【京都観光】おすすめの京都1泊2日旅行コース!有名観光スポットを巡り倒せ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

古都、京都といえば日本人だけではなく海外の人にも人気を誇る観光スポットですね。

数々の世界遺産がひしめく京都は、都会という名の『コンクリートジャングル』で日常を過ごすぼくたちを、一瞬で”非日常”な世界へと誘ってくれる、何か見えない神秘的な力が働いている街。

祇園、清水、嵐山…。いまも残る昔ながらの情緒あふれる街並みは、ぼくたちの疲れた心を解きほぐしてくれます。あぁ、なんて優雅で風情のある街なんだ…。日本人に生まれてよかった…!

東京から新幹線に乗れば、2時間半で着く”非日常”の世界。

「でもさ、京都って観光名所多すぎて、どこまわったらいいのかわからないよ…」

ふむふむ。わかりました!それなら2017年に入って、すでに京都に4回(一瞬の素通り含む)行っているぼくが、ツアーコンダクターとなりましょう!!

今回は、『1泊2日の京都観光を楽しみ尽くす観光コース』を紹介します!

こちらもあわせて読んでもらえると、より観光が楽しくなります!

京都の観光スポットまとめはこちら!:【京都】「日本に生まれて良かったー!!」日本が世界に誇る観光スポット『京都』に行ったら◯◯に行こう!!




京都は最高の街!何度でも行きたい観光スポット!!

京都って、みどころ満載すぎじゃないですか?

京都って、歴史的建造物とか世界遺産だらけの街なので、歴史好き・古文好きにとっては発狂しちゃうくらい最高の街なんですよ!

そしてそして、京都を舞台にした映画だったりドラマも多いですよね?京都の映画ロケ地とか、最高すぎじゃないですか?映画・ドラマ好きにとっても発狂しちゃう街なんですよ!

大事なことなのでもう一度言いますね。

  • 京都は歴史好き・古文好きが発狂する街
  • 京都は映画・ドラマ好きが発狂する街

です。もうおわかりですね?

ぼくにとって、京都は『発狂する以外の何者でもない街』なんです!!なんならね、もう住みたいくらいですよ。これ、本当に。1泊2日じゃ全然足りない…。

そんな1泊2日じゃ本当は足りないけど、時間が限られてるから、なんとかして京都を満喫するための最高の観光コースを紹介しましょう!!

【はじめに】京都に着いたら必ずやること

「そうだ、京都へ行こう」

ふと頭によぎった、何度もCMで使いふるされた言葉。心の奥底から聞こえてきた、魂の言葉。

そんな自分自身の魂の言葉を裏切れるはずもなく、そのまま新幹線のチケットを取り、一路『古都・京都』へ。1泊2日の旅行が始まりました。京都は観光スポットが目白押しなので、事前の観光スポット調査は必須です。

  • どこに何があるのか?
  • どんな観光スポットなのか?
  • そこにたどり着くまでのルートは?

など、行き当たりばったりで行動すると、同じ場所を行ったり来たり、同じ電車で往復したり、時間のロスに繋がってしまいます。

事前準備が必要です。何が必要かって?

地図ですね。観光スポットが記載されている地図が必要です。

まずは、京都駅で地図を手に入れましょう。

地図は、京都駅の新幹線改札構内にあります。各エリア別に観光スポットが記載されている地図になりますので、まずはすべてもらいましょう。

そして、改札を出る前に向かうのが『待合室』です。『待合室』でこの地図をすべて広げてください。そしてこれから紹介する観光スポットをマーカーを使ってぐるぐるっと印をつけましょう。あとは、この地図どおりに行動すればOKです!

では、観光開始です!

【嵯峨野・嵐山】竹林の小径

では、まずは『京都観光マップ10 嵯峨野・嵐山』から攻めていきましょう。京都駅からJR山陰本線(嵯峨野線)に乗車し、嵯峨嵐山駅を目指します。

ホームに向かう途中に『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』のポスターがありました。21作目となる今作品は、『名探偵コナン 迷宮の十字架』以来の京都が舞台となっています。

関連記事:『から紅の恋歌(ラブレター)』は大好きな人と観に行って欲しい映画でした。【名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)レビュー】

電車に乗って、嵯峨嵐山駅の改札をでると、

トロッコ列車(嵯峨野観光鉄道)が目の前にあります。こちらも大盛況です。が、乗りません。

ぼくたちは『王朝文化の雅な薫りを感じながら、竹林の道をそぞろ歩き』しにいくのです。

歴史情緒溢れる建物と、目の前に広がる嵐山の緑。東京よりも空気が美味しい(ような気がする)。さぁ、『竹林の小径』に入りましょう。

「ここは本当に日本なのか?」

いま自分が立っている場所が、本当に日本なのか、現実なのか、夢でも見ているんじゃないかってくらいキレイな道です。目の前に広がり続ける竹林。木々のざわめきから溢れてくる木漏れ日。時間の流れが止まるような感覚。

雅。

ちなみに『竹林の小径』の途中には、縁結びで有名な野宮神社があります。『良縁』『子宝』『学問』と走攻守揃った神社です。ぜひお参りしてみてください。

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

この驚くほどの綺麗さよ…。春は緑ですが、秋になれば、から紅に染まるんでしょうね。

また、秋に訪れたい場所ですね。

次は、ぼくも着物を着て、恋人と…。

【嵯峨野・嵐山】渡月橋

竹林の小径から嵐電嵐山本線の嵐山駅方面に進み、駅を越えると見えてきました。

『渡月橋』です。

桂川が流れています。水が綺麗。澄み切ってます。

渡月橋を渡ると、

嵐山公園があります。休日ということもあってか、屋台も出ています。桂川のほとりに座っておしゃべりしている人たちもたくさんいます。京都のおすすめデートスポットなのですね。

渡月橋の向こうにそびえる山々は、秋になると綺麗な『から紅』に染まり、訪れる人の心を清らかなものにしてくれることでしょう。

渡月橋は『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の主題歌、倉木麻衣さんが歌う『渡月橋 〜君想ふ〜』の地ですね。映画に実際に出てきた場所ではありませんが、所縁の地として訪れるのも楽しいですね。

渡月橋の近くには、『渡月橋を一望できる足湯』なんていうスポットもあります。歩いて消耗した足を休めてあげるのもいいですね!

【きぬかけの路】仁和寺

川沿いを散歩しつつ、嵐電嵐山本線の嵐電嵯峨駅へ。次の目的地は『京都観光マップ8 きぬかけの路』です。『道なりに禅寺や名だたるお寺。きぬかけの路をゆったり歩く』旅です。

ゆったり歩く距離じゃないような気もしますけどね。(仁和寺〜金閣寺までは2kmほどあります)

無人駅です。ドキドキしました。「どうやって乗るんだろう?」って。嵐電は一律210円の料金で、降車時に料金を支払います。

きぬかけの路へは嵐電嵐山本線から嵐電北野線に乗り継いで御室仁和寺駅で降車します。

2車両編成の電車です。江ノ電みたい。

あら、かわいい女の子だこと。銚子電鉄もそうだったけど、萌えキャラ電車って流行ってるのかな?

関連記事:映画『トモシビ』の地、銚子に行って銚子電鉄乗って、駅DENしてみた!

御室仁和寺駅に到着。駅舎がすでに情緒。風情。

さて、せっかく石清水八幡宮まで行ったのに、本宮まで行かずに帰ってきちゃった法師がいたとかいないとかで有名な『仁和寺』にいきましょう!(元ネタは吉田兼好さんの『徒然草』から探してみてね!)

 

すごい。優雅な自然の中にある仁和寺。気持ちいい。

お参りしている方もたくさんいました。ぼくも旅の成功をここで。「1泊2日の旅行だけど、教えに沿ってめっちゃ調べましたよ!」と報告も。現代はいいですね。先達はすべてパソコンで調べられるので。仁和寺にいた法師さんもさぞ羨ましがっている事でしょうね。

五重塔がそびえ立っています。木々に挟まれて、ものすごい京都感出てます。

風情。

【きぬかけの路】龍安寺

仁和寺を出て、きぬかけの路を歩いて行くと、枯山水の庭園で有名な『龍安寺』が現れます。京都を語る上で、龍安寺は外せませんよね!(京都人生5回目にして初の訪問です)

龍安寺へ誘う道。何ですかね、この神秘的な風景は。緑の中に桜の白。木漏れ日。最高のロケーションですね。ぼくが仁和寺の法師だったら、この風景に満足して家に帰るところでしたよ。

龍安寺は入館料がかかります。大人500円です。500円って破格じゃないかな?ってくらい最高に気持ちの良い空間が、そこにはありました。

枯山水の庭園に向かう途中の道です。すでにこの風景に心が癒されてます。京都、最高かよ!!

この完璧なまでの庭園。この風景を楽しめるなんて、なんて贅沢な時間なんでしょうか。道の真ん中に立って、大きく深呼吸をする。すると、まわりの木々たちが、まわりの花たちが、自然が語りかけてくるようでした。「ようこそ、古都へ」と。

龍安寺の枯山水庭園は四季によって見せる姿を変えます。また、見る時間によっても姿を変えます。不思議な庭園です。枯山水の前で座って、ただただ目の前に広がる庭園を眺める。

そこに言葉はいらない。ただ、じっと見つめる。

それは、庭園を見ているようで、自分自身と向き合っているのかもしれません。

そんなことを考えながら、時が経つのも忘れてしまったぼくでした。

【きぬかけの路】金閣寺(鹿苑寺金閣)

※画像はイメージです

龍安寺を出て、次に目指すのは金閣寺。

しかし、ここまで休憩もせずにただひたすら移動し続けてきたので、ちょっとお腹が空きました。休憩してからいきましょう!

関連記事:【京都観光グルメ版】京都に来たらぜひ行って欲しいお店7選!(お酒も飲めるよ!)

龍安寺で枯山水を見ながらただひたすらに過ぎていった時間。そして、その優雅な庭園に心を奪われたまま、素敵なカフェで過ごした時間。

知ってましたか?時間は有限です。

立命館大学。倉木麻衣さんの母校ですね。なんて覗いてる場合じゃなかったのです。

到着しました。鹿苑寺金閣。到着時間は17時をまわったところです。まだ明るいですね。

「コケの生えるもまたをかし」なんて思いながら入口を目指します。

日本が世界に誇る『世界遺産』金閣寺です。足利義満さん、素敵なところですよね!

…しかし、入場は17時まで。まさかの入場できないという失態…。

少しのことにも先達はあらまほしきことなり…。

みなさん、気をつけてください。入場は17時までです!!

【下鴨神社〜京都御苑】鴨川デルタ

「金閣寺に入館できない…」という辛い現実に別れを告げ、『鴨川デルタ』を目指します。と、その前に、寄り道を。

『京都観光マップ9 上賀茂神社〜大徳寺』に記載されている『縁結び』で有名な神社、今宮神社へ向かいます。そして、今宮神社から『京都観光マップ6 下鴨神社〜京都御苑』に記載されている下鴨神社に寄り道です。ここまでずっと歩きです。この距離はなかなかキツかったですね。バスとか得意な人はバスに乗ったほうがいいかも。

今宮神社に関しては、以下の関連記事で!

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

金閣寺を出て、後ろを振り向くと大きな『大の字』が。これが有名な大文字焼きですね。大文字焼きの山を背に、歩き始めます。ここから長距離ウォーキング開始。

北大路通〜千本通〜今宮通と歩いていきます。そして、今宮神社を出たら、そのまままっすぐ道を抜けて北大路通へ。その後、堀川通方面を目指します。

堀川通にでてからも道のりは長い。

紫明通に合流し、細い路地に分岐。ただひたすらにまっすぐ歩き続け、地下鉄鞍馬口駅を越え、歩くこと40分。下鴨神社に到着です。

下鴨神社も『縁結び』で有名な神社です。参拝しようかと思いましたが、17:30までとなっています。なので、参拝はできませんでした。外から写真とって、せめてお祈りだけ…。

そのまま参道を歩き、河合神社を抜け、『鴨川デルタ』を目指します。

もう、すっかり日も暮れてしまいましたが、『鴨川デルタ』に到着です。ここは賀茂川と高野川が合流し鴨川となって流れていく地点。両方の川にかかる飛び石を渡ることができます。日が暮れても、多くのカップルで賑わうデートスポットです。いや、夜だからこそ賑わっているのか?

さっそく渡ってみました。夜なので、足元に気をつけながら渡りましょう。

楽しーー!!なんだろう、この気持ち。あっ、福士蒼汰くんの気持ちだ、これ。

ということで、ここ『鴨川デルタ』は福士蒼汰さん・小松菜奈さんが主演の映画、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』のロケ地です。ふたりの切ない恋の行方がフラッシュバックしてきます。

ずっと来たかったんですよね、ここ!来れてよかった!

飛び石を渡っている時の脳内BGMがback numberさんの『ハッピーエンド』だったことは内緒です。

【祇園・東山】祇園の街で1日目終了!

『鴨川デルタ』を出たら、今出川通を歩き地下鉄烏丸線今出川駅に向かいます。地下鉄に乗って、『京都観光マップ5 烏丸御池・四条河原町』にある地下鉄烏丸線四条駅で下車。四条通を『四条大橋』方面にひたすら歩きます。

四条大橋を渡れば、昔の情緒が溢れて止まらない街『祇園』に到着です。『京都観光マップ3 祇園・東山』ですね。まずは夜の『八坂神社』にお参りしましょう。

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

さて、祇園といえば料亭です。今晩は料亭で贅沢な夜でも過ごしましょうか!

と、祇園の街を歩いてみましたが、どこもかしこも規格外の料金ですね…。ぼくにはまだ早かったようです。

妙だな…迷宮の十字架でコナンくんが普通に歩いてた街なんだけどな…。

ということで、すこし引き返したところで、良さそうなお店を発見!美味しいグルメを堪能して1日を振り返りましょう。

関連記事:【京都観光グルメ版】京都に来たらぜひ行って欲しいお店7選!(お酒も飲めるよ!)

美味しいお酒を楽しんだら、ホテルへ。思いつきで来たので、もちろん宿無しです。探します。

河原町交差点付近にある『京都セントラルイン』に空室が見つかったので、今夜はそこで…。

まぁ、大丈夫かと思いますが、旅行前にホテルは見つけておきましょうね!!



【祇園・東山】四条大橋〜三条大橋

さて、2日目がスタートです。

2日目は『京都観光マップ3 祇園・東山』に記載されている四条大橋〜三条大橋へのお散歩から。鴨川沿いを歩きます。

ホテルからでて、ほどなくして四条大橋へ。

着物姿の女性がいます。京美人。雅ですね。

四条大橋から川を見下ろします。この景色、確実にコナンくんも見てるはずだよね?

そのまま北上し、三条大橋へ。

四条大橋はがっちりしている橋ですが、三条大橋は昔ながら感が満載、木をふんだんに取り入れたままの橋です。橋から見渡せる景色がまた情緒。

『迷宮の十字架(クロスロード)』に想いを馳せながら、来た道を戻りましょう。

【祇園・東山】八坂神社〜安井金比羅宮

四条大橋まで戻ってきたら、八坂神社・安井金比羅宮へ。

八坂神社は『縁結び』で有名な神社。安井金比羅宮は『縁切り神社』で有名な神社です。

八坂神社〜安井金比羅宮の間にカレーの美味しいお店があります。そこで早めの昼食を撮りましょうか!

安井金比羅宮の恐ろしいほどの効能はこちらから!

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

カレーの美味しいお店はこちらから!

関連記事:【京都観光グルメ版】京都に来たらぜひ行って欲しいお店7選!(お酒も飲めるよ!)

では、京都といえばココ!!で有名な『清水寺』を目指しましょう。

【祇園・東山】二年坂・三年坂〜清水寺・地主神社

安井金比羅宮で『悪縁の断ち切り』祈願が終わったら、東大路通を南下。

途中、八坂塔(法観寺)に向かう路地が出てくるので、その路地に入っていきましょう。

すると…

八坂塔が見えました。そのまま進んでいけば二年坂に入ります。

人がたくさんいますね。この人たち全員清水寺向かってます。

二年坂・三年坂も緑と街並みが融合していて綺麗です。

二年坂・三年坂も『迷宮の十字架(クロスロード)』の聖地ですね。映画好きにはたまらない道です。清水寺も聖地です。

実は、清水寺も初めてです。どんな場所なのか、ワクワクします!

すごい人の数です。でもね…

めっちゃ景色がいい!何ココ!!秋に来たら『から紅』で綺麗じゃん!!

…と、『迷宮の十字架(クロスロード)』でした。

庭園も綺麗なんですよ。

木漏れ日。美しい。

二年坂〜清水寺の間に流れた脳内BGMは倉木麻衣さんの『Time after time 〜花舞う街で〜』だったのは内緒です。

関連記事:【良縁・復縁】京都で大人気の『縁結びスポット』!5つの神社・お寺を巡る旅。

【三十三間堂〜東福寺】伏見稲荷大社

続いての目的地は伏見稲荷大社です。『京都観光マップ2 三十三間堂〜東福寺』の右下、一番端っこの街『伏見』を目指しましょう。

清水寺をでて、清水五条駅を目指します。途中で、五条大橋に遭遇。

木でできた橋です。三条大橋と同様、風情がありますね。

コナンくんは、この橋に飛び乗ったわけですね?

というか、すっかり『名探偵コナンの聖地を巡る旅』になってしまいましたね(笑)いえ、そんなことないですよ!これからです!!

京阪電鉄本線清水五条駅まで10分ほど歩き、そこから電車で伏見稲荷駅を目指します。

伏見稲荷大社に到着しました。賑わってますね。早速、中に入っていきましょうか!

まずはお宮参りから。とうとう京都も鳥羽を超えて、伏見まで来てしまいました。歴史好きなら、鳥羽・伏見と聞けば、『鳥羽・伏見の戦い』を100%思い浮かべますよね?ですよね?その流れで、ジャンプ好きなら『るろうに剣心』ですよね?

伏見稲荷神社といえば…

これですよね!『千本鳥居』が有名です。このシーンもよかったですよね!

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』に出てきたロケ地です。「ここは、千本鳥居を通らなければ京都に来た意味がない!」くらいの情熱で。

動画撮影してきました。

京都に行ったら、ぜひ訪れて欲しい場所です。近くにある鰻屋さんのうな丼も美味しいので、ぜひご賞味ください!

関連記事:【京都観光グルメ版】京都に来たらぜひ行って欲しいお店7選!(お酒も飲めるよ!)

【三十三間堂〜東福寺】三十三間堂

伏見稲荷駅から七条駅まで戻ります。

七条駅からは一本道なので、道に迷う心配はありません。歩いて7分ほどで到着します。

駅を出ると、七条大橋が。おしゃれな橋に、下を流れる鴨川。

そうそう、京都といえば、この『鴨川』が有名ですが、どの河川敷でも『鴨川ホルモー』をやっている情景は見られませんでした。時期的なものなのかな?これからなのかな?

鴨川デルタにも、八坂神社前にもいなかったので、もう少し暖かくなったら出てくるのでしょう。待ちます。

三十三間堂の庭園も、彩り豊かで綺麗でした。なんていうか、心が浄化されていく。

「人生に詰まったら、京都に行きなさい」っていう言葉も、なんかわかる気がする。京都にはそれだけのパワーがあるよね。

三十三間堂の堂内は撮影禁止でしたが、圧巻の一言。

※画像はイメージです

この三十三間の長さの間に、びっしりと奉られている仏像たち。これ、現代人じゃなくて、昔の人が全部作ったなんて、どんな高度な技術だよっていうね。この仏像を見ていたら、「昔の人だって、限られた技術の中でここまで昇華させることができたんだ。自分にだってできる!」って自信になりました。

そう、昔の人たちだってできたんだ。ぼくたちにできないわけがない!

三十三間堂は大人600円の拝観料がかかりますが、払ってでも行くべき場所だと思います。

ぼくも、原点に立ち還りたくなったらまたくるつもりです。

【烏丸御池・四条河原町】本能寺・六角堂

七条駅から祇園四条駅まで戻り、六角堂を目指して歩きましょう。『京都観光マップ5 烏丸御池・四条河原町』を見ながら歩きます。

祇園四条駅を出たら、四条通を地下鉄四条駅方面に歩きます。河原町通に合流したら、右に曲がり御池通を目指します。

御池通に合流したら左に曲がり、しばらく歩くと、

本能寺につきました。本能寺といえば、『本能寺の変』で有名ですよね。現在の場所に本能寺が移転されたのは、豊臣秀吉の時代だそうです。

織田信長の最期となった実際の場所ではありませんが、織田信長をはじめ、本能寺の変で亡くなった人を供養する供養塔があり、6月2日には毎年法要が行われます。

本能寺の変は、織田信長の家臣、明智光秀の謀反として起こった出来事ですが、実際は

  • 織田信長(サブロー)が現実世界に帰れる瞬間がきた
  • 明智光秀(織田信長)がサブローの存在を消すことで現実世界に帰れるように工作した

って感じで、燃やしたのかもしれませんね。その後、明智光秀は打たれてしまいますが、自分が信じた男を、現実世界に戻すためにやっただけのことかもしれません。マンガの読み過ぎですね。

本能寺をあとにし、御池通に戻りましょう。烏丸通に合流したら左に曲がります。

見えました。『六角堂』です。

六角堂に入ると、すぐに服部平次が出迎えてくれました。六角堂も『迷宮の十字架(クロスロード)』に出てきたお寺です。

コナンくんと平次がベンチのところで話してますね。

ベンチはありませんが…。うしろのカラフルな幕が同じですね。

六角堂にある『へそ石』です。ここが京都の中心地なのだそう。「京都のパワーはすべてここに集約されるっちゅうわけやな」と平次が話してたとか話してないとか。話してません。

【京都駅周辺】京都タワー

さぁ、このツアーももうすぐ終わりの時間となります。ぼちぼち京都駅に戻りましょうか。最後に使う地図は、『京都観光マップ1 京都駅周辺』です。

地下鉄四条の駅まで歩きます。

京都のみずほ銀行。なんだこのおしゃれ建物は。

京都駅につきました。行き忘れたところはありませんか?

ありますね。『京都タワー』に行ってませんね。こちら、京都タワーも『迷宮の十字架(クロスロード)』に出てきた舞台ですね。

 

京都駅に反射する京都タワーもなかなか乙ですね。

少し時間があるので、展望台まで行ってみましょう。

展望台はおしゃれな庭園になっていました。ここで新幹線の時間を待つのも一興ですね。カップルもたくさんいます。バイバイの時間ギリギリまで愛をささやきあうのでしょうか?

最高の眺めです。ガラスに反射した京都タワーがまた乙ですね。

さぁ、日も落ちてきました。京都で最期の晩餐を楽しんで、今回のツアーはおしまいです。楽しい旅行になっていれば幸いです。

それでは、またお会いしましょう!



あわせて読んでね!

京都の観光スポットまとめはこちら!:【京都】「日本に生まれて良かったー!!」日本が世界に誇る観光スポット『京都』に行ったら◯◯に行こう!!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする