「願い事ひとつ叶うなら…」演劇革命企画の舞台『爆走セレナーデ』にみえた人間の生き様。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

植田真梨恵さんのファン。そして『一流の女優』になるべく自分の決めた道を突き進む。

前向きな笑顔と元気さでまわりの人たちを幸せにする特殊能力を持つ、『\溢れる笑顔は天使の微笑み👼ガラスのハートの持ち主💘葉山なつみです!/』のキャッチフレーズでおなじみのみかんちゃんが出演する舞台『爆走セレナーデ』を観てきました!

観劇って、実は初めての経験。

映画・ドラマといったブラウン管や銀幕を通して伝わってくる役者さんやスタッフさんの想いとはまた違う。

役者さんの感情がダイレクトに響いてくる舞台。一気に引き込まれる。なんとも言えない体験をしてきました。しかも一番前の席。役者さんとの距離ゼロ距離。(ちょっと言いすぎた)

舞台を観て感じたことがあるので、今日はその内容に関して書き綴ろうかと思います。

『自分にとって大切なことは…?』変わる世界・変わらない想い

今回、観劇してきた『爆走セレナーデ』のメッセージとは?

ぼくが感じたのは、変わる世界・変わらない想い というメッセージでした。世界は常に変化し続けているし、ぼくたちだって歳を重ねるごとに考え方も変わる。学校や仕事、環境によって関わる人が変われば価値観も変化していきます。

『爆走セレナーデ』の登場人物も生きていく環境は若い時に比べて大きく変化してて。

結婚して子どもが生まれてたり、テキ屋の仕事をしてたり、ラーメン屋をやってたり…。ずっと同じ場所にいて、ずっと同じ環境で生きていくなんていうのは、きっと物理的にムリなんでしょうね。

かくいうぼくだって、これまでたくさんの変化をしてきました

  • 小学校入学
  • 中学校入学
  • 高校入学
  • 大学入学
  • 就職
  • 転職
  • 退職
  • 恋愛
  • 失恋

などなど、数え切れない環境の変化を体験しています。『環境』は世界の流れや時間の流れとともに変化するのが常です。

世界は常に変わっていきます。

その中でも変わらない想い。

どれだけ時間が過ぎようとも、どれだけ環境が変わろうとも、どれだけ価値観が変わろうとも、

変わらない想い。

この『変わっていく・変わらない』という相反する想いが舞台上で役者さんを通して交錯する。

なんでしょうね。目の前にぐっと引き込まれていきます。

自分にとって大切なことは?

日々、変わり続ける生活の中で『変わってはいけないものって何?』っていう言葉が、舞台を観ている時に頭の中にぐるぐるまわってました。

変わらないとこがあって嬉しくなるのは 変わりつづけるから

続いて。真梨恵さんのスペクタクルの歌詞から切り込んでみます。

舞台を観ていて思ったこと。『大切なつながりは何年経っても色あせたりしない』っていうこと。

これってきっと、めまぐるしく変化する日常を生きているからこそ、感じられることなんだよなって。

最近、ぼくは自分から新しい世界に飛び込んでいってるんですね。いままでの人生からじゃ想像できないくらい。知らない人たちと一緒にどこかに行くなんて、今までじゃ考えられなかった行動力。大きな変化です本当に。すごく楽しい。

新しい世界に飛び込むと、新しい人たちとの出会いがあって、新しい人たちの感性に触れて、新しい発想が生まれたりするんですね。それをですね、いままでの世界に持ち帰ると『いままでのつながり』への視点も変化してるんですよね。

なんて言えばいいのかな。『変わらない世界』のありがたさを全身で感じられるっていうか。

変わらないとこがあって 嬉しくなるのは 変わりつづけるから

ってこういうことなのかな?舞台上からもそんな感じの感情が伝わってきました。過去と現在の交錯っていうのかな?

うん、懐かしさと新鮮さと。

『願い事ひとつ叶うなら あの頃に戻りたい』渡良瀬橋に想いを馳せる物語

物語のキーとなるフレーズ。

森高千里さんの曲ですね。渡良瀬橋。松浦亜弥さんもカバーしてましたね。

この曲の『願い事ひとつ叶うなら あの頃に戻りたい』っていうワンフレーズが舞台の物語の大事なポイントになってるんですけどね。

今があるから過去に想いを馳せることができる。

うん、さっきからずっと同じこと言ってますね(笑)

この物語。『爆走セレナーデ』に出てくる登場人物たちって、たぶんですけど過去に戻っても同じ人生を歩むんじゃないかって思うんですよね。ぼくの見解ですけどね。

きっと、いろんな後悔とか繰り返して、なんだかんだ同じ人生を歩んで同じ着地点。

それでいいんじゃないかって思います。

前にお話ししましたが、ぼくもきっと過去に戻っても同じいまに戻ってくると思う。だから過去が懐かしく思えるし過去のつながりが心地いい場所だったりする。

自分自身を形作る要素っていうのは、自分で選択してきた道のりにしかないわけで。その道をきっと選択するんですよ。どんなに過去に戻ったとしても。

それでいいんだと思います。

「あの頃に戻りたい。でも戻らなくていい」

過去に戻りたいって思う気持ちはすごく大事。それだけ充実した人生を生きてきたってことだからね。

舞台『爆走セレナーデ』は8/9まで!

ということで、自分の思ったことをつらつらと書き綴ってきました。

舞台『爆走セレナーデ』は8/9までです。まだギリギリ間に合いますね!

舞台上の役者さんとかなり近い距離まで接近できる舞台です。そして、昔の自分を振り返るいいきっかけをもらえる舞台です。

個人的には

  • 30代
  • いまの人生にモヤモヤしてる
  • 過去を思い出しては感傷に浸る時間が増えた

っていう人に観てもらいたいな。なんて思ってます。

舞台のお知らせはこちらの関連記事からどうぞ!

関連記事:【PR】この夏おすすめの舞台『爆走セレナーデ』。甘く切ない男たちの前夜、覗いてみない?

【最後に…】舞台前後のプチ植田会も楽しかったです!

今回の舞台『爆走セレナーデ』は植田真梨恵さんつながりのなつみさん出演ということで、真梨恵さんつながりの人たちと一緒に観に行きました。

なつみさんの明るいイメージを反映しているひまわりの花も喜んでもらえて嬉しかったです!

舞台前後で『プチ植田会』も開催され、とても楽しい時間を過ごすことができました!

このつながりから、9月にはエナさんというアーティストのライブにも参加することになったし、また新しい世界の扉を開くことができました!

年齢も育った場所も違う人たちが同じ『好きなこと』でつながって世界が広がっていくのって素敵ですね!

みなさん、またリリイベでお会いしましょう!!

そうだ!とても嬉しいメッセージもいただきました!!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする