【リゾバ導入編】はじめてのリゾバで後悔しない!事前に確認したい5つのチェック項目!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「リゾートバイトをしてみたい!」

「沖縄で働きながら、旅行も満喫したい!」

アバター画像
リゾートバイトは、仕事をしながらリゾート観光も楽しめてしまう『一石二鳥』なお仕事です!

ぼくも長野県の大町にある温泉郷で1ヶ月リゾバを経験しましたが、仕事をしながら旅行を楽しめてとても楽しい1ヶ月を過ごすことができました。

はじめてのリゾバ。わからないことがたくさんあると思います。

「わからないことだらけすぎるし、なんか怖いからやめておこう…」

リゾバを検討しても、リゾバの実態が見えないと不安になってしまう。

リゾバ初心者のあなたに、『まずはコレを確認しよう!』というリストを作成しました。

リゾバで仕事も旅行も満喫してください!

『リゾバ経験者からはじめてのあなたへ』あなたのリゾバへの不安を解決します!確認事項はこれだけ!!
はじめてのリゾートバイトを検討しているあなたへ。 旅しながら働くスタイル 見知らぬ土地で芽生える恋心 安心の寮...

【地域・期間・仕事内容】リゾートバイトを検討したら『どこで』『どれくらい』『何をするか』決めよう!

リゾバを検討したら、まずは3つを決めましょう。

  • 地域(北海道・沖縄・長野 など)
  • 期間(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月以上 など)
  • 職種(旅館の仲居・ホテルのフロント・飲食店ホール など)

職種にこだわりがなければ、地域と期間を決めましょう。

はじめてのリゾバは不安が大きいと思います。

はじめてのリゾバで後悔しないためには『1ヶ月』の期間で設定するのがベストです。

『1ヶ月』で契約すれば、「ここでもうちょっと続けたいな」と思ったら契約の延長ができます。

アバター画像
長期間で検討すると、仕事内容が合わなかったときに後悔します。まずは1ヶ月。続けられそうなら契約延長。重要ポイントです。

【リゾバ登録】働きたい地域が決まったら『アルファリゾート』に登録!

地域・期間・職種が決まったら『アルファリゾート』に登録します。

リゾートバイトの探し方は主に2つ。

  • アルファリゾートの登録求人から気になる仕事を探す
  • アルファリゾートの担当者に希望を伝えて探してもらう

登録求人から気になる仕事を見つけて担当者にお願いするのも良いですが、希望を伝えて求人を紹介してもらう方が圧倒的に楽です。

自分の希望に合わない内容なら断ることもできます。いくつか候補を挙げてくれるので、その中から選ぶことができます。

ぼくは、「この中から選んでください」と言われ、はじめに案内された20件ほどの案件をすべてを断ってもう一度探してもらいました。

自分の中で納得のいかない案件だったら受けなくて大丈夫です。

アバター画像
「これでいいかな…」くらいの気持ちで行くと、絶対に後悔します。納得いくまで紹介してもらいましょう。

リゾートバイトを紹介してくれるサイトはアルファリゾート以外にもあります。特に差はないので、あなたの感覚で選んで大丈夫です。

アルファリゾートは求人案件も多く時給も高め。

ぼくはアルファリゾートでリゾバに登録しました。

仮登録はネットからできます。登録の指示に従って入力すれば、

  • メール
  • 担当者からの連絡

が入るので、その指示に従って登録を終了させます。

本登録に関しては、

  • ネットでの履歴書登録
  • 直接事務所に行って登録

の2通りの方法がありますが、ぼくはすべてネットを通して行いました。

アバター画像
担当者の方とは一度も顔を合わせたことはありません。電話とメールでのやりとりだけで終わりました。

【重要】リゾバ登録に遠慮はいらない!あなたの希望は担当者にすべて伝えること!!

アルファリゾートに登録し、担当者と希望の確認をする際の注意点です。

あなたの希望を必ずすべて伝えること。

現地に着いてから「こんなはずじゃなかった…」と後悔したくないですよね?

アバター画像
必ず確認してほしいこと、伝えてほしい要望をリストで紹介します。納得できる案件が紹介されるまで諦めてはいけません!

【地域の確認】希望の地域は?『沖縄・北海道・長野』働きたい地域は譲らない!

リゾートバイトの目的は『働いてお金を稼ぐこと』だけではありません。

お金を稼ぎたいだけなら、あなたの近所で募集している求人を探した方が稼げます。

リゾートバイトの目的は『働いてお金を稼ぎながら、旅行も楽しむ!』です。

あなたが働きたい地域は譲らないこと。

興味のない地域に行ってもストレスがたまるだけなので、希望は強く伝えましょう。

アバター画像
「紹介してくれたし、ここでもいいかな…」と妥協すると、後悔につながります。働きたい地域は妥協しないこと!

【期間の確認】リゾバできる期間は具体的に伝えること!

「できれば長期で続けてほしい」

リゾートバイトの派遣スタッフの人に必ず言われます。

はじめてのリゾバで長期間働くことはおすすめしません

『自分に合わない』と思ってしまったら、その後の仕事がストレスになります。「早く帰りたい…」と思いながら仕事をするならリゾバをしないほうが精神的に良いです。

沖縄だと『6ヶ月以上』とかいう仕事も多いですね。避けましょう。

はじめてのリゾートバイトは『1ヶ月』で探すことをおすすめします。

仕事に慣れてきて『楽しい!』と感じたら契約を延長することもできます。

アバター画像
リゾートバイトは住み込みでの仕事になります。はじめてのリゾバは勝手がわからないことも多いので期間は短めにすることがポイントです。慣れてきてから契約延長を考えましょう!

【仕事内容の確認】旅館の仲居?ホテルのフロント?リゾート地の飲食店?

仕事内容も重要です。

  • 調理スタッフ
  • ホールスタッフ
  • ホテルのフロント
  • 旅館の仲居
  • ナイトワーク

など、職種は様々です。

自身の経験を活かして働くこともできます。未経験の仕事に挑戦することもできます。

ぼくは未経験での『旅館の仲居』を選択。

旅館の仲居さんは女性社会。

女性社会に男性が飛び込むことで得られる経験を求めて応募しました。

旅館の仲居を通して、いままで知らなかった『仲居の常識』を知ることもできました。

『法要の席では着物は紫』とか『食前酒は白か透明なもの』とか。普段の生活では絶対に知ることができない経験です。

仲居さんの仕事のいいところは、礼節を重んじる接客を学べるところです。

アバター画像
ぼくはだらしない性格なので、TPOをわきまえた接客を間近で見ることができる良い経験になりました。

【事前確認】仕事で必要になるものって何?

仕事の服装など事前に確認が必要なものがあります。

自分のスーツやスラックスを持ち込まないといけない職場だったり、制服は用意されているけどサンダルや黒Tシャツが必要という職場もあります。

できる限り自分で揃えるものが少ない仕事を選択することもポイントのひとつです。

アバター画像
ぼくは、ワイシャツやスラックスなどを持ち込まなくていい環境を選びました。それでも黒Tシャツなどは購入したので、お金かかってますが…。

実際に揃えたものに関しては、【事前準備編】で詳しくお話しします。

【寮の設備確認】寮の形態は?WiFi環境は?

「地域・職種だけで選んで、いざ入寮してみたら部屋が汚い…。」

「まさかの相部屋だった…」

事前に確認することは多いです。

寮に関しての確認事項は

  • どれくらいの間取りなのか?
  • 個室かどうか?
  • 洋室か和室か?
  • 部屋にお風呂は付いているか?
  • 部屋に付属されているものは何か?
  • ネット環境はあるか?
  • 食事は?

入寮前に準備しなければいけないものが明確になります。

個室は絶対に譲れません。

相部屋だとひとりの時間がまったく取れない。ストレスがかかります。

アバター画像
WiFi環境も重要です。温泉地はWiMAX圏外の場所が多いです。フリーWiFiの完備は最重要項目です。あと寮内は何もないと思ってください。生活に必要なものは自分で持ち込みます。

給料15万でも家賃・光熱費・食費タダだから実質30万くらいの暮らしができるリゾバは本当におすすめ!

ここまでがリゾバ検討から登録までの一連の流れです。

ぼくが列挙した確認事項の他にも気になることがあれば必ず伝えましょう。

リゾバは

  • 寮費無料
  • 食事無料

です。

家賃・光熱費・食費だけでもひとり暮らしだと15〜20万くらいかかるので、月の給料が15万だとしても30万ほどの暮らしができる環境です。

観光地なので、旅行も楽しめます。

アバター画像
あなたの希望・要望を伝えて、勤務先が決まったら、いよいよ勤務先に向かいます。楽しみですね!

次は内定から勤務開始までに用意しておくべき【事前準備編】です。

【マストアイテム】はじめてのリゾートバイトで絶対に用意しておくべき12アイテムの紹介!
リゾートバイトの派遣先が決まったら…契約開始日までに必ず準備しておいたほうがいいリストを公開します。 リゾートバイトの登録をし...

リゾートバイトを紹介してくれるアルファリゾートの公式サイトはこちらから→リゾートバイトならアルファリゾート!


スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする