【勤務開始!】必ず確認!『出勤日シフト』はどうやって確認するの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ここまで仕事を開始する前に確認することをお話してきました。

関連記事:【リゾートバイトまとめ】初めてのリゾートバイト。その前に確認しておきたい大事なことまとめ!

準備も行い、周辺の調査確認も終了。派遣先の実情も聞いたところで、次は『実際、いつ・どれだけ・どのように』働くのか?

シフト表の確認の仕方について聞いてみましょう。

事前の打ち合わせでは、「シフト表に勤務日と休日を書いている」と説明してくれても、いざ働き始めると、シフト表の見方を教えてくれなくて困ってしまう…なんていうケースが多々あります。

相手は「わかるだろう」と思ってますからね。でも、ぼくたちはずっと派遣先にいるわけではないし、わかんないですからね。そんな『あたり前だよ』みたいなこと言われてもね。

勤務当日に必ず確認しておきましょう。じゃないと説明してくれません。



確認その1:シフト表はどこにあるの?

勤務初日。シフト表の場所は必ず確認しましょう。

これ、確認しておかないとあとで面倒なことになる可能性があります。

  • 出勤日と休日がわからない
  • 出勤日だと思っていたら休みになっていた
  • 休みだと思っていたら出勤日だった

なんてことになりかねません。

ぼくは、勤務4日目ではじめてシフト表の存在を確認しました。

「明日、出勤の予定だったんだけど、お客さんが少ないから休みでいい?」

と聞かれ、はじめてそこで

「ぼくの出勤日と休みってどこで確認すればいいんですか?」

と聞く始末。社会不適合感が満載ですね。4日目まで何も確認せず働いていたわけです。なんで仕事をする上での初歩的なシフト表確認を怠ったかというと、

他に仕事で覚える内容に奔走しすぎて自分を見失ってたからだよっ!!

普通に仕事ができる人は、ちゃんと確認すると思いますが、シフト表の場所は押さえておきましょうね!

確認その2:シフト表の見方は?

続いて、なかなか難しい暗号が立ち並ぶシフト表の見方を確認しましょう。ぼくのような適当な人間は、残念なことにシフト表の場所を教えられたら

「ありがとうございます!確認してきます!」

とすぐにシフト表のところに行ってしまいます。ひとりで。

結果、シフト表に並んでいる暗号が解読できない。シフト表って一目見て誰でも理解できるものじゃなかったっけ?

そういえば、ぼくが飲食店の店長だった時は、1日単位のシフト表に

  • 勤務時間(12:00〜21:00 とか時間で)
  • ポジション(レジ・ホール とか具体的に)
  • 休憩時間(どの時間帯が休憩時間か)

を記載して掲示してました。新人バイトさんには契約書提出の時に目の前でシフト表を書いて見せてました。1日単位のシフト表を作っていたので、結構めんどくさかったです。

教育業界にいた時は、学生講師がいたときは『座席表システム』に登録して出力したものを全体会議で配布し、時間の確認を行っていました。

そもそも、社員は出勤日が決まっているから勤務日の確認が必要なかったんですよね。

その後、学生講師の必要がない部署に移動し、社員だけで仕事をする期間が長かったので、シフトの存在を忘れてました。

シフト表をみると、塗りつぶされていたり三角形だったり…。なんのこっちゃようわからん…。

結局、もう一度確認することに。二度手間でした。

一回でまとめてレクチャー受けてください!

確認その3:タイムカードの使い方は?

みんな、タイムカードの使い方って知ってる?

カードを機械に通すと出社時刻と退社時刻が印字されるカードなんだけど、ぼく今回のリゾバではじめて使いました。

飲食店時代は、

  • 規定の用紙に手書き(転籍前)
  • 指紋認証で登録(転籍後)

でした。指紋認証のタイムカードって近未来的じゃない?

教育業界時代は、

  • タイムカードなし期間(5年くらい)
  • タイムカードシステムに手入力(3年くらい)

って感じでした。基本パソコン。自分で時間を確認して、自分で入力する形式。めんどくさいので1ヶ月分くらいまとめて定時入力。定時で入力したからには、絶対に定時で帰る毎日。って感じでした。

なので、今回のカードを挿入して印字するシステムが初めてすぎて、初日戸惑いました。そして、タイムカードの使い方が良くわからないまま30分くらい仕事してました。30分返せ!!

派遣先のタイムカード打刻システムの確認はちゃんとしておいたほうがいですよ!



確認その4:出勤日はいつ?勤務時間は?

もうね、ここまでいろいろ書いてきたけど、初日の打ち合わせのときに

「向こう1ヶ月の出勤日と勤務時間を教えてください!」

って言って、その場でメモしたほうが得策です。よほどのことがない限り教えてくれるはずです。打ち合わせ場所にシフト表がなければ、そこに移動してメモする時間をくれるはずです。

ぼくは後悔しています。この方法を取らなかったことを…。

それと、勤務日はもちろんのこと、勤務時間帯の確認は必須です!!

ぼくの場合、事前に言われていたのが

  • 休日 月4〜8日
  • 時間 6:30〜10:00 15:00〜22:00の10時間程度
  • 中抜けシフト
  • 収入 17〜20万

でした。

でも実際は、15日現在で、

  • 休日 6日間
  • 時間 15:00〜終了まで(だいたい21:30頃)

です。1日の勤務時間はだいたい6〜7時間ですね。すでに勤務内容との食い違いが発生してますね…。

詳しくは関連記事で紹介しようと思っていますが、はじめに言われた収入は期待できません。残念ながら。

関連記事:リゾバって本当にお金かからないの?実際の収支計算してみたから参考にしてみて!

ただ、ぼくの場合は休みの日にやりたいことがたくさんあるので、むしろ助かってますけどね!

確認その5:シフトが急に変わった場合はどうやって確認するの?

これもはじめの打ち合わせで確認しておいたほうがいいですね。

急なシフトの変更があった場合の確認方法は、

  • 変更を必ず口頭で伝えてくれる
  • シフト表で自分で確認しないといけない

の2通りあります。ぼくの派遣されているリゾバ先は『口頭で確認してくれる』方式をぼくにはしてくれています。

ちなみに、ぼくのここまでの急なシフト変更の例は

  • お客さんが少なくなったから急遽休み(2回)
  • お昼の宴会のお客さんが多いから10:00出社に変更(1回)

でした。2回目の急な休み変更のときに「あれ、ぼくもともと明日休みでしたよね?」と伝えたら実は休みじゃなかったけど休みになったというファンタスティックな現象も飛び出しました。

危ない危ない。危うく無断欠勤するところだった…。

ただ、話を聞く限りでは、

「今日シフト表見たら休みが変わってた。困る」

とか

「何も言われずに急にシフト変えられていた」

なんて話を聞きました。ぼくには言ってくれてるんですけどね。慣れてないからかな?

でも、油断は禁物です。今日まで「明日休みになるけどゴメンね!」とか「明日はお昼の時間に出社してくれない?」って言ってもらえてても、明日からは言ってもらえないかもしれません。

毎日シフト表で自分の勤務管理をすることが大切です。

確認事項のチェックをしたら、いよいよ勤務開始だ!!

ここまできたら、いよいよ実際のリゾバ勤務開始ですね!

  • リゾバには出会いがある
  • 休みの日はリゾートを満喫できる!
  • 普段できない仕事の経験ができる!

リゾバにはいろんな魅惑のキーワードが溢れていますよね!ワクワク。

旅館の仲居という仕事は、実際どんな環境なんでしょう?1日の仕事内容は?誰にでもできるの?

次回はぼくが実際に体験したリゾバの仕事『旅館の仲居』の1日をお伝えします!

関連記事:【仕事レポート:出勤日】『旅館の仲居』の1日は!?仕事って何やるの!?

休日の過ごし方はこちらの関連記事をどうぞ!!

関連記事:【立山黒部アルペンルートまとめ】長野から攻める『扇沢〜室堂往復ルート』まとめ!!

関連記事:日本屈指の高原地帯!!夏は涼しく冬はスノボに最適な『長野県』観光スポットまとめ!!



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする