【新宿ReNY】植田真梨恵さんのライブに参加!初参加『植田会』の飲み会も超絶楽しかった話!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

※アイキャッチ画像のリンクは公式サイトにつながります(他の画像はAmazonに繋がります)

植田真梨恵さんの本格的なライブへのはじめての参加です。はじめて参加したリリースイベントから9ヶ月、紆余曲折を経てやっと参加することができました。

いまだに興奮から醒めません。

7/12(水)は『ものすごく充実した長い1日を過ごした』ことは改めて言うまでもないくらい濃い1日となりました。でも改めて言うんですけどね。(じゃないとね、ここで話が終わっちゃうからね)

※この記事長いよ!(5500字くらいあるよ)

「あっ、チケット忘れた」から始まる素敵な1日。

ということで、7/12(水)は植田真梨恵さんのライブ参加の日です。この日を心待ちにしてました。もうね、ワクワク感がとまらないよ?

しかも!19:45開演(19:45開場)の2マンライブの前に、パティオ広場でフリーライブが行われるっていう至れり尽くせりの1日です。真梨恵さんのフリーライブ登場は18:35頃とのこと。

これは…とりあえず新宿に行って、近くのカフェかどこかに入って時間まで作業してるのがベストだな。

で、周辺を探してみると、都庁前にタリーズがあるみたいなので、タリーズに14時過ぎに入って、作業してから行けばいいか!ってことで新宿に向けて出発。

しかし、最寄りの駅に着いた時に重大な失敗をしていることに気づきました。

ライブチケット家に忘れた取りに帰らなきゃ。

1往復半合計45分のウォーキング終了。これはね、もうね、汗だくだよ?

しょうがないので、『夏ハイ』で当たったジムビームハイボールをコンビニで引き換えて、飲むことにしました。

「ここ、どこ?」新宿の迷宮感といったらもう…

ジムビームハイボールも入れて、良い感じに体が出来上がったので、電車に乗って新宿を目指しましょう。新宿までは電車1本でつくので楽チンですね。うん、楽チン。乗ってるだけで着いちゃう。ありがとう電車!

問題はね、新宿っていう迷宮なんだよ。

改札出たら、とりあえず都庁方面に歩き出したけど、炎天下の中歩き続けるのってなかなかね。

なんとか都庁に着いたら今度はタリーズを探さなきゃいけないわけだけど、タリーズの場所がわからない。もうね、勘だよ、勘。全身のオーラを頭から目に集中させてまわりを見渡す。『凝』の状態を維持して見つけ出してやろうと画策したけど、ぼくはまだ念能力を使えなかった。

200階クラスの洗礼って、これか?ギドか?

「こんにちは…!」パティオ広場にて…ライブ参加者と合流!

で、タリーズ探して彷徨ってたら、なんか会場付近まで来ちゃったよね。西新宿って書いてあるよね。もう、これ行っちゃった方が早いよね。

ってことで、新宿ReNYの場所を検索したら『アイランドホール』って出てきて、「ん?」ってなったよね。だって目の前に『アイランドタワー』って書かれてる案内があるからさ。とりあえず入って新宿ReNYの場所とパティオ広場の場所を把握しておこうと思ったんだけど、全然見つからないよね、ReNY。(あとで気づいたけど、アイランドタワーって書かれてるの発見した左側にあった。だから気づくわけない)

とりあえず建物内を彷徨って、パティオ広場もわからないし。どうしようもないのでサンマルク見つけたから入って、コーヒー持ち帰りで目の前の広場のテーブルでパソコンを広げることに。

うん、ここがパティオ広場だったよね。驚きだよね。諦めたら見つかるって、人生ってそういうもんだよね。

っていても確信は持てなかったから、「とりあえず動かないでじっとしてよう。人が増えてくればなんとかなるだろう」って、広場のテーブルに座って『円』を広げてまわりの動向を探ることに。そしてツイート。誰か見つけてくれ!

「こんにちは〜りむさんですよね?」

…えっ?あ、はい。(このパターン多いな。見つけれくれって願ってた割には警戒する。

「広場にいるってツイートしてたので、もしかしたらと思って!」

そうだった、ぼくは念能力が使えないんだった。『円』張れるわけなかった。ウイングさん、なんで教えてくれなかったんですか?

ということで、すでに会場付近にいたライブ参加者のおふたり(名前は伏せますね!)と合流。

…実は心強かったです!(本当はひとりで不安だったからね…)

「えっマジで!?」不意打ちのリハーサル開始!

それから、3人で話をしていたら…。

ん?ステージに誰か出てきたんだけど?…え?うそ!?マジで!?

不意打ちのリハーサルがスタート。そのときのおふたりの最前列への移動スピードの速さ。完全に出遅れました、ぼく。

そうか、ふたりは神速(カンムル)使えたのか。だから速かったのか。ウイングさん…。

しょうがない。ぼくは調理師ライセンスと中型自動車・普通自動二輪ライセンスは持ってるけど、ハンターライセンスは持ってないから。

ってことで、不意打ちのリハーサルに参加です。リハーサルの時点で圧倒的存在感に侵食されて、セットリストをまったく覚えてません。フォロワーさん(名前は伏せますね)情報を借用すると

  1. 夏の日
  2. 夢のパレード
  3. クリア
  4. 飛び込め
  5. ハイリゲンシュタットの遺書
  6. スペクタクル

だったようです。飛び込めは覚えてたんだけどな。リハの時点で出し惜しみなく歌ってくれる真梨恵さん、マジすげぇ。これ、リハですからね?さらっと出てきて、音響とかの確認と声の状況把握するだけのリハですからね。リハなのに全力だし、リハなのにたくさん歌ってくれるし、リハなのにリクエストにも応えてくれる。

真梨恵さん、あなたは女神ですか?

「一杯ひっかけますかっ!」フリーライブは最前列で…!

不意打ちのリハーサルも終わり、あとはフリーライブを待つだけ。

といっても、フリーライブまで2時間近くあります。どうしたものか。ここパティオ広場は野外。日が沈み始めた夕方といっても、夏の夕方は長い。暑い。気持ち良い風が流れ始めてはきているものの、暑いものは暑い。

夏。野外。暑い。

三拍子揃ったときは、そうですね。ビールですよね。

ということで、缶ビール500ml(キリン一番搾り)片手に乾杯!あっ、この記事書いてて思い出した。ビールのお金払ってないや。埼玉リリイベのときにビールで返しますね!

なんて、一杯ひっかけながらフリーライブ開始まで楽しい時間を過ごしました。最高だよ新宿。ありがとう新宿。ありがとう東京。ありがとう太陽。

そして肝心のフリーライブはというと、

  1. アリス
  2. 夏の日
  3. 夢のパレード
  4. FRIDAY
  5. 心と体

を披露してくれました。全部で5曲も。

ん?よくセトリ覚えてたねって?

うん、覚えてなかったから、セトリ情報借用してきたけど?もうね、圧倒されちゃってね。雰囲気は覚えてるけど、何を歌ってたかなんて覚えてない。感覚がそこに存在した。ただそれだけだよ?

あっとね、でもアリスから始まったのは覚えてるよ。アリス好きだから。

なによりもね、心と体だよね。あの力強さ。新宿界隈すべてに響いてたんじゃないかな?通行人も足を止めてたんじゃないかな?

えっ、そのときのぼく?うん、ステージに釘付けで動けなかったよ?

そうそう、このツイート。フリーライブも本番も、どっちも写ってた。

えっ?どれかって?

これ、フリーライブね。

本番は

後ろ姿だけね。こういうの地味にテンションあがるよね。

「アツい夜を過ごそう!」新宿ReNYライブ本番もステージが近い!!

フリーライブ終了とともに、そそくさとライブ会場となるライブハウス『新宿ReNY』へ。このときはまだ場所がわからなかったので、他の人について行きました。入学式後にはじめて行った大学の場所がわからなかったときに身につけた必殺技です。

連れて行ってもらってはじめて「あっ、ここはじめにきたとき通った場所だ」と気づきました。

うん、あるよね?そういうことって。

ぼくのチケットはBの5番台だったので、入場までは時間がかかります。ってことはあまり席はよくないよね。かなり距離あるんだろうねきっと。

と思ったら、前から4列目くらいのいい場所座れました神かよ。(氷室京介のラストギグスは豆粒にしか見えなかったぜ?)

ライブはラズワルドピアノ編成。ごめんね、実は知ったかぶったけど、ラズワルドピアノ編成ってよく知らなかったんだよね。「あぁ、この編成をラズワルドピアノ編成って言うのね」っていうレベルです。でも、もう覚えたよ!

ライブのセトリは、

  1. わかんないのはいやだ
  2. ふれたら消えてしまう
  3. REVOLVER
  4. hanamoge
  5. 朝焼けの番人
  6. 未完成品(スケッチー)
  7. センチメンタリズム
  8. スペクタクル
  9. EN:サファイヤ!

って、フリーライブと同じ曲がひとつもない!すごいよ、すごすぎるよ。両方参加したら全部で13曲も聞けちゃうよ。なんならリハ含めると17曲も聞けちゃってるよ。17曲ってワンマンフルライブの曲数と変わらないよ?最強のパワースポットかよココ。

やっぱりね、何度聞いてもね、スペクタクルはね、グッとくるね。

今回のライブのハイライトは、

  • センチメンタリズムのイントロキーミスってやり直し
  • 西村広文さんのMC(あと生で観るとさらに身悶えるキーボード)
  • オーディエンスのリクエストによって決まったアンコール

かな?「アンコール準備してなかったよ!何やる?」ってオーディエンスに委ねられるっていう、はじめての体験。なんだ、このオーディエンス参加型のライブは。

嬉しくて、嬉しくて、言葉に、でき、な、い。

REVOLVERも生で初披露だったね!

「優しいお姉さんみたいな人だな…!」真梨恵さんにファーストコンタクト!!

ライブ後、REVOLVERのCDを予約してステッカーを手に入れて、サイン会へ。

実はもともとサイン会に参加することは考えてなかったんだけど「サイン会のときに何話そう?」っていう会話を聞いてたら、

「これ、今日逃しちゃいけないんじゃないか?」

って思って。あたかも『はじめから参加するつもりできました』ってテンションに切り替えました。フリーライブ前にサイン会の話がでなかったら、参加してなかったかも。ありがとう、みなさん!

真梨恵さんに伝えた内容は関連記事で!(この記事、赤裸々はずかし系なんだよね…おふざけ要素ゼロ真面目一筋記事なので、気になる人だけ!)

関連記事:【7/12新宿ReNY】仕事を辞めて独立したきっかけ。『ぼくに道を示してくれた』のは植田真梨恵さんだった。

はじめて直接お話ししました。めっちゃ緊張して、支離滅裂な言葉になっちゃったよ。真梨恵さん、めっちゃ優しいお姉さんで、ちゃんと話聞いてくれた(ような気がしてる)!

こんなお姉ちゃんが欲しいって本気で思ったね。ぼくのほうが年上なんだけどね、残念なことに。ただ、個人事業主として真梨恵さんの方がパイセンだし、そこはいいってことにしておこうか。

『遠くて、でも近い存在』っていうよくわからない感想だよ。(大丈夫、一線は越えないよ?)

「まだまだ1日は終わらない!」植田会に初参加!!

ライブ終了、サイン会後もまだまだ1日は終わらない!

ライブも初参加、サイン会も初参加なら、『植田会』も初参加。深夜の部は『植田会』に参加して、ファンのみなさんとアツい夜を過ごしてきました。

みなさん、暖かい。サプライズパーティーで誕生日の人を祝ったり、初参加でも気さくに接してくれて受け入れてくれたり。朝まで(夕方まで?)無尽蔵に動き回ったり。

トップギアのまま走り抜けていくその様は、さながら歌っているときの真梨恵さんのようでした。

新参者の得体の知れないぼくを受け入れてくれるその様は、さながら話しているときの真梨恵さんのようでした。

植田会のみなさん、貴重で楽しい時間をありがとうございました。最高に楽しかったです。きっと1年前のぼくだったら参加に踏み切れなかったと思うんですよ。『人見知り公言』してたしATフィールド全開だったし、碇シンジくんが「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ逃げちゃ…」っていくら言おうとも、逃げるからね。

総勢20名で22時以降にはじまった集い。朝8時を迎えたときは15名。3次会まで楽しすぎました!

「朝日を浴びながら…」最高の1日が終了!!

3次会まで楽しく参加させてもらいました。朝日が気持ちいい。

朝9時頃の電車に乗り、都内に出社してくる人たちの流れに逆走し、家路に着いたのが10時すぎ。もうね、興奮醒めやらぬままシャワー浴びて寝ましたよ。

起きてTwitterみたら5次会までやってたみたいで、そのアクティブさに

「ぼくもまだまだ突き抜けていかなきゃな」

って勇気をもらったのは内緒の話。

  1. 真梨恵さんに出会って
  2. 真梨恵さんにドハマリして
  3. 真梨恵さん界隈の人とTwitterで繋がって
  4. ひとりライブチケットを手に入れて(ライブにひとりで行くっていうのも初体験)
  5. 植田会への参加を表明して
  6. ひとりライブチケットを握りしめて
  7. 植田会の人たちと出会って
  8. ライブに参加して
  9. サイン会まで参加して
  10. 飲み会参加して

っていままでのぼくを知ってる人だったら

「うそだろ?そんなんじゃなかったじゃん」

って言っちゃうレベルの行動なんだよね、コレ。変わったなぁ、自分。

みなさん、本当にありがとうございました!!

一歩踏み出せば、新しい出会いはそこにあって、その出会いが次に繋がってくんだって、ね。リリイベとUTAUTAUでみなさんと会えるのが楽しみですすでにいまから。

変わらないとこがあって 嬉しくなるのは

変わり続けるから

植田真梨恵 スペクタクル

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする