【格安SIM購入ガイド】『auからLINEモバイル!』ネット購入が不安なあなたに贈る購入・手続き方法まとめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

アバター画像
格安SIM…安くなるって聞いたから気になってるんだけど…ネット申込っていうのが不安…わたしでもできるのかな?

ネット購入って、実際の店舗のように話を聞きながら決断できないので不安ですよね。

特に大手キャリアの携帯・スマホを何十年も使い続けている人にとって、格安SIMへの移行は大きな決断です。

アバター画像
何かあったとき、すぐに相談できないのは不安だし、やっぱりauのままでいようかな…

そんな悩めるあなたのために、IT初心者のぼくがauからLINEモバイルに乗り換えたときの手順を公開します。

この記事は

  1. au→LINEモバイル乗り換えのメリット
  2. au→LINEモバイル乗り換えのデメリット
  3. 乗り換え手順
  4. 乗り換え時に行った人間関係の整理

についてお伝えします。

アバター画像
ぼくも購入に関して不安はありましたが、実際乗り換えてみたらそんなに難しくなかったです!



『auからLINEモバイル』乗り換えのメリットは?

大手キャリアのスマホユーザーが格安SIMに乗り換えるメリットはなにか?

それは『月々の使用料金』の減額です。

ぼくはauのスマホを使っていたのでdocomoやsoftbankの料金に関してはわかりませんが、au高くないですか?

関連記事:【auユーザー退団】ぼくが13年愛用してきたauに見切りをつけて解約を決心した理由

関連記事にも書いていますが、auに支払っている月々の使用料金が高すぎます。月17000円って…。

なんとかして低料金に抑えたいと思い格安SIMを調べたところ、LINEモバイルが圧倒的にコスパが良かったので、ぼくはLINEモバイルに乗り換えました。

関連記事:【格安SIM】徹底比較!条件に合う『コスパ最強!』の通信会社はどこだ!?

LINEモバイルは

  • 音声付きSIM(3G)
  • SNSフリー(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)

で月々2500円程度。

いままで使っていたauのスマホ料金は月々8000円前後。

アバター画像
年間で6万のコストダウンですよ!浮いた6万で真梨恵さんのライブ全通できちゃいますよ!?(旅費を考慮すると6万では足りません)

このコストダウン、なかなか侮れません。

『auからLINEモバイル』乗り換えのデメリットは?

LINEモバイルに移行するにあたって、6万という大きな金額のコストダウンは魅力的ですが、もちろんデメリットもあります。

ぼくがデメリットかなと思ったのは、

  1. 通信速度の低下
  2. 使用データ量の低下
  3. スマホ端末を購入する必要があるケース

の3点。

といっても、ぼくにとってはほとんどデメリットに感じませんでしたが。もしかしたらデメリットと感じる人がいるかもしれません。

特に上記2点はデメリットと感じる人も多いかと思います。(ぼくは最後の『スマホ端末の購入』が一番のデメリットでしたが)

『通信速度』はどうしても低下してしまいます。特に多くの方がスマホを使用する時間帯は低速と感じる人も多いようです。ぼくはWiMAX2を併用しているので全然気にならないんですけどね。

『使用データ量』に関しても、いままで7G上限で使用していた人からすると少なく感じるかもしれません。すぐにデータ制限がかかってしまう。ストレスかもしれませんね。ぼくはWiMAX2を併用しているので全然気にならないんですけどね。

関連記事:【WiMAX2】ポケットWiFiの契約更新は損?WiMAXは『2年乗り換え』がお得!?

『スマホ端末の購入』だけ。ぼくはau時代INFOBARを使用していたため、SIMロック解除ができませんでした。au端末に対応しているmineoのSIMすら使えない代物です。

なので購入し直しました。

それくらいです。デメリットは全然感じません。



初心者も安心!格安SIMへの乗り換え手順

アバター画像
格安SIMのメリットとデメリットはわかったけど、ネット申込っていうのがネック…。どういう手順で申し込めばいいのかわからない…

という格安SIM初心者のあなたへ。

実際にぼくがLINEモバイルを購入した手順を紹介します。

STEP1:自分に合った格安SIMプランの選定

格安SIMの会社ってたくさんありますよね?

そして、プランも無数にあります。

まずは『自分に合ったプランの選定』をしましょう。

アバター画像
ここで重要ポイント!プランを選定するときは、格安SIMのサイトをみないこと!!まずは紙に『自分のスマホ使用状況』を書き出してみて!

先にサイトを見てしまうと「あれもこれも必要かな…?」と惑わされます。

ぼくの場合は

  1. 電話ができる→音声通話付きプラン
  2. LINE・Twitterの利用頻度が高い→SNSフリープラン
  3. 検索やYouTubeはパソコンを使用(WiFi併用)→データ使用量3G程度のプラン

と必要事項を書き出してから格安SIMを比較しました。

結果、LINEモバイルが一番使いやすい格安SIMという結論に至ったわけです。

STEP2:MNP(携帯番号)はそのまま?それとも変更する?

携帯番号はそのまま移行するのか?それとも変更するのか?

重要なポイントです。

アバター画像
MNP(携帯番号移行)には手数料が発生します。手数料は3000円前後が相場です。そして、現在使用しているキャリアに転出の手続きを取らなければいけません。そのMNP、絶対にしないとダメですか?

ぼくは新しい携帯番号にしました。

  1. 『ムダな手数料』がかからない
  2. 電話番号の変更が仕事に支障をきたさない
  3. 人間関係の整理ができる

ぼくにとっては電話番号の変更の方がメリットが大きかったです。

アバター画像
各種ASPなどの登録変更は必要ですが、膨大な量でもないですし。そもそも、電話ほとんど使ってない。ってか業者もLINE通話にしてくれるといいのにな。ぐるなびとかも全部LINE対応にしてくれ!!

いずれすべてがLINEやTwitterなどのSNSで完結する時代がくることでしょう。

後述しますが、大手キャリアでの使用を続けてきた人は、電話帳に必要のない登録やすでに違う人が使っている番号がたくさん入っていたり、電話番号登録によって出てくるLINEアドレスに消耗している人もいるんじゃないかな?

見直すきっかけにもなります。

STEP3:エントリーパッケージ購入で事務手数料を抑える!

格安SIM契約の際にかかる事務手数料は3000円前後が相場です。

事務手数料は、格安SIMに限ったことではなく、大手キャリアでの機種変更の際にもかかります。

アバター画像
事務手数料ってなんだよマジで消滅しろっ!!

って思ったことありませんか?

ぼくは常々思っています。

事務手数料をゼロにする方法はわかりませんが、コストを70%近くカットする方法があります。

アバター画像
エントリーパッケージって聞いたことありますか?

エントリーパッケージ』っていう言葉。なかなか馴染みがないと思います。

このシステムを使うと事務手数料がかからなくなるんです。

利用方法は簡単。Amazonで『LINEモバイル エントリーパッケージ』と検索すると出てきます。

これです。

通常の事務手数料は3000円ですが、エントリーパッケージを利用して格安SIMに申込みをすると990円での登録ができます。

ぼくはAmazonでエントリーパッケージを購入して2000円の事務手数料コストカットに成功しました。

アバター画像
ただし注意!『エントリーパッケージ』の使用チャンスは一度きり!登録途中でネット回線が途切れた場合、やり直しができません…。ネット環境には細心の注意を払いましょう!

STEP4:購入時期の検討!格安SIM導入は『月初』がおすすめ!

LINEモバイルは購入初月の使用料金が無料になります。

10/1に使用を開始しても、10/20に使用を開始しても、無料期間は10/31までです。

最悪なパターンは10/31にSIMカードが届いてしまうケースですね。

LINEモバイルを検討している人は『購入時期』の選定も重要なポイントです。

ここで重要なのが、LINEモバイルは『開始日時を選択できない』という点です。なので、良い頃合いを見計らってネット申込みをする必要があります。

9月下旬に申し込んで9月中に届いちゃった…なんてことがあったら切ないですね。

アバター画像
ぼくは10月初旬に届くように9/29に申込みをしました。その前にエントリーパッケージが届くように手配。LINEモバイルのSIMと端末が届いたのが9/30。実際の使用開始時期が10/1。完璧です!このスケジュール感、超重要ですよ?

29日の午前2時にネット申込。29日の午前中には発送手続きが終了してました。

LINE公式サイトの情報だと、発送日の2日後(発送日含まず)と記載されていたので、契約開始日は10/1となります。

ドンピシャです。神奈川県なら端末セットでもこのスピード。SIMカードのみも翌日には発送されると思います。(サイズだけ間違えないようにね!)

auの解約時期が10月だったので、10月の間はauとLINEモバイル併用です。LINEモバイルは無料なので使用料金は変わらりません。電話番号も使用できます。問題はLINEとTwitterをauで使用しなくなるのでギガ数がもったいないことですね。

アバター画像
au端末に関しても月初に解約しようが月末に解約しようが使用料金は変わらないので、月末ギリギリの解約がおすすめです!auのプラン変更が可能なら、はやめの手続きをおすすめします!ギガ数が最小でいいんじゃないかな?もったいない!

STEP5:初心者も安心の『スマホ端末セット』で設定ストレス回避!

Amazonで検索すれば格安スマホ端末はたくさん出てきます。

エントリーパッケージとセットで端末が手に入る商品もあります。

こんな感じで。

アバター画像
でもさ、自分で設定するのってめんどくさいって思いません?購入して、手元に届いたらすぐに使えるように設定しておいて欲しいですよね?

自分で設定する煩わしさから大手キャリアを使い続けている人もいるくらいですからね。

そんな、あなたにおすすめなのが『スマホ端末セット』での購入です。

ぼくもスマホ端末セットで格安スマホ端末も購入をしました。

この端末、Amazonでも買えます。

買えますが、料金はさほど変わりませんね。

端末料金が変わらないなら、SIM差し込んだ状態で送ってもらった方が楽で良いですよね?

特に初心者は『設定で悩む可能性』を大いに抱えているので、セットで購入することをおすすめします。

アバター画像
いま使っているスマホ端末のSIMロック解除をして、そのまま使用する場合は動作確認状況を必ず確認してね!INFOBAR A03はどうあがいても使えないから注意してね!

必要のないストレスは上手に回避しましょう!

関連記事:酷評レビューの嵐!?格安スマホ端末『BLU GRAND X LTE』は本当に使えないのか?6日間使って検証してみた!

STEP6:スマホが届いたら…『LINE』と『Twitter』の設定!!

LINEモバイルの魅力は『SNSフリー』ですよね?

LINEもTwitterもFacebookもInstagramも、全部データフリーでパケットが消費されません。

ぼくはLINEとTwitterが主な連絡手段なので、データフリーは本当に嬉しい!電話番号での通話もほとんど使わないし、Google検索もMacBookAirで行っているので、SNSフリーになると月々のデータ使用量が3Gくらいで十分になるんです。

アバター画像
では、さっそくLINEとTwitterのアプリをスマホにインストールしましょう!導入方法は簡単です!
LINEのインストールとアカウント引き継ぎ

LINEの登録方法です。

  1. LINEを起動してメールアドレスを登録する(既存スマホ)
  2. LINEのパスワードを設定する(既存スマホ)
  3. (必要なら)トークのバックアップをとる(既存スマホ)
  4. アカウントの引き継ぎ設定をオンにする(既存スマホ)※24時間経つとオフになります
  5. LINEアプリをインストール(新規スマホ)
  6. LINEに『ログイン』する(新規スマホ)
  7. メールアドレス・パスワードを入力(新規スマホ)
  8. 年齢確認を行う(新規スマホ)

以上です。

電話番号は変更しましたが、LINEは再登録して連絡先を整理するのがめんどくさかったので、そのまま引き継ぎしました。

アバター画像
「STEPが多すぎてめんどくさい!」と感じる人は新規で作成するのもひとつの手かな?連絡先の整理もできるのでアリだと思います! ※新規で登録した場合は以前のデータが卑屈気ないので注意
Twitterのインストールとログイン

Twitterの登録はシンプルです。

  1. Twitterアプリをインストール
  2. Twitterアプリを起動しログインする

これで終わりです。

楽勝ですね(笑)

その他、各種設定の手順は関連記事にて紹介します。

関連記事:【はじめての格安SIMスマホ】誰でも簡単設定!!LINEモバイルが届いたら行う作業手順の公開!!

アバター画像
LINEのようにアカウントの引き継ぎが不要なので、サクッと登録しちゃいましょう!


電話番号も変更!格安SIM乗り換えは『人間関係整理』の絶好のチャンス!!

格安SIM検討とはちょっとズレますが…。

あなたのスマホの電話帳やLINEの友達に

  1. 全然連絡しない人がいる
  2. イベントで知り合っただけのめんどくさい人がいる
  3. 抜けたいLINEグループがあるけどあからさまに抜けられない…
  4. とにかく縁を切りたい人がいる

っていう人が登録されてたりしませんか?

とにかく縁を切りたい人に関しては、連絡先整理だけではうまくいかないケースも多いので

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

こちらを熟読してもらい、『人間の憎悪が渦巻く京都の縁切り神社』に行きましょう。電話占い【ココナラ】で相談してみるのも良いかもしれません。背中を押してもらえます。

その他の人間関係整理には、電話番号変更での格安SIM購入がおすすめです。

大手キャリア内での機種変更では、電話帳登録やLINEも引き継ぎで使用すると思うので、なかなか整理ができません。悩みですね。

アバター画像
格安SIMに変えたことだし、せっかくなので電話帳の整理してみない?ついでにLINEも新しいIDで始めちゃうのもアリかもよ!?

時間はかかりますが

  1. 旧スマホの電話帳データを見ながら必要な連絡先だけ新スマホに登録
  2. 旧LINEの友達で必要な連絡先に新LINEのQRコードを送って友達登録してもらう

これでOKです。

必要のないLINEの友達や、グループには『退出しました』ではなく『Unknown』で表示されるので角が立たない仕様になってます。

アバター画像
格安SIMで金銭的コストカットに成功したら、ムダな人間関係もコストカット!もう人間関係で消耗しない!

人間関係に疲弊している人にとって、スマホ変更の際の連絡先整理は、個人的にかなりおすすめです。



【最後に…】LINEモバイルへの乗り換えはWiMAX2とセットがおすすめ!!

LINEモバイルの使用料金は月々2500円程度です。

BroadWiMAXの使用料金は通信無制限プランで月々3600円程度です。

合わせても6000円程度に収まります。

アバター画像
ぼくはもともとスマホ8000円とWiMAX4500円の合計12500円を支払っていたので、月々6000円のコストダウン予定です。年間で72000円!2年で140000円!MacBookAir買えるよ!

関連記事:【格安SIM】徹底比較!auユーザーが格安SIM『LINEモバイル』に乗り換えると月々の費用はどうなるのか!?

BroadWiMAX持ってたら、外でもパソコンが開けるのでMacBookAirの活躍の場が広がりますね!カタカタカタカタ、トーン!!

LINEモバイルのプランだけでもSNSはフリーになるので、それほどデータ量はかからないのですが、Gmailを起動したり、Googleで検索するときにWiFiがあれば、さらにデータ使用量が削減できます。

自宅でYouTubeを再生したいときもWiFi接続しておけばデータ量を気にせず動画を楽しめます。

月末にデータ制限がかかってしまって、データ量買い増し…なんていう不毛なお金の使い方をしているなら、ここは黙って

  • 格安SIM
  • WiMAX2

の複合プラン一択でしょ!

アバター画像
もともと8000円もの料金をスマホ単体で支払っていたとしたら、6000円でも年間2万円くらいのコストダウンです

格安SIM、LINEモバイルの導入を検討している人は、ぜひBroadWiMAXも視野に入れてみてください!



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする