「就活、つらい…」就活に疲れた学生へ。それでもまだ説明会に行くの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

大学生の皆さん、就活してますか?

2018年卒の就活生のみなさん。「どうしよう…」って焦ってきてる時期ですよね?

2019年卒の3年生のみなさん。「就活はまだまだ先だ」って思ってませんか?

ぼくも新卒で就活していた時代がありました。「そんな時代もあったねと」ですね。いまはむかし。もう、かれこれ10年前のお話です。

いまとなっては、”会社に勤める”という選択肢を捨て、個人事業主で生きていく道を選択したぼくですが、昔は「会社に入って、仕事しまくって、たくさん給料貰ってやる!」っていう強い意志を持ってました。。

就活序盤はそれはもう精力的に活動しました。でも、終盤は…。

就活ってつまらなくない?

就活って、はじめは意気揚々と気合い入れてやるんですよね。

  • 1日に何社も合同説明会をまわる
  • 面接をはしごする
  • 自己PRをより完璧なものにリライトする
  • まわりの就活生との情報交換

はじめはやる気があるんですよ。自分のやりたいこととか、目指してる場所とか、野望とか、いろんなものが期待の中に入り混じってます。企業の人と話すのも楽しいし。

ただ、就活も進んでいくと、

  • なんか代わり映えしない風景
  • 希望していない業界の説明会・面接
  • 機械的な一問一答
  • まわりの内定状況
  • スーツあつい

どんどんやる気が削がれていきます。「単純につまらない」

そう、つまらないんですよね。就活って。どこにいっても聞かれることは同じ内容。

  • この業界を志望する理由は?
  • 業界にもたくさん企業があるのに、なんでウチなの?
  • 5年後・10年後はどうなっていたい?

知るかよ!いろいろエントリーしてるだけだよ!「なんでウチなの?」って採用案内出てたからだよ!5年後・10年後って言われても、入社してからどんな仕事するのかわからないのに具体的な話できるか!管理職目指すよ!

そもそもね、ほぼ良いことしか言わない説明会で、その会社のことなんかわかんないんですよ。いま、話している人が”人が良さそう”に見えたって、一方的な話聞いてるだけじゃわかんないんだよ。

その会社説明会YouTubeで配信してくれないか?それ見るから。交通費払ってまで行って聞く話じゃないよマジで。

結局、就活って、どんどんつまらなくなっていくんだよね。

優秀な学生ほど就活を早く終わらせる真理

優秀な学生は気付くんですよね。

「なんだ、就活って結局どこも一緒じゃん」

って。

なので、早々に就活前線から姿を消します。どこも同じことを言ってるし、業界さえ絞れれば変わらないなって。

結局ね、”どの企業に就職するか”ではなくて”自分がどう企業を使い倒すか”っていうパラダイムにシフトしていくんですね。さすが優秀な学生は違う。企業に入って、うまく使って、独立なり転職なりすれば一番手っ取り早い、と。

優秀じゃない学生は、残念です。いつまでも企業に執着して、説明会で会社の本質なんかそうそう見えないのにわかった気になって、言うことだけ一人前。たいして深い考えも持っていないまま就活を続ける。

実にもったいない。もったいなさすぎる。

もう一回言うからね。

会社説明会で会社のことなんて全部はわからないからな!

だったら、企業の社員に直接聞いた方がはやい

会社の説明会に行って、一方的な会社の説明を聞くんだったら、直接会社の人に話を聞いた方がはやい。その人の話し方だったり、話の端々で人間性が見て取れるから。

でもね、「よし!じゃOBOG訪問するぜ!」

ってなるのは短絡的すぎる。意味ないからね。それはこちらの記事でも書いてます。

関連記事:OBOG訪問?なにそれ?必要ないってマジで!

OBOG訪問に行っても、会社説明会の延長の話しかしてくれないから。ヘタな話されるの困るから、マニュアルみたいなのあるから。先輩と飲みに行って本音引き出せるならまだしも、ね。

っていうか直接採用に関わらないんだったら行かなくて良し!

企業に採用される人の特徴って知ってる?

会社員経験10年。新卒で就職した会社に2年半。中途で入社した会社に7年半在籍。

  • 新卒で入社した会社で1年でマネージャー
  • 当時の最短最年少マネージャー記録を更新
  • 中途で入社した会社で2年半でマネージャー
  • 新規事業の立ち上げっも経験
  • 事業所でのアルバイト採用・マネジメント
  • 多くの学生アルバイトたちの就活を見てきた

そんなぼくが、企業に採用される人の特徴を話すよ。

実は、採用の現場で起こっていることって結構単純で、採用のポイントは

  • 責任を持って仕事を完遂できそうな雰囲気があるか?
  • 一緒に仕事がしたいと思えるか?

これだけ。

”学歴”とか、”目的意識をもって”とか、そんなの関係ない。

責任を持って仕事をしてくれなさそうな雰囲気が出てたら、その場でNG。それだけ。雰囲気持ってたら、学歴とか低くてもOK。学歴にフォーカスが行ってしまうのは、たまたま。そういう人たちの方が頑張れそうな雰囲気が出てるだけだと思う。

「こいつとは一緒に仕事したくないな」って思われたら、どれだけ頭が良くても必要ない。

だって自分にとってストレスになるから。

結局は、”好きか嫌いか”これだけ。単純でしょ?

「5分の面接で判断されちゃたまんないよ!」って思うでしょ?でも、これが現実。

それがイヤだったら、その状況を打破しなきゃ!

直接話せて、内定に繋がる就活ってすげー魅力的じゃない?

「じゃ、どうやって打破すればいいの?」

って話になるんだけど、直接話せる機会を作ればいいの。

これね、10年前だと考えられないかったんだよね。たまに広告業界とかは、就活生招いて懇親会開いて一緒に飲んでたりしたんだけどね。ただ採用の場であっても採用の場じゃないから、なんとも微妙な感じだったんだよね。

この記事にも書いてるんだけど、お酒の入る懇親会だったら参加する必要はないと思う。

関連記事:【PR記事】就活生必見!就職活動中に感じていた”10の幻想”と”社会に出て知った現実”を公開するよ!

懇親会に参加している社員は、直接選考に関係していないケースが多いし、飲んでると話覚えてなかったりするから。参加するならお酒のない懇親会がいい。

もう、おわかりですね。

就活がうまくいってない就活生は、他の学生と同じ就活してても意味ないよ。違う攻め方しなきゃ!最近だと、浸透してきてるけど、それでもまだマイノリティーな就活の仕方へのシフトチェンジ。実際に採用現場の人と話すことで伝わる気持ち。

例えば、ビズリーチさんだと、ニクリーチでは、人事とおニクを囲みながら、普通の就活では出来ない深い会話、そして深いコネクションを作ることが出来る。なんて状況が作れる。”同じ釜の飯”効果が得られるので一石二鳥です。もちろん、すべてのスカウトがお肉を食べられるわけではありませんが、それでも直接話をすることができます。登録は無料です。

これ、中途採用に人は利用できません。学生の特権です。

それと、DYMさんだと、参加者内定率96%のMeetsCompanyなんていうのもやってます。ここ、何がすごいかって、内定直結型就活イベントなんですよ。その場で”即日内定”なんていうのもあります。

これ、直接話せるから可能なことなんですよね。

でも、就活生は避けちゃう。みんなと同じ就活サイトに登録して、みんなと同じように就活をしちゃう。

もったいない。本当にもったいない。

レバレジーズさんだと、フリーター既卒・第二新卒の正社員就職のサポートをしてくれるハタラクティブっていう就活サイトを運営していますね。

ちなみに、ハタラクティブを運営しているレバレジーズさんは看護師向けのメディア『ナースときどき女子』も運営されています。ぼくの軽井沢の記事の紹介してくれてます。

直接話せて、内定に繋がる就活って、すげー魅力的じゃないの?こういう就活の方が楽しいと思うんだけどな。

会社員10年やってきて、いろんな世界を見てきたからこそ、このシステムの偉大さがわかる。利用しないっていう選択肢はないんだけどなぁ。

そんな先輩の姿を見て焦りを感じている大学3年生は、いますぐニクリーチに登録したほうがいい。来年の今頃になって「就活つらい…やめたい…」って言いたくなければ、今すぐ活動を始めたほうがいい。これは絶対。

関連記事:2019卒の大学3年生がニクい…。”新卒ブランド”を活かしたニクリーチ就活で差をつけよ!

関連記事:仕事の基本は『体調管理』!?大学3年生よ『ニクリーチ』就活でまわりに差をつけてみろ!!

とりあえず就活頑張れよ!

ハタラクティブ

ここまでいろいろ言ってきましたが、”どんな就活をするのか”は個々それぞれにかかってます。

ぼくが言えるのは、「いろんな選択肢を持って、活動すればいいんじゃないの?」ってこと。みんなと同じ就活がしたいならそれでいいし、こういったシステムを活かしながら就活するのも、すべてあなた次第。

どうせなら、使えるカードは多い方がいいと思うんだけどね。

では、就活頑張ってください!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする