本当にエキストラできるの?『エキストラバイト募集!』の裏側にせまる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

芸能界の仕事に興味があるあなたへ。

エキストラバイトって楽しそうですよね!ドラマの撮影現場だったりバラエティ番組に参加したり、普段では味わえない『非日常』の体験ができるバイトです。

エキストラに参加するためには、

  • テレビ局や映画製作で直接応募しているエキストラに応募する
  • エキストラを扱う芸能事務所に登録する

という方法が一般的です。

テレビ局が募集しているエキストラに直接応募する

フジテレビだったら『フジテレビクラブ』というところでエキストラの募集をしています。『TBSもボランティア・エキストラ募集』で募集をしていますね。

かならずエキストラとして参加できる保証はありませんし、ボランティアなので日当・交通費などは支給されませんが、普段できない経験ができるので興味のある方は参加してみると応募してみるのもいいかもしれません。応募しなきゃ参加もできませんからね。

ただ、応募が通れば、確実に参加できます。

エキストラバイト募集の事務所に登録する

こちらに関しては、事務所に登録してエキストラバイトを紹介してもらう方法です。

日当・交通費(交通費は基本的に日当に含まれる)が支給されるケースが多いようです。

エキストラバイトに関しては、こちらの記事でも詳しく書いています。関連記事を読んでみてください。バイトルショットワークスなどで検索すると、エキストラのバイト募集をしている事務所のバイト案内がたくさん出てきますね。結構需要があるようです。

関連記事:芸能界に興味ある?芸能界事情とかエキストラのバイト事情について話を聞いてきたよ!

ただ、エキストラバイトに登録しても、エキストラの案件を必ず紹介してもらえるかというと、毎回確実にというのは難しいですかもしれませんね。世の中、そんなにエキストラの案件がたくさん出まわるって考えにくい…。ボランティアで集めている仕事も多いですからね。

今回は、『事務所登録制のエキストラバイト』に関しての裏側に迫ってみたいと思います。

登録するとエキストラのバイトを紹介してもらえるの?

「エキストラのバイトをしたい…!」

と思って登録した場合、どれくらいの頻度で紹介してもらえるのか、かなり気になりますよね。

前回の記事で、

エキストラのバイトに登録したら、実際に案件がくるのか?

ということで、ぼくも登録してみました。案件くるかなぁ…わくわく。

…。

…………。

………………………。

こない。

エキストラのニーズとマッチしていないというのが一番かもしれませんが、エキストラ案件の紹介はきません。

紹介される案件は『イベント系』の案件ばかりです。あれ?どういうことだ?

芸能界に興味ある?芸能界事情とかエキストラのバイト事情について話を聞いてきたよ!

という内容を書かせていただきました。

実際に紹介を受けてエキストラとして仕事をしている人もいると思います。なので、『絶対に仕事はこない!』とは言い切れません。(仕事がこなかったら『誇大広告』になってしまいますし詐欺になってしまいますからね)

でもね、

紹介案件はやっぱり少ないのかな?

というのが所感。

もしかしたら、ぼくが本気で芸能界を目指していたら違う結果だったのかもしれませんが…。

エキストラよりも、ごく一般的な仕事(イベント系・軽作業系)の紹介が多いのが現実ですね。この状況が、エキストラバイトをしたい人にとって、葛藤をうむ難しい状態なんですよね。ぼくが思うに。

※7/19追記 エキストラのバイト案件増えてきました!

ぼくが登録しているエキストラ事務所ですが、最近になって案件が増えてきました!

もしかしたら『案件が集中する時期』っていうのがあるのかもしれません。

具体的な案件内容は話せませんが、ぼくにきた案件としては

  • 健康食品の広告モデル(女性のみ)
  • 美容液の広告モデル(女性のみ)
  • 某企業のTVCM
  • Amazonプライム放送中の番組の再現VTR
  • 美容系のモデル(女性のみ)
  • 町おこしPR動画(男性のみ)
  • バラエティ番組エキストラ
  • デオドラント系TVCM

などなど、かなりの案件が舞い込んできています(女性のみの案件も一括送信で送られてきちゃうのが玉に瑕ですけどね…)

残念なことに、ぼくは一切案件に申し込んでいませんが、実際にエキストラの案件が来るってことが証明されました!(1案件3000〜7000円が相場です)

夏はエキストラバイトのチャンスかもしれません。興味がある方はぜひ検討してみてください。

エキストラバイトの実情

では、エキストラバイトを斡旋している事務所のエキストラバイトの実情を見ていきましょう。

エキストラバイトに応募する人ってどんな人?

エキストラバイトに応募するひとはどんな人なのか?

  • ちょっと芸能界に興味がある
  • 非日常的な仕事をしたい
  • 芸能人を目指している

あたりですね。まったく興味がないなら、エキストラの仕事に応募はしないですし、

「大好きなドラマのエキストラで出演したい!」

っていう想いがあるなら、バイトではなくボランティアエキストラで直接テレビ局に応募しますからね。『バイト』というカタチでなくてもいいわけです。『バイト』ということは、芸能界の仕事を『仕事』にしたいと考えているわけです。

そうすると、エキストラ派遣のプロダクションを探す人が多くなります。

芸能界の仕事って華やかなイメージがありますから、登録制なら人は集まりやすいですよね。

エキストラバイトはギャラの高い人から紹介するのかな?

先にも書きましたが、実際の案件は少ない。登録者数よりも少ないエキストラの案件が一般人にまわってくる可能性は極めて低いんじゃないかな?っていう所感です。

そうなると、芸能界で仕事ができそうな『光るモノ』を持っている人に案件は集中します。特に秀でたモノを持っていない人には案件はまわってきません。

そりゃそうですよね。

1案件3000〜5000円の一般人エキストラを派遣するよりも、同じ案件で10000〜50000円くらいで派遣できるエキストラの方の方が、事務所に入ってくるマージンも大きい。1案件で10万円とか引っ張ってこれるひとがいるならなおさら。そちらに仕事を紹介するでしょう。

わざわざ一般人を薄利多売状態で送り込む必要なんてないわけです。

ぼくが事務所運営者だったら、こうします。

というか、これってどの仕事でも一緒か。ってことは、やっぱり本気度が高い人に仕事がまわってくるってわけですね!

芸能界を目指している人にとって『単発バイト』は最適!

さっきは『一般的な作業の仕事が多い』と言いましたが、実はメリットも大きいんですよ。芸能界を目指している人にとっては。

特に、イベント系の仕事を単発でできるっていうのは大きなメリットになるんじゃないかな?

うまくいけば『顔』を覚えてもらえる可能性だってあります。可能性は『微レ存』ですが。(懐かしいね、微レ存って)

それに、急なオーディションがあったり、急な仕事が入ってくる場合、フルタイムの仕事やシフトが決まっている仕事で時間を縛られてしまうと身動きが取れなくなってしまいますよね?

日本の企業で、働く時間に寛容な職種なんてほとんどありません。残念ながら。

そうなると、この『単発バイト』がかなりいい感じに作用してくれるんですね!当面の生活をしのぐことができるわけです。(それこそ、『タレントの卵』なら自分から発信していくブロガーになって広告収入を稼げるようになればいいのに…って思いますけどね。自分のメディアを持って。活動内容も発信しながら。なんでそういう考えにならないのか、というのは『即金』に繋がらないからでしょうね。もったいない)

芸能関係の事務所が紹介してくれる案件を受ければ、

  • 芸能の案件が入ってくる可能性が高い
  • 他の登録先のバイトを探さなくていい(ひとつのところで収まる)

っていうメリットはありますね。ひとつのカタチに収まるっていうのはタレント・歌手を目指す人にとって最大級のメリットです。

なんて言ったって、芸能事務所ですからね。歌手ならレコーディングとかボイトレとかの日程を避けてバイトを紹介してもらえるかもしれません。

これは、さすがにひとところに治ってないと難しい!

エキストラの仕事をバリバリこなしたいなら本気にならなきゃね!!

一般の人は「まぁ経験で芸能界に触れられたらいいかな…」くらいの心構え。そうなるとエキストラの仕事を紹介するのは難しい。「いつかエキストラの仕事がくればいいや…」くらいの気持ちです。

そんな人が撮影の現場に行ったら、良い空気が壊れてしまうかもしれない。あくまで『かもしれない』レベルですが、やっぱり本気度の高い人を現場に送りたいですよね?

だから、「この世界で頑張りたい!」っていう人に案件をまわします。ぼくだったら絶対に「頑張りたい!」っていう人に紹介します。

多くの人は、「断り続けると申し訳ないから、一般の仕事もしよう。そしたらいつかエキストラの案件がくるだろう…」なんて考えて、一般案件を引き受けます。

これが『エキストラ募集』の実情なんじゃないかな?。登録してくれた人が、本気で芸能の仕事を頑張れるかどうか。適当な人には仕事をまわせない。だからぼくにはまわってこないんですね。納得。ぼくにまわすよりも本気で芸能に挑戦している人にひとつでも多くチャンスを与えたいですからね。正解です!!

結論:『エキストラ募集』は芸能界で働く本気度が重要。楽「しそうだから…」って人はテレビ局のボランティアがおすすめ!

「とりあえずやってみたいな」くらいの人には、エキストラのバイトはあまりお勧めできません。テレビ局のボランティアに応募してください。

芸能界で本気で戦う覚悟のある人だけが、エキストラバイトに登録するっていう流れがベストです。仕事内容もエキストラでも一般作業でも頑張れると思います。

芸能関連の事務所って基本都心にあるじゃないですか?都心を中心とした案件が集中するので、勤務地もかなり広範囲になります。千葉に住んでるのに埼玉の郊外のイベントとか、神奈川に住んでるのに千葉の郊外の仕事とかもあります。

さすがに「とりあえず…」くらいの人は一般の案件受けないでしょ?地元でやったほうが早いもんね。頑張れるのはやっぱり本気度の高い人です。普通の人はやめときな!悪いことは言わないから。

でも、芸能界への気持ちが本物なら登録して損はないと思うよ。

それでも「別に本気じゃないけど、エキストラのバイトができる可能性があるなら登録しとこっかなぁ〜」という人は止めません。

でも、この記事を読んで「うーん、効率悪いな。意味ないな」とちょっとでも感じた人は、辞めておきましょう!!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする