【2017年版】『家電のプロ』がおすすめする3つの厳選デジカメで家族との大切な思い出を残そう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (5)

アバター画像
スマホ全盛期にデジカメ?なんで?

スマホのカメラ機能が進化し続ける現代。デジカメとスマホの画質はほとんど差がありません。iPhoneに関しては、コンパクトデジカメの画質を超えるものすら存在します。

きっと、あなたはこう思っているでしょう。

「スマホのカメラで十分キレイに撮れるじゃん」

「スマホのほうが編集アプリあるし使いやすいよね」

「スマホのほうが写真のシェアがしやすいんだよね」

そんな時代でもあえて『デジカメ』を使う理由

それは…

アバター画像
大切な家族や大切な友人と過ごす瞬間。その『大切』を特別にしたいから。

ぼくがデジカメを持ち歩く理由。それは『特別な瞬間』という言葉にすべて込めました。

スマホのカメラ機能は進化している。それでもデジカメ使う理由は『特別な瞬間』を心に刻みたいから

スマホの画像レベルは、先にもお伝えした通り、進化しています。iPhoneに関しては、デジカメの画質よりも良いです。

それでもぼくは、

  • 大切な家族
  • 大切な友人
  • 大切な瞬間

『特別な瞬間』として切り取りたい。

スマホは日常と切っても切れない関係にあります。いつだって持ち歩いていて、いつだってすぐに取り出せます。いつだってすぐに写真を撮ることができます。

便利なスマホを持ち歩いているのに、わざわざ荷物になるデジカメを持ち歩くのは『ムダな行動』に感じるでしょう。

ぼくにとっては、この『ムダな行動』をすることが大事なんです。

さっと取り出して撮影できるスマホのカメラでもキレイな画像は保存できます。

でも、大切な瞬間を切り取るためにスマホではなく『わざわざ』デジカメを取り出して撮影する。

一見して手間にしか感じない行動は、自分が心の底から大事だと思える『特別な瞬間』にしかしません。

もしスマホだけで写真を撮っていたら。

もしデジカメだけで写真を撮っていたら。

すべての出来事がひとつにまとまってしまい、微妙な心の変化を鮮明に思い出すことができないかもしれない。

だから、ぼくはデジカメを使う。スマホとデジカメを使い分ける。

アバター画像
スマホで切り取った日常があるからこそ、デジカメで切り取った日常をより特別な瞬間として感じられる。これが、ぼくのデジカメを使う理由です。

人は、忘れられないような体験も、楽しかった思い出も、時とともに鮮明に思い出せなくなります。

その時に感じた大切な思いも。

大切な気持ちをいつまでも忘れたくない。

その気持ちからスマホとデジカメを使い分けるという結論にたどり着いたのです。

《デメリット》スマホのカメラ機能に存在する4つのデメリット

スマホのカメラは高性能です。何度も言いますが、iPhoneのカメラで撮った画像はすごく綺麗です。Androidでも画質綺麗なスマホはたくさんあります。

ただデメリットも存在します。

アバター画像
気持ちの部分ではなく機能としてのデメリットを4つ紹介します。

スマホのカメラのデメリットは、

  • ズーム機能で撮ると画質が荒れる
  • ズーム機能が弱い
  • 夜の写真は不鮮明
  • バッテリーが消耗してしまう

です。

SNSへの画像投稿にも便利なスマホカメラですが、撮影の状況で画像が荒れたりバッテリーが消耗してしまいます。

デメリット①:ズーム機能で撮ると画質が荒れる

デジカメとスマホのズーム機能の違いが原因です。

  • デジカメ;光学ズーム
  • スマホ:デジタルズーム

という方式を採用しています。

『光学ズーム』は画質の変化は少ないのですが、『デジタルズーム』は一定のズーム範囲を超えると画質が大きく荒れてしまいます。

家電のプロである電気屋の店員さんは、

「スマホは撮った画像をそのまま引き延ばすんですね。でもデジカメはズームしてから画像を撮るんです。この違いが大きいですね」

と言ってました。

画像が荒れていると雑に見えてしまって、大切な瞬間がぼやけてしまいますよね。

アバター画像
思い出はキレイなままで保存したいんです。だからスマホよりもデジカメが好きです。

デメリット②:ズーム機能が弱い

スマホ最大のデメリットと言っても過言ではありません。

ズームしても被写体に届かないんですよね。

城の天守閣を綺麗に撮りたくても、ズームで近づけない。結局ものすごく近くまで寄らないといけなくなってしまいます。

大阪城を程よい距離からキレイに撮ろうと思ってスマホで挑戦したことがあるのですが、残念なことにズームが届かない。

仕方がないので寄れるところまで寄って撮りましたが、煽り画像が撮れません。残念なことに俯瞰の画像が増えました。

家電のプロ、電気屋の店員さんは

「スマホは、もともとズームすることを計算に入れていません。被写体は近くのものだったり、自撮りとかで気軽に撮影する部分に特化しているんです」

と言ってました。

アバター画像
決して俯瞰の画像が好きなわけじゃないのに、スマホの画像フォルダに俯瞰画像が増えていく状況。結構切ないですよ。

デメリット③:夜の写真は不鮮明

ぼくは、プリウス日本一周で都府県庁を撮り続けるという旅をしたことがあります。

詳細はこちらから。

さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅
こんにちは。りむです。 はじまりましたね。プリウスで日本一周の旅。 ※この企画は、”Drive your dream!”...

そのときに活躍したのがauのスマホ『INFOBAR A03』のカメラ機能。

明るい時間に撮った都府県庁はわかりやすいですね。ただ暗い時間、夜に撮った都府県庁はなんだかよくわかりません。

家電のプロ、電気屋の店員さんは

スマホのセンサーは力が弱いので夜の撮影には不向きです。夜景を撮りたいならデジカメですね」

と断言してました。

アバター画像
「商売において、絶対の自身がない事象には断言をしてはいけない」と教わってきたぼくにとって、店員さんの断言は信用に値する発言です。

目黒川の桜並木のライトアップも、実際の感動を表現しきれませんでした。

こちらの記事で紹介しています。

《2018年版》東京で一番のおすすめは『目黒川』の桜並木!ライトアップされた幻想的な世界に飛び込む!
2018年も桜のキレイなシーズンになりました。 2017年の桜シーズンに合わせてはじめて訪れた『目黒川の桜並木』はとて...
アバター画像
大切な場面は、日中だろうと夜間だろうと、鮮明にキレイな状態で残したい。スマホのカメラ機能では想いを実現しにくいんです。

デメリット④:バッテリーの消耗が激しい

スマホはカメラ以外にも使用します。

  • 知り合いと連絡を取り合う
  • SNSのタイムラインを見る
  • 目的地までの案内を検索する

など、1日の利用頻度は大きいですよね。

スマホを使用していて一番怖いのは充電が切れてしまうこと。いかにしてスマホの充電を待たせつつ1日を乗り切るか

充電が切れたら連絡も取れなくなるし、移動する時にサッと調べるなんてこともできません。

スマホは手軽で便利ですが、充電されていないとただの鏡です。前髪を整えるために使うほか利用方法が見つかりません。

アバター画像
スマホはスマホ。デジカメはデジカメ。役割をわけて考えたほうがバッテリーの消耗も抑えられます。

家電のプロ『電気屋の店員さん』が厳選する3つのおすすめデジカメ紹介!

アバター画像
家電のことは家電のプロに聞く。電気屋の店員さんに聞いたおすすめのデジカメを3つ紹介します。

実際に家電量販店に足を運び、店員さんに選ぶポイントを伝えて、比較した結果です。

《はじめに》デジカメを買うに当たって提示した『譲れない6つのポイント』

ぼくがデジカメを選んだ時のポイントです。

以下のポイントに合わせて店員さんに選んでもらいました。

  • 夜間でも綺麗な写真が撮影できる
  • スマホのように手軽に持ち運べるコンパクトさ
  • スマホより画質が下がらない
  • ズームしても画質が荒れない
  • パソコンに取り込むときにストレスを感じない
  • 雪とか雨とかも綺麗に撮影できる

の6点です。ちょっと欲張ったかな感はありますが。

ここを外してしまうとスマホのカメラでよくなってしまうんですよね。

それだと、桜の儚さを表現できないし、花火の優雅さを写し出せないし、雪の力強さを醸し出せないし、夜景の優雅さを体感してもらえない。

外せません。

今回はビックカメラ(コジマ)・ノジマ・ヨドバシカメラの3店で店員さんに協力していただきました。

おすすめのデジカメ3選(+番外編)はこちらです!

※番外編は「これ、かなりおすすめですよ!」とノジマの女性店員さんに勧められたんですが、生産中止で在庫しか手に入らないデジカメということで番外編になりました

1位 Cyber-shot(サイバーショット)DSC-WX500 SONY

各店まわったときに一番おすすめしてくれたのがこちらのデジカメです。

おすすめポイントは、

  • 30倍の光学ズーム
  • 夜景もキレイに撮れる
  • シャッタースピードの速さ
  • 手ブレ補正の精度の高さ
  • モニターが動くので角度のある撮影や自撮りがしやすい
  • 持ち運び便利
  • Wi-Fi機能完備

です。夜景のキレイさとシャッタースピードに定評のあるデジカメです。

ただ、価格がちょっと高い。最安値は、ビックカメラの店員さんが副店長と交渉してくれた”即決価格税込36,000円”でした。あとは税込で40,000円ほどです。

ぼくは、モニターが動いたり30倍のズームはなくてもいいかなと思いパスしましたが、手頃なデジカメスペックの中では、群を抜いて良いスペックのようです。

カラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・レッドです。実際に見たときに、レッドは結構良い感じだなって思いました。

2位 Cyber-shot(サイバーショット)DSC-WX350 SONY

1位のサイバーショットの下位互換。

おすすめポイントは、

  • 20倍の光学ズーム
  • 夜景も安心のスペック
  • 恐ろしく早いシャッタースピード
  • めちゃくちゃコンパクト
  • 初心者でも扱いやすい
  • Wi-Fi機能完備

です。モニターが動かないので、自撮りや角度のある撮影はちょっと大変になりますが、WX500とそこまでスペックは変わらないようでした。

価格も25,000円前後でお手頃。これでも十分、目的を果たせます。

ということで、こちらを購入しました。シャッタースピードに関しては、間違いなくスマホより速いです。夜景は後述しますね!!

カラーバリエーションは、ピンク・ホワイト・ブラックです。男は黙ってブラック!

3位 EXILIM(エクシリム) EX-ZR1800 CASIO

「自撮りをするならこれがベスト!」

と言ってくれたのはノジマの店員さん。

男性よりも女性におすすめのデジカメのようです。

おすすめポイントは、

  • モニターが動くので自撮りしやすい
  • 手を振ることで自動撮影ができる
  • 18倍の光学ズームに加え、36倍のプレミアムズーム完備
  • プレミアムオートでキレイな写真が撮れる
  • 画像を美肌にしてくれる(ここ重要!!)

です。オートで最良の撮影状況を叩き出し、自撮りがしやすくて、最後に美肌に仕上げてくれるなんて、これは女性の強い味方ですね。

ただぼくは、男性なのと、自撮りよりも風景撮影がメインなのと、肌のキレイさには定評がもともとないので、パスしました。

女性の方におすすめです。カラーバリエーションもブルー・ゴールド・ブラックで、ブルーは結構カワイイ。

《番外編》 PowerShot SX610 HS Canon

サイバーショットのWX350とほぼ同系統のスペックです。やや劣るくらいって言ってました。

こちらは生産中止ということで、在庫のみの販売ということでした。ヨドバシカメラにはなくて、ビックカメラとノジマにはあったのですが、再来店したら在庫終わってしまっていました。

ノジマに関しては、大特価で15,000円で売ってたんですよね…。サクッと買って仕舞えばよかったなぁ…。

シャッタースピードはSONYに圧倒的に劣るとのことだったので、これもまた運命だったということにしましょう。

Amazonではまだ取り扱っているようなので、なくなる前にチェックしておいたほうが良いですよ!

《店員さん満場一致》コンパクトデジカメならおすすめはダントツでSONY!

ダウンロード (5)

どこの家電量販店でも高評価だったのが『コンデジならSONY』でした。

SONYは撮影スピードがダントツに速く、動く被写体を写真に納めたいならタイムラグの少ないSONYが一番ストレスを感じないとのことでした。店員さんはなぜかSONY好きだらけでした。

Wi-Fi対応のデジカメは、撮影した画像をスマホにリンクできるのでWi-Fiモデルが人気です。ほぼWi-Fiモデルに移行しているとのこと。

もしや…と思い、

アバター画像
Wi-Fiにつなげたらパソコンにも一瞬で同期できるんですか?

と聞いてみたら、

「パソコンにはSDカードもしくはケーブルでの接続です。直接はできません」

とのことでした。残念。

《比較》スマホの夜景とデジカメの夜景。画質はデジカメのほが良い!

実際に店舗で触ってみて、ズームも確認しましたが、

  • 20倍くらいのズームができれば十分
  • 自撮り・急な角度からの撮影はほとんどしない

という点から、ぼくはCyber-shot(サイバーショット)DSC-WX350を購入しました。

KIMG0538

これです!

実際にスマホの夜景とデジカメでどれだけ差が出るのか試してみました。

スマホの夜景画像

KIMG0536

これでもフラッシュついてます。キラキライルミネーションがくすんでますね。全体的にくすんでます。

KIMG0537

何気ない道も、街灯ばかりが輝いて、なんだか残念な結果に。

デジカメの夜景画像

DSC00005

色合いが全然違います。

DSC00008

このバランス感。

アバター画像
どうですか?スマホの夜景画像だと限界がありますね。

ぼくの一番のおすすめは、

これです!!

あなたの大切な瞬間を、特別なデジカメで。

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする