『何のために歌う?誰のために歌う?』音楽・ライター。原点はいつだって『たったひとり』を大切にする気持ち。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

アーティストライブ参加強化ウィーク。

2017.09.05。渋谷eggmanにて行われた『Girl’s UP!!! vol.209』を起点として

  • 9/5(火)Girl’s UP!!!@渋谷eggman
  • 9/6(水)UTAUTAU vol.3@大阪サンケイホールブリーゼ
  • 9/10(日)UTAUTAU vol.3@東京日本青年館ホール

と怒涛のミュージックウィークを駆け抜けます。

アバター画像
まずは2017.09.05 Giel’s UP!!!vol.209@渋谷eggmanに参加してきました。感情どストレート、むき出しで力強い音楽を投げ込んでくる女性シンガーたちの姿を見て、音楽も文章も原点は同じだって感じてきました。

控えめに言って、とても実りある時間を過ごせました。



Girl’s UP!!!むき出しの音楽を奏でるアーティストの紹介

アバター画像
ぼくのライブの所感を伝える前に、今回のライブのアーティストを一言で紹介します。みなさん、全力ですごくかっこよかった!全力で戦ってる女性はかっこいい。

※画像はアーティストさんTwitterにリンクします

eddaさん

バンド編成でのライブでした。

響きわたるバンドサウンドの中でまっすぐに通る歌声と感情は会場を圧倒するレベル。

小玉ゆういさん

ステージを縦横無尽に動き回る。

音楽を全力で楽しんでるっていうのがダイレクトに伝わってきます。

植田真衣さん

圧倒的歌唱力。

そして圧倒的表現力。ギターから紡ぎ出す『音霊』の力に酔いしれます。

エナ(ex.riry*mona)さん

語りかけるように歌うシンガー。

ひとつひとつの言葉が音と重なり合って、目の前の世界を彩ります。

ななみさん

感情直球で突き刺さる力強さ。

飾らない姿。聴いている人たちの心をえぐりとる感じの音霊を飛ばしてます。

カヨコさん

心に寄り添ってくれる歌声。

自身の人生経験があるから歌える歌がある。言葉ひとつひとつに共感できます。

むき出しの女性シンガーから感じ取った3つの大切な『想い』

アバター画像
今回のライブは『音楽を楽しむ』という部分に関しても大満足でしたが、それ以上に自分の生き方を振り返るきっかけになりました。うん、間違ってない。ぼくの選択した道は間違ってない。そう思えた時間でした。

表現者としての生き方。音楽だろうと文章だろうと、遡れば原点は同じ

表現者という括りすら存在しないのかもしれません。人生そのものなのかもしれません。

アバター画像
ここからは、ぼくの所感です。感じ方は人それぞれなので、「こういう考え方の人もいるのね」ってくらいに読んでください。

「誰のために?何のために?」たったひとりでもいい。『届けたい人に』歌う力強さ。

かの昔、ポルノグラフィティというビッグバンドが歌ってました。

100万人のために唄われたラブソングなんかに

僕はカンタンに想いを重ねたりはしない

ポルノグラフィティ ヒトリノ夜

この世界を生きる70億人、日本だけなら1億3000万人。『全員が共感できる』音楽なんてそうそう作れない。

平和を歌った世界的に有名な曲『We are the world』でさえ、世界中のすべての人たちに受け入れられてるわけじゃない。

そんな中で『誰でも共感できる歌』を歌ったってボヤけちゃう。

誰かひとりでいい。その人に向けて全力で歌を届ける。

大勢の人が耳を傾けてくれなくていい。たったひとりのあなたのために『言霊』を音に乗せて届ける。

まっすぐでブレない道筋。

その想いが、ぼくたちの歩く道を照らしてくれる。

「わたしだから歌える歌がある」メッセージは決してブレない。『伝えたい想い』を表現する力強さ。

世界にはたくさんの人がいます。

育った土地や環境も違う。人生で関わった人や考え方も異なる。

すべての人に共感してもらえる歌詞を書こうとしたら、きっと感情がボヤけちゃう。

たくさんの人たちに配慮して言葉を選ばなきゃいけなくなるから。

言葉を選んで紡ぐことは悪いことじゃない。より自分の感情をダイレクトに伝えられる『言葉』や『リズム』を追求することは悪いことじゃない。

でも『誰にでも受け入れられる言葉』を使うのは違う。

そこには混ざりっ気のない『ダイレクトな感情』は存在しない。

軸はブレない。伝えたい感情はブレない。

その想いが、ぼくたちの勇気になる。

「過去があるからいまがある」経験は決してムダにならない。『想いの数だけ経験がある』という力強さ。

いままで生きてきた人生。

人生にはそれぞれドラマがある。

単調な人生を過ごしてきた人なんて誰ひとりとしていない。1秒1秒過ごしてきた時間の中に『喜び』『怒り』『悲しみ』『葛藤』『苦悩』がある。

だから歌える歌がある。だから届けたい想いがある。

同じ境遇に立っているひとたち、ひとりひとりの話を聞いて、自分の経験からアドバイスすることは難しい。人生における時間は有限だから。

だからこそ、同じ境遇を抱えた悩めるひとたちへ自分の経験を伝えるために『音』を奏でつづける。

自分の経験が、ひとりでも多くの悩んでるひとたちに届くように。

ただまっすぐに、自分の経験を伝えるために歌い続ける。

その想いが、ぼくたちの心を支えてくれる。



「音楽も文章も原点は同じ」『伝えたい人』がいるから書き続けられる。

音楽も文章も同じなんですよね。

『伝えたい人』や『届けたい想い』があるから書き続けられる。

『伝えたい人』や『届けたい想い』があるから言葉を選んで紡ぐ。

ぼくたちが記事を書く上で大事にしていることと一緒ですよね?

  • 伝えたい層(ペルソナ)の設定
  • 伝えたい想いの軸(一定のターゲット層)の設定
  • 伝えたい経験(自分の考え)を多くの人に届ける手段

上記3点を振り返るきっかけになりました。

(ライブ中に「あぁ…ペルソナか」とか「うん、一度にたくさんの人に届ける手段だよね」とか「極端な主張も、時には必要だよね」とか考えてたのは内緒の話です)

何度かお話していると思いますが、ぼくの記事のペルソナは自分自身です。

時間が経った時に、自分の書いた記事を読んで

アバター画像
そうだった!危なかった…自分の軸からズレそうだった…

っていう自分を見つめ直す機会にしたり、

アバター画像
あぁ、懐かしいな。この旅の時はこんなこと思ってたっけ!

って物思いにふけってみたり、

アバター画像
この時期の自分といまの自分。どっちが輝いてるかな?

って振り返ったり

アバター画像
なんだこれ!すげー面白いな!!

って自画自賛してみたり。

それが、自分以外の多くの方たちの目に触れて、共感してくれて、参考にしてくれて、どんどん広がってくれました。

WordPressを始めた当初は30PVにも満たないアクセス数でした。それが、いまでは一月で1万PVを越えるブログまで成長しました。

そしていま、忘れてはいけないのは『あの時1日30PVしかなかった時代を支えてくれた人たちがいる』ということ。

世の中すべての人に好かれるなんて難しい。受け入れられるなんて難しい。

あの日感じた『30PV』の喜びだったり、その中でも書きたいことを書き続けた自分の感情を忘れてはいけない。

ぼくは、目の前にいる大切な人たちを大事にしよう。

思い出させてくれました。

【終わりに…】ミュージックウィーク1日目はお昼から楽しい時間を過ごせました!

ということで、ミュージックウィーク1日目は自分を振り返る音楽に触れた時間でした。

が、実は開演18時よりも前、お昼頃からすでに活動ははじまってたんですね(笑)

13時頃に渋谷でひろにぃと合流し

キリンシティーでビールを堪能し、

その後、植田さん界隈の女性2名と合流し、

前夜祭。おしゃれなカフェでおしゃれにケーキを嗜んでます。

ぼくを含めたこの4名、このあと全員夜行バスで大阪入り(※バスは別便)です。アクティブです。

前夜祭の後、もうひとり女性と合流し、ライブ後もさらにもうひとり増え、すごく楽しかったね!!

最近、「ビール!ビール!!」ばっかり言ってて

りむってアル中なんじゃ…
アバター画像

という声が上がってきそうですが、楽しい時間は有限。

アバター画像
いまを楽しまないで、いつ楽しむの!?

と、ちょっとばかり世の中を煽ったところで…

ミュージックウィーク2日目は大阪へ!

大阪の模様は関連記事で!

関連記事:【UTAUTAU vol.3】『ただただ全力で歌う』12列目から感じた圧倒的存在感@大阪サンケイホールプリーゼ

東京の模様も関連記事で!

関連記事:【UTAUTAU vol.3】『やっと歌手になれた気がします』6列目から受け取った『想いのバトン』@東京日本青年館ホール

そうだ、高速バスは初体験でした!

関連記事:【はじめての高速バス】ブルーライナーで格安旅行!深夜高速バス『東京↔︎大阪』のレビューと絶対持ってったほうが良いアイテム!!



畳み掛けるように…

アバター画像
名前、間違ってるヨォ…でもサチモスって教え直してもらったので、トントンということで…
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする