2019卒の大学3年生がニクい…。”新卒ブランド”を活かしたニクリーチ就活で周りに差をつけよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

羨ましい。このシステム羨ましい。

なぜ10年前になかったの?あったら、絶対に登録したのに。しかも、早めに活動する意識の高い学生を集めてる…だと?2019卒の大学3年生が心底ニクいぜ…。

2019年に卒業する大学3年生のみなさん。

ビズリーチさんが行っている就活サイト、ニクリーチをご存知か!?

新卒にだけ恩恵のある”ニクリーチ”とは?



ニクリーチとは、企業の新卒採用・即戦力の中途採用を支援するサイトを運営する、株式会社ビズリーチさんが運営する、人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる新卒のための採用サイトです。

ニクリーチでは、人事とおニクを囲みながら、普通の就活では出来ない深い会話、そして深いコネクションを作ることが出来る。というなんとも素敵なシステム。

プロフィールを登録しておけば、後は待っているだけで企業からスカウトが届くので非常に簡単でお手軽なので、就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に暮れている学生にとっては、とりあえず登録だけでもした方が良いサービスです。

のっけからリンクゴリゴリでお届けしています。

肉だけじゃなくて、寿司もあるのか羨ましい…。大学3年生が憎すぎる…。

だって、羨ましすぎるでしょ?中途採用で就活中の人だったら、切実に感じてると思うんだけど、

  • 企業の採用担当者と直接会える
  • 採用担当者に仕事の話が直接聞ける
  • そのまま採用に直結しそうな雰囲気
  • 企業の雰囲気をその場で感じ取れる
  • 限られた時間を有効活用できる

こんな美味しい機会、そうそうないよね?最近だと、中途採用でもエージェント登録して企業を紹介してもらう転職活動が主流になってきたから、似たようなことはできるけど、実際に”同じ釜の飯”を食らうことで見えてくる企業の人の人間性ってあるじゃん?

これ中途採用の人向けにやってくれないかな

新卒は恩恵に気づかない…

でもね、大学3年生の人は、この恩恵にまだ気づかない。

まぁ、まだ就職活動のことを漠然としか考えていない大学3年生だと、初めての就職活動だし、この恩恵に気づくっていうのは多少ムリがあるだろうね。社会人として働いた経験がないし。

「おっ、タダ飯!?ラッキー!!」くらいの気持ちかな?もしくは「タダ飯だと…?なんか怪しいな…やめとこう」っていう疑心暗鬼かな?

まわりと違う、まわりがやってないことに手を出すのって怖いもんね。

でもね、大学3年生のみなさん。

もったいないよ!!

ニクリーチをスルーしちゃうのは、もったいないよ!!

ぼくが大学3年生だったら、間違いなく食いつくけどな。(まわりと違うことがしたいっていう衝動で、ね)

ニクリーチの良いところを列挙してみようか?

ぼくは、とうの昔に大学を卒業してしまったので、残念なことに恩恵を受けられないし、参加できないから細かい事情までは把握できない。

でも、そのなかでできる限りの良いところを列挙してみようと思う。(ニクリーチに参加している企業の方、一度ぼくを招いてくれませんか?紹介しますよ!)

企業の採用担当に直接会って話せる!

会社の説明会では出来ない恩恵。一部の説明会参加者はグイグイ企業の人に話しかけに行くと思うけど、ほとんどの学生は、説明会終了後は帰るんだよね。話さないんだよね。

その理由は、

  • 会社説明会でメモする姿勢を見せたからOK
  • ヘタなことを聞いて、マイナスポイントになるなら家に帰ってから内容をまとめる
  • とっととこの場から去りたい

って感じかな?もったいない。

企業の人の採用基準って、一番大きいところは”好きか嫌いか”だから、とりあえず話に行けば良いのにね。話を聞きに来てくれる大学3年生、かなりの確率で”好き”になるよ?だって、一生懸命企業の説明をしたあとに、その内容に反応してくれてる人だから。

でもね、帰っちゃうんだよねー。残念。

でもね、ニクリーチだと、直接あなたのために時間を割いてくれているわけで。じっくりお話ができる。こんな美味しい話、大学3年生の段階で味わえるなんて羨ましすぎでしょ。

企業の人の話し方で会社の雰囲気がだいたいわかる

採用担当の人の話し方だったり、一緒に来ている役員とか若手のホープとかの話し方を見てると、会社の雰囲気ってだいたいわかるよ。

その場での話し方が、会社の中での話し方に直結するケースが多いから。内と外での話し方の使い分けが完璧な人なんていない。もしいたら、その人は人間じゃない。

ぼくは思うんですよ。会社勤めって”どんな仕事内容か?”ではなくて”どんな人と働くか?”が重要だって。

だってさ、会社って自分のやりたいことなんてほとんど出来なくて、もしやりたいことがあるなら”それなりに意見が言える立場”まで上り詰めないといけない。”それなりの意見が言える立場”の人たちが組織の意思決定をして、その意思決定に沿って、社員は仕事をするわけで。

なので、その意思決定をする人のことが好きじゃなかったら、会社員としての仕事は出来ません。

それが、なんとなく把握できるだけでも、直接会えるって大きいと思うんだよね。

そのまま採用に直結しそうな雰囲気

これも大事。一緒に同じ時間を過ごすだけで、採用に直結するかどうかがわかるの。

恋愛と一緒で、ちょっと気になる人が現れたら、ご飯とか誘うでしょ?でお話してみるじゃん?

そこで気が合いそうかどうか自分も判断するし、相手の雰囲気で付き合えそうかどうかも確認するじゃん?

同じ。ニクリーチも同じ。一緒にご飯食べることで、「採用されそうな気がする」っていう雰囲気とか、「これ、たぶん合わないな。採用されないな」っていう雰囲気を感じられる。

だって、お見合いだもん。このシステム。

面接のように形式ばった、一方的に結果を叩きつけられる状況よりも、自分で自分の状況を受け入れられる”お見合い方式”は本気で良いと思うんだよね。

まだ大学3学生で、これから就活っていう時期だったら、絶対に利用してたな、このシステム。

限られた時間を有効活用できる

お見合い…じゃなかった。ニクリーチを使った直接会える就活システムを利用することで、時間を有効活用できるんだよね。

企業研究して説明会に参加しても、会社のことがよくわからないまま選考に進むケースってあるでしょ?で、一次面接でそこ突っ込まれて、答えられなくて…。っていうケース。

家帰ってから、また調べ直して、でも一次面接通過してなくて、「調べ直した時間ってなんだったんだよ…」ってね。

時間って、有限。そこにかける時間を短縮できるならしたいじゃん?

調べてもわからないことがあったら、直接聞けば良いんだよ。それができる。このシステムならできる。

ちきしょー。新卒大学3年生が羨ましいぜ。

肉だけではなく寿司も食べられる

さすがにさ、ニクリーチ使って話を聞きに行く時って、スーツで行くと思うのね。

焼肉ってさ、ニオイつくじゃん?それがイヤだっていう女性の方もいると思うのね。お寿司だったらニオイつかないし、良いよね。

というか、ぼくが寿司好きなので、羨ましいってだけで。

だれか、ぼくに寿司ご馳走してくれませんか?まわるお寿司で全然満足しますよ!糖質制限が6月で終わるので、お誘い待ってます!!

こんなに最高のシチュエーションが用意されていて利用しない大学3年生がいるのは理解に苦しむ

こんなに最高の状況で、しかも中途採用だと恩恵に預かれない夢のようなシチュエーション。

それをスルーしてしまう大学3年生よ。損してるよ!

登録は無料。登録したら、あとはスカウトが来るのを待つだけ。

もしかしたらスカウトがこなくてヘコむかもしれないけど、それはそれでしょうがない。でもね、登録してなきゃスカウトは一生来ないよ?

いまやもう、企業は2018年卒の大学4年生ではなく、2019年卒の大学3年生にフォーカスしています!

大学3年生の人は、とりあえず登録だけでもしてみたらいいんじゃないかな?

関連記事:仕事の基本は『体調管理』!?大学3年生よ『ニクリーチ』就活でまわりに差をつけよ!!



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする