「就活、つらい…」就活に疲れた学生へ。いますぐ内定が欲しいなら『取るべき行動は3つ』だけ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

「就活、つらい…」

「もう説明会にいきたくない…面接もムリ…」

学生の就職活動は本当につらい。

なけなしのお金を握りしめて、1日で数件の説明会や面接に参加する。

人生というのは時に無常。

まわりの学生が内定を手にしているのを横目に、説明会に参加し続ける。

「自分とアイツ、いったい何が違うんだろう。なんで自分だけ内定取れずに就活を続けているんだろう」

解決しない悩みを抱えながら、リクナビやマイナビでエントリーを打ち続け、選考に参加する日々。

心が折れそうですよね?

アバター画像
新卒採用の選考を受け続けているのに内定が取れない理由。それは就活の仕方が的を得ていないからです。
  1. なかなか内定が取れない
  2. 就活がつらくて心が折れそう
  3. 1秒でもはやく内定が欲しい

そう思っている就活生のあなたに内定を手に入れるためにするべき行動をお伝えします。

アバター画像
あなたの就職活動が、身のある活動になるように。ぼくの持っている知識と経験をフル動員した『取るべき行動』のまとめです。

中途採用の転職活動で悩んでいる人はこちらの記事をどうぞ!

中途採用なら『業界別転職サイト』がおすすめ!大手転職サイトが使えない理由!
転職市場が活発に動く時期は11〜1月です。 各業界・企業で、2月〜3月中の退職者が増えるため、4月から始まる新年度に向けて『即...

2018年卒予定でこのまま就職していいのか悩んでいる学生はこちらをどうぞ!

【内定辞退】宿泊研修は『洗脳研修』…大学4年の12月に内定辞退した5つの理由。
もう10年以上前の話です。 ぼくは大学4年の12月に内定が決まっていた会社を辞退し、1月に違う会社の内定をもらって新卒で入社し...

『気温の上昇』と『就活のやる気』は反比例!「就活、つらい」と感じている学生が内定を手に入れるためにすぐに取るべき3つ行動!

学生の就活は、中途採用の転職市場と違い時期が定まっています。

1〜2月の間に『企業研究』と『自己分析』を行い、3月の『採用情報解禁』『面接解禁』に合わせてスタートダッシュを切ります。

はやい学生は4月には内定が出ます。

5〜6月頃に満足のいく内定を手にして就活を終える学生が平均的です。

ぼくが学生だった10年前はリクナビの採用情報解禁・エントリー開始が10月で、早いと年内に内定が出るような時代でした。現在は後ろ倒しになっています。

いまもむかしも、就活で変わらないこと。それは

『気温の上昇』と『就活のモチベーション』は反比例する

という事実。

アバター画像
暑くなってくるとスーツ着るのもストレスだし、まわりの学生は就活を終えて夏の予定とか立てはじめるし、すべてを投げ出したい気持ちでいっぱいになる時期です。

就活がつらい時期。内定が出ない時期。あなたが取るべき行動は

  1. 多業界への複数エントリー断捨離
  2. 少数精鋭で絞った企業のリサーチを徹底的に行う
  3. 内定直結型の採用選考を探す

の3つです。

行動①『多業界エントリーの断捨離』あせらないで!志望業界の範囲が広がるとあなたの魅力が伝わらなくなる!

  • 就活がうまくいってない
  • 内定がでない
  • 就職できるか不安

就職活動を続けていてもなかなか内定が出ない学生の特徴は『多業界エントリー』です。

数多く選考を受けることで内定がもらえる可能性を増やすという考え方ですね。

就活で悩んでいる学生に多く見受けられる絶望的な状況。完全に軸がブレてしまっています。

『多業界にエントリーする=どこでもいいから就職したい』という構図が成り立っていますね。

この状況で企業側は『ぜひあなたに来て欲しい!』と声をあげるでしょうか?

冷静に考えると『難しい』ことがわかりますが、切羽詰まっている状態では正確な判断ができないのもわかります。

あなたがまず取るべき行動。それは、

  1. 採用サイトでエントリーしている企業を見て「本当にここで働ける?」と自問自答する
  2. 『働けない』と判断した企業をエントリーから外す
  3. 『働ける』と判断したエントリー企業の研究に時間をかける

です。

アバター画像
内定が出ていない時期だと「エントリーを外すのは不安…」と感じるかもしれませんが、いままでと同じ活動を続けても内定は出ません。あなたにとって『必要か必要でないか』の判断を腰を据えて行いましょう。

行動②『少数精鋭のエントリー研究』あなたが「働ける」判断をした企業に対してリサーチ!情報の深堀りがポイント!

エントリーの断捨離をすると、選考に進む予定の企業が激減します。

ぼくの経験談ですが、半分以上減ったはずです。

選考に進む企業が減少する=ひとつひとつの企業にかけられる時間が増加する という構図が成り立つはずです。

より深い企業リサーチをすることができるので、手当たり次第に就活し続けている他の学生よりも内定がでる可能性が格段に上昇します。

学生の就活において、もっとも重要な部分を占めるのは『企業研究』『自己分析』です。

『即戦力・過去の経験』を重要視する中途採用の転職市場と違い、新卒採用は『未知の可能性』で採用を判断します。

会社のことを深く知っている学生とそれなりの学生。会社の仕事内容と自分の特性をマッチングさせたプレゼンができる学生となんとなく頑張りますと話す学生。

企業が採用する学生がどちらか。明白ですね。

アバター画像
就活でもっとも重要視される『企業研究』と『自己分析』に関しては、別の記事にまとめていますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

『自己分析』を就職活動に反映する方法はこちらから!

【自己分析】ポイントは5つだけ!強みを活かす!就活を成功させるための『自己分析』活用術!
就職活動を行う上で重要なポイントは、 圧倒的な企業分析(企業リサーチ) 特性を知るための自己分析 企業リサーチ...

行動③『内定直結型の採用選考』内定直結型の説明会で即日内定!就活解禁前の採用担当との食事会!新卒採用には珍しいアドバイザーとの二人三脚!

「エントリーの断捨離もわかった。企業研究もする。でもね、いますぐ内定が欲しいの…」

「結局、就活の切り口を変えただけで、活動の仕方は変わらないじゃん…就活、つらいんだけど…」

いますぐ内定が欲しい学生にとって、就活の仕方の再構築は絶望的かつ地獄。

アバター画像
『エントリーの断捨離』と『企業研究』は就活から切り離すことはできません。ただ、もうひとつ。『就活サイトや活動の仕方の見直し』という項目が残っています。

学生の就活といえば、

  • リクナビ
  • マイナビ

があまりにも大きすぎる採用サイトなので、他のサイトを利用して就活する学生って少ないんですよね。残念なことに。

活動の場を広げてみてください。

新卒に特化した採用サイトは規模が小さいだけで数多く存在しています。

  1. 内定直結型の説明会イベント
  2. 採用担当者と直接会って話せるイベント
  3. 新卒採用には珍しい『就活アドバイザー』と一緒に活動するサイト

があります。

リクナビ・マイナビだけで活動している学生には出会えない魅力的な就活サービスです。

具体的には、

  • 『内定緒結型イベント』ミーツカンパニー
  • 『採用担当者と話せる』ニクリーチ
  • 『アドバイザーと二人三脚』ハタラクティブ

といったサイトを利用して活動します。

アバター画像
就活サイトを見直すことも成功に繋がる重要な要素です。エントリーの数を広げるのではなく、選考の可能性を広げて内定を勝ち取りましょう!

《方向転換》「いますぐ内定が欲しい…」あなたがそう思っているなら活動の方法を変えることで成功へ!!

  • 終わりの見えない採用選考
  • 多業界への説明会・面接参加
  • 周辺の内定状況への焦り
  • スーツあつくてつらい

就活へのモチベーション低下で「もう、就職あきらめる…」とあなたが思ってしまっているなら。

『方向転換』を視野に入れて就活をしてみてください。

アバター画像
企業に採用される人材のポイントも紹介しておきますね。
【SPI・就活】企業の規模から考察する『必要とされる新卒社員』の基準とは?
2018年卒の就職活動の戦線も落ち着き、就活市場は2019年卒に変わってきましたね。 こう見ると、就活市場って1年中開きっぱな...

参加者内定率96%!当日内定も可能の合同説明会なら『Meets Company』

無料登録・説明会参加はこちらから→参加者内定率96%のMeetsCompany

採用担当者と直接話せる!採用情報解禁前に内定をつかむなら『ニクリーチ』

無料登録・採用担当者と話すイベント参加はこちらから→人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる

就活アドバイザーと一緒にあなたに合った企業を探すなら『ハタラクティブ』

ハタラクティブ

無料登録・アドバイザーと一緒に探す就職活動はこちらから→就活アドバイザーの二人三脚の就活サイト『ハタラクティブ』

アバター画像
就活に悩んでから方向転換するのも重要ですが…就活スタートと同時に『幅の広い武器』を持っておくことも大事。就活頑張ってください!
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする