取得したら、ムームードメインのコントロールパネル(コンパネ)内にある『ドメイン管理』でドメインの設定をします。

まずはドメインの取得。クレジット決済ならすぐに取得が可能です。

ムームードメインはロリポップを運営している『GMOペパボ』のドメインです。ロリポップレンタルサーバーでのWordPress開設なら設定は簡単ですが、『mixhost』と運営元が異なるのでDNS(ドメインネームサーバー)の設定が必要です。

コンパネで行う作業は以下の通りです。

  1. 『ネームサーバー設定変更』をクリック
  2. 『GMOペパボ以外のネームサーバーを使用する』を選択
  3. ネームサーバーを入力

ネームサーバーは

  1. ns1.mixhost.jp
  2. ns2.mixhost.jp
  3. ns3.mixhost.jp
  4. ns4.mixhost.jp
  5. ns5.mixhost.jp

と5つ入力するだけ。入力後は登録するだけです。

※登録後ネームサーバーが反映されるまで数時間〜2日ほどかかる場合があります。ぼくの場合は24時間後にSSL化が完了しました。

【第3章】独自ドメインをレンタルサーバー『mixhost』に登録〜WordPressをインストールする

ムームードメインでのネームサーバー設定が終わったら『MixHost』のマイページで独自ドメイン登録をします。

  1. cPanel(コントロールパネル)をクリック
  2. アドオンドメインをクリック
  3. 新しいドメインを入力
  4. ドメインの追加を選択

これでドメインの登録は終了です。

サブドメイン・ドキュメントルートは空欄のままで大丈夫です。後ほど反映されます。

ドメインの登録が終了したらWordPressをドメインにインストールします。

  1. cPanel内のスクリプト項目にある『WordPress』アイコンをクリック
  2. 『Install Now』をクリック
  3. プロトコルの設定は『hppts://』を選択
  4. インストールしたい独自ドメインを選択
  5. ディレクトリを入力(空欄でも可能)
  6. サイト名を入力(後で編集可能)
  7. 管理アカウント・パスワードを設定
  8. インストールをクリック

です。

アバター画像
これにて設定終了です。WordPressでのブログライフをお楽しみください!!

【第4章】あれ…『サイトSSL化』の設定方法は…?

ロリポップでサイトをSSL化する記事を読んでくれた方は「…えっ?あれ?サイトSSL化は?」と思ったことでしょう。

実は『MixHost』をレンタルサーバーで使うとサイトのSSL化が自動的に行われます。

ネームサーバー登録時にSSL証明がされるんです。素人には煩雑な作業がなくなるのでありがたいですね。

先ほどのプロトコルで『https://』と選択した時点でWordPressはSSL化されているので、WordPressの『設定→一般』でサイトのURLを

https://〜

ではじまるURLに変更しておきましょう。

アバター画像
mixhostでのSSL化はものすごく簡単!唯一のストレスはネームサーバー登録からSSL証明の反映まで時間がかかることですね。ぼくは登録からちょうど24時間後にSSL化が完了しました!

【終わりに】http://で記事を公開している場合は『リダイレクト設定』を忘れずに!

http://からhttps://へのリダイレクト設定も忘れずに行いましょう。

リダイレクト設定の仕方は

# ここから
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.jp [NC]
RewriteRule ^(.*) http://example.com/$1 [R=301,L]
# ここまでを追記

このコードを『.htaccees』の先頭にコピペします。

  • 赤字の部分:http://〜のURL
  • 青字の部分:https://〜のURL

になります。

今回は『mixhostでWordPressをはじめる』という部分にフォーカスを当てた記事になっています。

mixhostでWordPressブログを開設した場合の設定は簡単で良いですね。

アバター画像
mixhostは他のレンタルサーバーと違って『初期費用無料』と『30日間の無料期間』があります!この機会にmixhostでWordPressを始めてみましょう!!



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする