【ゼロから始めるSPI】「何から勉強すればいいの?」という就活生へ。SPIは◯◯をやれ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

2019年卒の就活生のみなさんへ。

『SPI対策』はもう始めてますか?

アバター画像
SPIって何?それって絶対にやらなきゃいけないの?

SPIとは『総合的な個性を評価するためにリクルートが開発した総合適性検査』です。

  1. 言語分野
  2. 非言語分野
  3. 性格適性検査

の3種類の検査で構成されている試験です。

アバター画像
言語分野も非言語分野も答えが決まっているテストだから、対策しちゃったら個性も何もないだろって感じですけどね。それに、すべての企業が採用しているわけではないので、全員が全員対策する必要はないんですけどね。

それでも、多くの有力企業で採用されている検査です。後々になって

アバター画像
ちゃんとSPIの勉強をしておけばよかった…

とならないように、対策はしっかりと行っておきましょう。

【ゼロからのSPI】「勉強が苦手…」そんなあなたにおすすめのテキストは『ドリル式SPI問題集』!!

アバター画像
SPIが必要なのはわかってるんだけど、何からやればいいかわからない…。そもそも勉強が得意じゃない…

というあなたに。

アバター画像
勉強が苦手でも大丈夫!『SPI』は対策するべき単元を絞ってしまえば必要最低限の得点は可能です!

今回は『勉強が苦手で、何から手をつければいいかわからない』というあなたに贈る、SPIの入門内容です。

※ある程度の学力がある学生や大手企業を狙う学生は、さらに難易度の高い問題をこなす必要があります

「どこから手をつけたらいい…?」SPIが苦手なあなたが必ず対策しておいたほうが良い単元はこちら!!

アバター画像
では、おすすめのテキスト『ドリル式SPI問題集』に沿って単元をお伝えします!なんども行ってますが、あくまで『入門編』です!中学生レベルの内容です!

※ぼく自身が実際に授業で採用している順序です



【1・2】濃度①②

『濃度』という言葉を聞くだけで毛嫌いしている人、いませんか?

中学時代の数学の苦い思い出が蘇る…。そんな人もいると思います。『難しい』という意識が先行してしまって、後回しにしてしまいがちな単元です。

なので最初に出来るようになってしまいましょう。

実は濃度の問題は

  1. %(百分率)
  2. 方程式
  3. 比の計算

がわかっていれば難しくありません。簡単な問題なら『%(百分率)』さえわかっていればすべて解答可能です。

すべて『100分の◯』で考えるだけ。

『濃度5%の食塩水が300g』だとしても、100gあたりで考えればいいんです。消費税の計算が出来る人なら一瞬ですね。

あとは問題に合わせて方程式を解くだけ。

まずは濃度の問題から手をつけて、苦手意識を払拭しましょう。

【3・4・5】速さ・距離・時間①②③

『速さ・距離・時間』も中学時代の嫌な思い出が蘇りますね。

ただ、公式と方程式さえ知っていれば何も難しくありません。

  1. 速さ=距離÷時間
  2. 時間=距離÷速さ
  3. 距離=速さ×時間

の公式を使いながら方程式を問題に当てはめていくだけです。

この単元で重要なのは『何をxとするか?』を見抜けるか。

ポイントは『全体像がはっきりしている内容に対しての方程式を作る』ことです。

例えば、

家から最寄りの駅まで時速4kmで歩くのと、時速8kmで走っていくのとでは、かかる時間が15分違う。家から最寄りの駅までの距離を求めよ

という問題があった場合、『距離』を求める公式を使おうとして式が成り立たずに手が止まってしまう学生がいます。

この問題の全体像が見えているのは『15分(時間)』です。そして『歩き』と『走り』の差が15分。これらを踏まえると

『歩いた時間』−『走った時間』=15分

という式が成り立ちます。ここに合わせて公式を使えるかどうか。文章の内容から正しい式が立てられれば簡単ですね。

濃度の単元が解ければ、速さの単元も出来るはず。頑張りましょう!

【6・7・8】ものの値段と個数 定価・原価・利益 割合と値段

『ものの値段と個数』に関しては、コンビニやスーパーなどで買い物をしている人なら問題なく出来るはずです。独り暮らしで家計簿をつけている学生は何の問題もなく突破できる単元です。

方程式で解く方法もありますが、莫大な金額が動くわけではないので、この単元は暗算で答えが出せるように練習しましょう。

『定価・原価・利益』に関しては、濃度の単元でも出てきた『%(百分率)』の考えからがマスターできていれば一瞬です。年始やお盆に行われるバーゲンやセールに毎回参加している女性は強いかもしれませんね。

  • 1
  • 100%
  • 10割

が同じだとわかっていれば、なんなく突破です。『◯割引』という問題の時に元値から引き算するのを忘れないようにしましょう。

『割合と値段』に関しては、方程式が出来て日本語が読めれば何の苦労もなく解けます。

武くんと直人くんがシャツを買いに行った。2人の所持金の合計は7800円で武くんは直人くんより620円高いシャツを買った。シャツを買った後に残った金額は武くんは初めの3分の2になり直人くんは5分の3になった。武くんが買ったシャツの値段はいくらか?

『シャツの値段:x』と置き換えるだけですね。

  • 武くんのシャツ:x円
  • 直人くんのシャツ:x-620円

です。このシャツの値段を元にシャツを買う前の所持金を算出すればいいわけなので、

  • 武くんの所持金:x円×3=3x円
  • 直人くんの所持金:(x-620)円×2分の5=2.5x-1550円

合計金額は7800円なので、

3x+(2.5x-1550)=7800

という式が成り立ちます。この方程式を解くと

5.5x=9350    x=1700

武くんのシャツは1700円と解答を導くことが出来ます。

方程式さえできればOKです。

【9】仕事算

『仕事算』はものすごくシンプルです。

4人で毎日9時間ずつ行うと1週間で終わる作業がある。これを3人で14時間ずつ行うと何日で終えられるか?

アバター画像
解答は『作業が終わるどころか、労基が入って大問題になる』です。人員を1人削って14時間も作業させるなんて経営者の考えが吹っ飛びすぎです。SPI、こういうところマジで。もっと労働環境に考慮しようよ。

と冗談にならない話はいったん置いときましょう。

問題を見てもらってもわかる通り、シンプルですよね?

4人で1日9時間の作業を7日間しているわけですから、全員で作業に費やした時間は『252時間』です。

3人で1日14時間の作業をした場合、1日に費やす時間は『42時間』なので。252時間から42時間を割ってあげれば終了です。252÷42=6で『6日間』が答えです。

アバター画像
『4人で7日間費やす作業を』『3人で6日間で終わらせる』なんて、ブラックとしか考えられないですね。

【12・13・14】順列・組み合わせ 確率のとらえ方 集合

『順列』『組み合わせ』と聞くと高校時代の数学が蘇りません?『P』とか『C』とか

簡単な問題なら順列も組み合わせも『樹形図』を描ければ終了です。組み合わせ通りに樹形図を書いて、数を数えればいいだけです。

ただSPIの厄介なところは組み合わせの通り数が『120通り』とか異様に大きな数になるんですよね。なので、計算式は覚えていた方が無難です。

といっても公式を覚えて当てはめるだけなので、そんなに難しくないです。

『確率』も『P』や『C』を使って計算する方法が一般的です。ただ、確率はそこまで大きな数にならないので、表を書いて数えても問題ないです。場合によっては、式を立てるよりも早いかもしれません。

『集合』は、ごめんなさい。ベン図を書いてください。これだけです。

【18・19】グラフの領域①②

『グラフの領域』はちょっと難しいかな?

一次関数と二次関数の知識が必要です。

場合によっては、一度飛ばして『言語分野』に移った方が得策かもしれません。

時間に余裕がある場合のみ解いてみてください。



「日本語が理解できれば出来る…!?」頭の体操にもつながる単元はこちら!!

『非言語分野』といっても、実は言語能力だけで解けてしまう単元もあります。

アバター画像
ブラックボックスなんて、『非言語分野』というよりもただのパズルです。難しく考えずにリラックスして取り組めば誰でも出来ます!

【10・11】表の読み取り 資料の読み取り

表・資料の読み取りは

  • 中学1年の数学『資料の読み取り』
  • 中学1〜3年の社会『地理・歴史・公民』の資料問題

ができれば問題ありません。メジアンとかモードとか、用語を覚える必要がないので、中学生よりも楽かもしれません。

表や資料に足りない情報を書き込んで完成させて、聞かれている内容に答えたり、資料・グラフから状況を読み取るだけの簡単な作業です。

大学に合格できた学生です。間違いなく出来ます。大丈夫です。

【15・16】推論 ものの流れと比率

『ものの流れと比率』に関しては、具体的な状況が頭に浮かべば難なく取り組める単元です。

具体的に情景が浮かばないと、ちょっと厳しいかもしれません。

アバター画像
えっ…全然わかんないんだけど…

という場合は、飛ばして『言語分野』の対策に移行してください。

【17】ブラックボックス

『ブラックボックス』はパズルです。

プログラミングが得意な学生は問題なく出来ます。プログラム通りに作動させるだけですから。

与えられた情報に対して『四則演算』をするだけです。

基本的には『+ − × ÷』の4つの記号と、あと少しの言葉を使うだけです。

余裕のある人はやってみましょう。

【20・21】論証①②

  • 言葉の裏をとるのが好き
  • 揚げ足取りがうまい
  • 何かにつけてこじつけで話せる

人は難なく出来ます。なんか意地悪な人が得意そうな単元ですね(笑)

実は、仕事をする上で、この考え方はとても重要です。

何事も、企画を立てたら『逆の場合はどうなる?』と考える必要があるからです。なので、結構重要な単元なんです。

でも、後回しです。

アバター画像
なんで後回しかって?ここはね、新卒が入社後すぐに必要とされる領域じゃないから!社会人になってからでも身につけられるから、後回しでもいいよ!

「あれ…立体の展開図・断面はやらなくていいの?」…やらなくて良い理由とは!?

数学の難敵、空間図形。

断面図ってキレイに切り取れる人と、どれだけ練習しても一定レベル以上は伸びない人に分かれます。

生粋の文系にとって、立体図の断面を正確に把握するのは困難を極めるんです。

逆に、空間図形が難なく解ける人は、数学できるはずだからこのテキスト使う必要ないかな。

っていうレベルの問題です。

アバター画像
文系学生諸君。空間図形に時間を使うなら、絶対に言語分野に力を入れたほうがいい。



【まとめ】限られた時間を有効に!自分に必要な単元だけを徹底的に学習して結果につなげる!!

アバター画像
なんとなく、このテキストのポイント伝わったかな?

時間は有限なので、自分に必要な単元を効率よくピンポイントで学習することが重要です。

というか、中小企業を目指している学生の人は「そもそもSPI必要なの?」っていうところから始めるべきだと思うけどね。

だからこそ、企業の人とインターンだったり説明会だったりで話して選考に必要なことは何かを収集する必要があるんです。

ニクリーチだったりMeetsCompanyは採用担当の方と話せるだけでなく、そのまま選考にも進めるので新卒の就活におすすめです。

アバター画像
このテキストは勉強が苦手な学生向けに作られた『要点のみを抑えた』内容となっています。大手企業のSPIを突破する必要があったり、この内容が簡単だと感じる学生の皆さんは別の教材を使用することをお勧めします。

次回はSPIと同様に大事になってくる『自己分析・他己分析』についてです。何のために自己分析をするのか?何のために他己分析をするのか?

そのあたりが曖昧な学生も多いので、詳しく書きますね!

関連記事:【間違った分析】就活に必要な『自己分析』『他己分析』って何のためにやるのか知ってる?(近日公開)

お勧めの教材も以下にピックアップしておいたので参考にしてみてください!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする