【はじめての高速バス】ブルーライナーで格安旅行!深夜高速バス『東京↔︎大阪』のレビューと絶対持ってったほうが良いアイテム!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

大阪まで行きたいんだけど、新幹線だと高いし…格安で行ける深夜バスってどうなのかな?

『はじめての深夜バス』で大阪に行こうと検討してるけど「実際バスってどうなの?」と悩んでる皆さん。

こんにちは、りむです。

アバター画像
深夜バスって長時間だし、実際どうなんだろ?7時間とかどうやって時間潰すんだろ?

深夜の高速バス未経験だったぼくが、

  • 実際に高速バスを利用して感じたこと
  • 必要だなと思ったもの
  • バスに乗っている間の時間の使い方

などを紹介します。

アバター画像
『はじめての高速バス』永久保存版だよっ!

関連記事:『大阪のたこ焼きを堪能せよ』大阪のおすすめたこ焼き3店舗紹介!!植田真梨恵さん御用達のたこ焼きも紹介するよ!!

【はじめに】高速バスの予約の仕方は?

アバター画像
まずは深夜高速バスの予約方法を説明します!

高速バスの乗車券を手に入れる方法は、一般的に

  1. 乗車券(きっぷ)販売機や窓口で購入
  2. ネットで予約する
  3. アクセスチケットなどの格安チケット取扱店で購入する

などがあります。

その中でも多くの人が利用しているのが『ネット予約』です。

ここでは、ぼく自身が実際に購入した流れを紹介します。

STEP1:ネットで高速バス料金を比較する

まずはGoogle検索。『高速バス 料金 比較』と検索すれば、たくさんの比較サイトが出てきます。

ぼくは『バスブックマーク』で検索。

ホーム画面の『条件から高速バス・夜行バスを探す』の欄に

出発地・到着地・乗車日を入力して検索すると…

カレンダーと最安値が表示されます。

金額をクリックすると、

高速バスの情報がズラーッと一覧表示されます。

STEP2:比較した高速バスの中で「これ、いいな!」と思った便の詳細を確認する

一覧表示された高速バスの便を確認したら、気になった便をピックアップします。

ひたすらに低料金の便や

女性専用車(ドリンクバー付き)だったり、

コンセント付きトイレ付きのゆったりした便があります。

設備・サービスが充実すればするほど、料金はあがります。

2〜3便ピックアップして、比較することをおすすめします。

STEP3:バスを予約する

希望の条件にマッチした便を見つけたら、予約しましょう。

予約のステップは、

  1. 乗降車地の人数設定
  2. 申込者情報の設定(会員登録)
  3. 乗車の設定
  4. 支払い方法登録
  5. 申し込み内容確認

たったこれだけです。

特に難しい入力内容はありません。入力の指示に従って進み、『申し込み完了』のメールが届けば予約完了です。

STEP4:メールは大事に保管しておく

申し込み完了メールは

  • メインアドレス
  • サブアドレス

に送られてくるので、間違って消去してしまっても片方のアドレスで確認ができると思いますが、大事に保管しておきましょう。

スマホユーザーの人が多い世の中なので、メール内容を印刷して持っていくケースは稀です。

予約内容の確認ができる部分をスクリーンショットして保管しておくのも有効な手段です。

アバター画像
高速バスの予約方法は難しくないので、サクッと予約しちゃいましょう!格安の便はすぐに満席になってしまうので、早めにチェックした方がいいですよ!



【準備】高速バス利用前に準備したアイテムは?本当に必要だった?

アバター画像
深夜高速バスは7時間の長丁場。時間を有効に使うために用意したアイテムが役に立ったのか紹介します!

まぁ、ほとんど役に立たなかったんですけどね…。

充電器

スマホの充電器は必須です。長丁場です。出発前に十分に充電していると思いますが、現地に到着して移動しようとした時にスマホの充電がないと残念なことになってしまいます。

ぼくはアンドロイド端末なので、充電器ひとつでスマホとWiMAX、デジカメの充電すべてがまかなえます。

ぼくが利用した格安バス便のコンセントは、スマホの充電可能でした。

パソコン(タブレット)などの通信機器

「バスの中で作業したら捗るんじゃないか?」と思い用意したパソコン。(仕事道具なので持ち歩きはデフォルトですが)

結論から言うと、バスの中での使用はできませんでした。

深夜高速バスなので、車内は真っ暗に消灯されます。格安料金のバス便だったので、まわりtの仕切りもありません。

その中でパソコンを広げて作業するというのは周りの方の迷惑になりますのでやめましょう。

パソコンの充電は禁止でした。

ニンテンドー3DS(ドラクエ11)

深夜なので、寝付けなかった時はゲームをして時間を潰そうと思い準備したニンテンドー3DS。

音はイヤホンをすれば問題ないだろうと安易に考えていましたが、消灯された車内ではゲームをするという選択をすることは困難極まりない。

画面の照明がまわりの人の迷惑になりますし、静まり返った車内にボタンをカチカチする音が鳴り響きます。

ダメ、絶対。

ゲーム機の充電も禁止されていました。

ビール(アルコール)

軽食(お菓子)は、たぶん持ち込み可能です。ミネラルウォーターはサービスで支給されました。

ただし、アルコール類の持ち込みは禁止でした。

缶ビール一本持ち込みでドリンクホルダーに設置した瞬間、

「アルコールの持ち込み、ご飲用はお控えください」

とアナウンスが流れたので、そっとミネラルウォーターと差し替えました。

(ビールははじめのPAで美味しくいただきました…)

アバター画像
現場からは以上です

【高速バスレビュー】東京→大阪の移動レビュー!



アバター画像
実際に深夜高速バスに乗ってみて、どんな感じなのかを体験できたのでおしらせします!はじめての高速バスに挑戦する予定の方はぜひ参考に…!

東京駅から少し離れたバス停留所から乗車!

格安の深夜高速バスを利用する場合、バスの停留所は駅から少し離れた場所にあるケースがほとんどです。

駅前にある高速バスは『JR高速バス』などの路線の可能性があるので注意が必要です。

ぼくが利用したバスは『鍛冶町駐車場』から出発する便。東京駅八重洲南口から徒歩5分ほどの停留所でした。

(帰りの便に関しても梅田駅から徒歩5分以上の場所です)

アバター画像
直前で焦らないように、時間には余裕を持って停留所に向かいましょう!

バス乗車!車内はカーテンで仕切られているため『現在地の把握』が困難…

バスに乗ると、窓はすべてカーテンで仕切られていました。

出発すると、運転席もカーテンで仕切られるため、フロントも見えません。完全にどこを走っているのかわからない状態。

自分の現在地把握をする方法は、途中で停車するPAやSAでバスから降りて確認する以外の方法はありません。(スマホの位置情報をオンにしておく、という手段はありますが…)

アバター画像
車内はすでに先の停留所から乗車してきているお客さんがたくさんいます。車内の写真を撮影することもマナーとして控えた方がベターです。

安心の休憩!PA・SAの停車ペースは2時間に1回!!

長距離移動です。トイレに行きたくなったり、座りっぱなしで腰が痛くなることもあるでしょう。外に出てリフレッシュしたくなることもあります。

高速バスの休憩ペースは2時間に1回。

今回の長距離では、東京駅を出発してから

  • 中井PA(神奈川県足柄上郡)
  • 遠州豊田PA(静岡県磐田市)
  • 大阪と名古屋の間にあるSA(名前忘れた)

の3箇所に停車。休憩時間は各々15分あるので安心です。

(ちなみに基本PAなのでコンビニくらいしかありません)

アバター画像
ぼくは停車するごとに位置把握したかったので毎回外に出ましたが、車内にずっといても問題ないです!ただ、停車するたびに毎回車内の照明はつきます

大阪、梅田に到着!!深夜バス降車後は…お風呂へ!!

23:30に東京を出発してからおよそ7時間。6:30ごろに大阪の梅田に到着。

深夜バスの長旅。はじめての経験でしたが、格安便でも座席のストレスはそんなに大きくなかったです。

自分で解決できないストレスを強いて挙げるなら、足が伸ばせないことくらいですね。

シートも格安だからってすごく固いわけではないし、リクライニングもできるのでストレスは小さいですね。

到着後は、お風呂へ。

深夜バスの停留所から徒歩10分ほどの地域に早朝から入れる施設があったので行ってきました。

アバター画像
大阪駅、梅田駅周辺でおすすめの早朝から入れるスパはこちら!到着後と翌日の朝で実際に2箇所利用してみましたが、どちらも最高でした!

関連記事:【夜行バス利用者必見!】『早朝のお風呂』はココで決まり!大阪梅田の朝から入れるお風呂2店舗紹介!!

アバター画像
到着直後は、深夜バスでなんだかんだ疲れていると思うので、現地到着後は入浴施設でリフレッシュしましょ!

【終わりに】高速バスに乗るなら『深夜』がおすすめ!最重要アイテムは…これ!



最後にまとめましょう。高速バスに乗るなら深夜バスがおすすめです。

深夜バスがおすすめの理由は、

  • バスの中ではできることが限られる
  • 翌日の朝からフルスロットルで行動できる
  • 日帰り旅行でも時間いっぱい楽しめる
  • 安心の低料金でコスト削減

ってところですね。

高速バスの車内ではできることが限られています。パソコンの充電もできません。

パソコンが広げられない以上、日中の便に乗って7時間揺られるって何をすればいいのか…。寝るっていう選択肢ももったいない…

アバター画像
この記事は、大阪から新宿への帰省便がくる前に書いてますが、もし日中便に乗ってたら、この記事は新宿到着以降になるわけです。もう、たぶん翌日ですねきっと。

日中の時間を有効活用し、深夜高速バスの中で睡眠をとる。すると翌日新宿到着以降もフルスロットルで活動できるというわけです。

時間のことを気にするなら新幹線という手段が一番早いですが、『新横浜↔︎新大阪』往復でかかる費用は28000円。結構な額ですよね?

アバター画像
今回、深夜バスでかかった費用は往復で6200円!新幹線利用と比べると22000円ほどのコストカット!その分飲み代に使えます!

気づいたら湯水のように消えてました。それだけ楽しい1日を過ごしました!

アバター画像
最後に、高速バスに乗るなら絶対に用意しておいた方が良いアイテムを紹介するよ!

出発前に教えてもらったアイテムですが、これは絶対あったほうが良いです。

とりあえずの措置としてブランケットを首回りに巻いてしのぎましたが、事前に準備できるならしておいた方がいいですね。首回りの疲れなさが圧倒的です。

アバター画像
以上、高速バスレポートでした。高速バスを使って快適な旅行を楽しんでください!
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする