【独自ドメイン〜SSL設定】IT素人によるIT素人のためのブロガーのWordPress設定!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

先日、こんな記事を真夜中(早朝?)に投下しました。

関連記事:「素人こそ『独自ドメイン』と『SSL化』はすぐにやれ!」10ヶ月で350記事書いたIT素人が断言する理由とは?

独自ドメイン移行とサイトSSL化によって膨大に増えた作業に忙殺されて記事更新ができなくなった弊害で、ほぼ愚痴記事になってしまいましたね…。

アバター画像
SSL化って思った以上にストレスが…こんなにめんどくさかったのか…

今回は、IT素人のぼくが行った『独自ドメイン設定〜サイトSSL化』の道のりを紹介します。

IT素人の、IT素人による、IT素人のための記事です。

どこの記事よりもIT素人の奮闘が伝わる記事です。

(IT素人でない人にとっては、かなり効率が悪い内容なので、笑い飛ばしながら読んでください)

この記事は

で構成されている内容です。必要なところからお読みください。

他のサーバーや独自ドメインを使用している方は、ごめんなさい。

MixHostサーバーを使った独自ドメイン設定とSSL化に関してはこちらの記事をご参照ください。

関連記事:【mixhost】IT素人が教える!『独自ドメイン〜SSL設定』どこよりも優しい素人のための設定方法!


【プロローグ】「独自ドメイン?SSL化?なにそれ?」というIT素人少年へ

IT素人にとって

  • 独自ドメイン
  • サイトSSL化

と急に言われても

独自ドメイン?サイトSSL化?なにそれ?
アバター画像

って感じですよね。独自ドメインはまだしも「SSL化って何?」って感じ。

独自ドメインって?

ドメインとは、あなたのお家です。

  • 独自ドメイン:一軒家や分譲マンション
  • 無料ドメイン:賃貸マンション

ってイメージ。

アメブロ・はてなブログの無料ブログでそのまま開設すると

  • https://ameblo.jp/lim-lifecreate/
  • http://lim-lifecreate.hatenablog.com/

みたいに表示されます。この赤字の部分が『賃貸』の証明です。

独自ドメインは

  • https://lim-lifecreate.com/

のように赤字はありません。あなたの持ち家です。

賃貸物件だと行動は制限されます。勝手にリフォームとかできません。

持ち家だと自分の裁量で自由に行動できます。好き勝手やれます。だから素人には難しい。

簡単に言うとそんな感じです。

サイトSSL化とは?

SSL化っていうのは

アバター画像
この保護されてますよ!安全ですよ!情報漏れませんよ!

っていう設定をすることです。

サイトのURLに『鍵マーク』がついてるサイト、見たことありますか?TwitterもLINEも『鍵マーク』ついてます。安全だという合図です。

これがないと「情報が漏れてしまう恐れがありますよ!」という警告。

詳しく知りたい方は、ぼくの敬愛すべきリクさんが

って言ってくれてるのでぜひ読んでみてください。ぼくもリクさんの記事を読んで初めて知ったIT素人です。



【第1章】独自ドメインの購入・設定

まずは独自ドメインを取得しましょう。

ロリポップ!』レンタルサーバーでWordPressをしていることが前提です。ぼくがそうなので。

独自ドメインはムームードメインで取得しました。お名前.comとかも有名ですが、ロリポップ!ムームードメイは同じ会社が運営しているのでIT素人にとっては設定が一番簡単です。

取得は簡単。ムームードメインのサイトに行って

  1. 『ドメインを検索する』のところに自分の好きな文字列を入力
  2. 『.com』とか『.jp』を選択する
  3. 『カートに追加』して購入する

これだけ。

この画像は『取得できません』ってなってますが『カートに入れる』と表示されていれば購入可能です。

どうやら格式があるようですが、IT素人にとってはよくわからないと思うので、ここは一般的な『.com』で購入しました。

Amazonなどを利用したことがある人なら簡単です。個人情報を入力して支払い方法を設定するだけです。

個人情報を入力すると内容確認の画面に繋がります。あとは購入するだけです。

ここまではIT素人でも問題ないですね。

【第2章】独自ドメインの基本設定

独自ドメインを取得したら、ムームードメインのコントロールパネル(コンパネ)内にある『ドメイン管理』でドメインの設定をします。

まずはドメインの取得。クレジット決済ならすぐに取得が可能です。

そしてムームーDNSを選択します。

DNS(何の略かは知りません)のセットアップをします。『利用する』を選択し、

ロリポップを選ぶだけです。

ネームサーバー設定の指示通りに設定したら…

完了です。

取得済みに切り替わります。

ここではDNSでロリポップを選ぶっていうのがIT素人の壁です。「本当にこれでいいの?」って不安になるポイントはここだけ。



【第3章】独自ドメインのSSL化(独自SSL証明書取得)

続いてサイトSSL化のための『独自SSL証明書』を手に入れましょう。

今度はロリポップ!の管理画面に移行します。

独自SSLを取得する前に

独自ドメインの設定をしましょう。

『独自ドメイン設定』を選択し取得したURLを入力します。これだけです。

こんな感じで。

独自ドメインの設定が終わったら独自SSL証明書です。

無料の独自SSLで登録します。

登録した独自ドメインが出てきていると思うので選択すると

設定作業中になります。作業が終了したら設定完了です。

『SSL保護有効』と表示されます。

サイトSSL化が完了すると、URLの横に『保護された通信』と出るようになります。

【第4章】独自ドメイン(SSL化済)のサイト登録

ここからはWordPressの管理画面に移行します。

SSL化された独自ドメインをWordPressにぶち込みましょう。

まず独自ドメインの入力から。

サイドバーにある『設定』から『一般』に移行して

  • http://ドメイン.com

を入力します。

まだhttps://は入力しません。SSL化されてないドメインです。ぼくは、ここでhttp://のドメインを入力して、管理画面に入れなくなりました。

焦りました。

管理画面にログインできなくなった場合の対処法は

  1. ロリポップの管理画面にログイン
  2. WEBツールのデータベースを開く
  3. サーバー・ユーザー名・パスワード・を確認
  4. phpMyAdminを開く
  5. 『wp_options』を開く
  6. 『siteurl』と『home』というのがあるので、ここに元のドメインを入力する

参照元:ロリポップの初期ドメインで運用しているWordPressを独自メインに変更する方法

この手順で復旧できます。ですがログインできなくなった時のテンションの下がり具合は復旧できません。

間違えないように、ね。

続いて『Really Simple SSL』というプラグインを使用します。

ネットで調べると『WordPress HTTPS』というのも出てくるのですが、プラグインで検索しても一発で出てきません。

諦めて、おとなしくこっちを使いましょう。

プラグインを入れて有効化します。

これで、先ほど設定の『一般』で入力した独自ドメインが『https://』に変わっていれば設定完了です。同一ドメインの『http://』URLは勝手に『https://』にリダイレクトされます。



【第5章】プラグインを使わない前URLリダイレクト方法

これでサイトのSSL化は終了です。

が、ぼくたちが行いたいのは

同一ドメインの『http://→https://』へのリダイレクト

ではなく、

『前URLサイト→新URLサイト』へのリダイレクト

ですね。

そうなると、リダイレクトをしてくれるプラグインを探すわけです。

で、検索で出てくるのが

『Redirection(リダイレクション)』というプラグインです。

ですがこのプラグインはうまく動作してくれません。むしろ動作しているのかどうかすらIT素人にはわかりません。

四苦八苦した結果、

# ここから
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example\.lolipop\.jp [NC]
RewriteRule ^(.*) http://example.com/$1 [R=301,L]
# ここまでを追記

参照元:ロリポップの初期ドメインで運用しているWordPressを独自メインに変更する方法

これをロリポップ管理画面のWEBツール内『ロリポップ!FTP』にある『.htaccees』の先頭にコピペしました。

  • 赤字の部分:前ドメイン(ぼくだとlife-is-music\.candypop\.jp)
  • 青字の部分:新ドメイン(ぼくだとhttps://lim-lifecreate.com)

と修正してからコピペです。

これで前URLからのリダイレクト設定完了です。

ここまでで『独自ドメイン設定〜SSL化設定』の流れは終了です。

【第6章】記事内URLリンク・画像リンクの修正

ここからがIT素人にはつらい時間ですね。記事内のURLリンクと画像リンクの修正です。

リダイレクト設定はできているので、記事内のURLリンクは修正しなくてもページには移行できます。

でもさ、サーチコンソールさんが

180日はリダイレクト期間として設定するけど、そのあとは知らないからちゃんと直してね!
アバター画像

っていう表示を出してきたからさ。変えないと…ね。

画像に関しても正常に表示されていないものは修正が必要。

といっても僕の場合はテキストで『https://lim-lifecreate.com』の部分を『https://lim-lifecreste.com』に修正するだけでいいんだけどね。

(ただ、量が膨大なんだよ…)

ってことで、文字を一気に置換してくれるプラグインを探すと、

  • Search Regex
  • Search and Replace

っていうのが出てきます。が…

『Search Regex』は途中まで動作しますが、置換しようとするとエラーになります。

『Search and Replace』は入力後、何が置換されるのかわからないまま動作しようとします。

さすがにIT素人はビビって足を踏み込めません。

置換プラグインは書き換えちゃいけないものも書き換える可能性があるから気をつけて!
アバター画像
サイトが正常に表示されなくなる可能性がありますが自己責任です
アバター画像

ってネット上でも書かれてるし、さすがにムリでしょ?

ってことで、IT素人の最短ルートは『手作業』です。長く険しい道のりです。

詳しくはこちらを。発狂できるレベル。

関連記事:「素人こそ『独自ドメイン』と『SSL化』はすぐにやれ!」10ヶ月で350記事書いたIT素人が断言する理由とは?

本当に、記事が少ない状態もしくはブログ開始と同時に導入したほうがいいよ?



【エピローグ】サーチコンソールのURL変更・その他登録サイトのURL変更も忘れずに!

ということで、IT素人でもわかる必要最低限の攻略ルートでした。

この記事はまったくIT系に精通してないぼくのような素人がなんとかして独自ドメインを取得して、SSL化に漕ぎ付けるっていう内容でお送りしました。

IT系に精通している方は、もっと最短ルートを知っていると思うので…。

あとサーチコンソールとASPのサイト情報更新は忘れないようにね。

  • A8.net:サイト登録情報更新で一瞬
  • Amazonアソシエイト:ヘルプ欄から問い合わせメッセージが必須
  • afb:サイト登録情報更新で承認待ちになる

って感じです。

それでは、頑張ってください。

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする