映画ReLIFE(リライフ)公開記念!マンガアプリ『COMICO』で原作一気読みしたよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (13)

映画ReLIFE(リライフ)の公開日、4/15(土)が近づいてきましたね!

映画公開記念ということで、ReLIFE(リライフ)の原作をマンガアプリ『COMICO』で一気読みできるのをご存知ですか?

その話数なんと173話!!

一気に読破しました。その時間、6時間でした。長かった!

※この記事を書いている4/12(水)現在、『COMICO』ではアプリをダウンロードすることで、ReLIFE(リライフ)の173話まで無料で読むことができます(4/20(木)までの期間限定です)

今回の記事は、壮大なネタバレを含みます。

  • ネタバレ上等!→このまま記事へ
  • 原作を先に読みたい!→『COMICO』アプリをダウンロードして読んでから記事へ
  • 原作を読まずに先に映画をみたい→映画を見て、COMICOでマンガを読んで、記事へ
  • アプリじゃなくて冊子で読みたい→Amazonのリンクへ(最新巻は7巻です)

という流れでお願いします。

せっかくなので、いつでも読めるようにカタチに残しておきたいですね!

4/15(土)映画公開に合わせて早速見てきました!映画の話はこちらから!

関連記事:映画『ReLIFE(リライフ)』の感想と映画公開記念入場者限定プレゼントに関して!!

ReLIFEとは?

『ReLIFE』(リライフ)は、夜宵草による日本の学園漫画。漫画アプリcomicoにて2013年10月12日から連載。2014年にはcomico初の単行本化もされており、2017年3月現在既刊7巻。
受験や就職につまづき続け、ニートとなった主人公が社会復帰の実験として高校生活をやり直す姿をコミカルに描く。

4/12(水)現在、連載中のマンガです。7巻までリリースされています。

物語のあらすじは、

前職を三ヶ月で退職し求職中の海崎新太。元々大学受験で二浪した上大学院に進学していたため、現在27歳と若くもなく就活は難航する。いわゆるニート状態に陥っていた。これからの生活に悩む新太の前にリライフ研究所の職員を名乗る夜明了が現れる。夜明は「リライフ」、ニートを社会復帰させるとして、新太に『1年間の高校生活を送る実験』に参加することを提案する。
1年間の生活費とその後の就職先の紹介のために、リライフ検証実験に参加することを決めた新太は、二度目の高校生活を送り始める。大学院まで卒業したはずの新太だが、テストを受ければ全教科赤点で追試の連続になり、体育ではボール投げでは肩が回らず、徒競走では足が釣って転倒する始末。
二度目の高校生活に悪戦苦闘する新太だったが、秀才だがコミュ症でボッチ女子の日代千鶴、勉強は得意だが運動音痴なチャラ男の大神和臣、ぶっきらぼうで努力家の狩生玲奈、編入生で天然系の小野屋杏……といった個性的なクラスメイト達と共に翻弄されつつも高校生活を送るうちに、新太の内面だけでなく周囲にも変化が起こっていく。

となっています。

物語の大筋は、人生なかなかうまくいかない主人公の海崎新太が17歳の姿になって、もう一度高校生活を過ごすことで、自分に足りない”何か”を見つけ出し、1年後の社会復帰を目指す話です。

人生をやり直す中で出会う自分より年下の高校生たちとのふれあい。海崎新太を取り巻く高校生たちの苦悩と葛藤に対して、全力で向き合いアドバイスする中で、自分に足りないものは何かを見つけていく。高校生たちに”生きることとは何か?””諦めてはいけない気持ちとは何か?”を教えてもらいながら成長していきます。

高校生たちの人間関係・恋愛模様にも注目です。”自分にとって大切な人は?”という視点から友情・恋心を描いています。

それと同時に、会社でのイジメ、理不尽さ、社会の歯車、評価されるべき人間がされない世の中、といったテーマで、”現代の社会のあり方は、これでいいのか?”という問題提起もしています。ここへの社会風刺の突き刺さる。

ReLIFE(リライフ)の見所は?

ReLIFE(リライフ)の見所は、何と言っても、”登場人物の心情の変化”です。

ReLIFE(リライフ)被験者の心情の変化は当たり前なんですけど、他の主要人物の心情の変化、想い、葛藤、苦悩。大人になって忘れてしまった気持ちを、高校生という視点から切り崩していきます。

ぼく個人としては、ReLIFE(リライフ)関係者の夜明了の行動の変化が一番の見所なんじゃないかなって思ってます。

ぼくたちは、大人になって大切な気持ちを忘れてしまったんだということをダイレクトに感じて、ちょっぴり切なくなってしまうね…。

海崎新太

ダウンロード (1)

物語の主人公。「田舎でこのまま人生を終わらせたくない!」という気持ちから上京。

二浪して大学へ進学。その後大卒で就職に失敗し、大学院へ進学。大学院卒業後、就職した会社は3ヶ月で退職。その後、フリーターへ転身。一応就活はしているが、人生を半ば諦めていて「どうせやってもムリだろ。だったら、このままでいい」と考えている。その割には、友人たちの目を気にしていて、飲み会に誘われるとスーツに着替えて、あたかも仕事しているかのように見せかける。一応、見栄は張る

ReLIFE(リライフ)開始当初は「このまま1年何事もなく過ごして、終わったら紹介してもらう仕事に就く」と言っていたが、彼の性分なのか、まわりの高校生たちの苦悩や葛藤に積極的に介入し、関わっている人たちの人生を変えていく

物語の序盤は、「こいつダメなやつなんじゃね?」って思ってたけど、物語の中盤で、”海崎新太が仕事を辞めた理由”が明らかになった時、抱えている闇の深さに涙しました。

自分自身の正義と強い信念が招いてしまった、”上司の自殺”によって自分のしたことは間違っていたのではないかという自責の念に追い込まれ、そして何事もなかったかのように済まそうとした会社に絶望し退職。

人生に、社会に失望していた理由。そして前向きに一歩進めなくなっていた理由はここだったのか、と。時に感情むき出しに話す場面や一歩身を引こうとする場面が織り混ざっているのは、過去の経験がそうさせていたんだな。

そんな中日代千鶴に出会い、「変わりたい」という彼女の想いと行動に心動かされ、前向きになっていく姿。そして、日代千鶴に心を奪われながらも「相手は高校生」「1念経ったら記憶から消えてしまう」という葛藤と戦う姿は、見応え十分です。

あぁ、淡い恋心。切ない。

ちなみに、日代千鶴もReLIFE(リライフ)被験者だということは、最新話現在で海崎新太は知りません。高校生だと思ってます。

日代千鶴

ダウンロード (2)

物語のヒロイン。海崎新太を動かすキーパーソン。友達がいなく、人付き合いが極端に苦手なぼっち。人とコミュニケーションがうまくとれない。

ただ、このまま高校生活を終わらせたくない、”変わりたい”という気持ちを持っている。海崎新太に「変わりたい。友達を作りたい」と言ったあの場面の彼女の心情。これ、物語が進んだ時に感じ方が変わります

はじめは、「そうだよな。せっかくの学生生活で友達がいないまま過ごすなんてもったいないよな」ってくらいでした。「このあと、海崎新太と急接近するんでしょ?」くらいの。

そして、物語が進むにつれ、日代千鶴のバックグラウンドが明かされます。

何度も伏線で、海崎新太は”被験者002”という描写があって。「”被験者001”は失敗だった」という描写の元、だから海崎新太は失敗できないっていう流れだったんですけどね。

実は、”被験者001”が日代千鶴で、2年目のReLIFE(リライフ)だったと判明した時は、「なるほど。すべてが繋がった」ってなりましたね。

”変わりたい”に込められている想いの強さ、はじめに感じた時とは比べ物にならない。

1年目には出来なかった友達が海崎新太の影響でできる。自分自身の凝り固まった思考が徐々に解かれていく。

そして、海崎新太もReLIFE(リライフ)被験者なのではないかと気づく勘の鋭さ。夜明了との関わり方。

その伏線のすべてが、「ちょっと待ってもう一度読み返す!」ってなりますね。そういった意味では、COMICOで読むよりも単行本で読んだ方が、伏線の再確認もしやすくていいかもしれません。

夜明了

ダウンロード (3)

ReLIFE(リライフ)研究所関東支部の職員。丁寧なサポートとおちゃらけた素顔を見せるキュートな男の人。海崎新太の担当職員。

「職員は被験者に過度に干渉してはいけない」と言いながら、なんだかんだ海崎新太のことを気にして、過度に干渉します。というより、海崎新太に影響されて、干渉の頻度が高くなっていく感じかな。

もともと、日代千鶴の担当職員。1年目に日代千鶴のことをうまくサポート出来なかった葛藤によって、海崎新太へのサポートが強いのかな?と思ったけど、ちょっと違うな。

夜明了自身も、たぶん過去に闇を抱えていて、その闇が海崎新太によって照らされてるんじゃないかなって思います。笑顔の裏に見え隠れする闇が気になる

日代千鶴のサポートの時は”過度に干渉しない”を守っていますし、友達もいません。お昼もひとりで学食で食べています。それが、海崎新太のサポートになり、まわりの高校生たちとの関わりが強くなりました。今までは影の部分が多かった夜明了にもスポットが当たり始めています。

彼のバックグラウンドは、あまり描かれていません。日代千鶴のサポート失敗の背景は描かれましたが、彼自身の話はまだありません。

本当は、彼自身も人生に絶望し、そして違う支部でReLIFE(リライフ)に出会った。ただ、彼自身もReLIFE(リライフ)を謳歌できず、”どうするのが世界なのか?”を模索するために職員になったのではないか?今回のサポートも、実は彼自身のReLIFE(リライフ)なのではないか?なんて推測しています。

これから卒業までの間に、夜明了のバックグラウンドが明らかになっていくのではないかと密かに楽しみにしています。

大神和臣

ダウンロード (4)

見た目はチャラチャラしている。チャラオーガ。でも、純情で鈍感な天然秀才ボーイ。彼もまた、人生に闇を抱えているひとり。面倒見がいい。

家族構成は、父・兄・自分の3人。父は収入が低く、自分もバイトしないと家計がまわらない。彼女の狩生と週末デートできないのはその影響。でも、狩生にはそのことを言い出せなかった。

優秀と言われた兄も、社会に出て人間関係の理不尽さに心を消耗し、引きこもりニートに。現代の世相を反映し、問題提起している。

彼の抱えているバックグラウンドは高校生が抱えられるレベルの度を超えている。でも、それが現代の状況なんだろうな。

「日本はこのままでいいのか?働くということは、こういうことなのか?自分を殺してまで社会に沈んでいく必要はあるのか?」

それでも、ただ必死に、明るく振舞う彼の姿に心動かされる。

狩生玲奈

images

”ざ・女子高生”って感じの女の子。恋に部活に勉強に、いつでも全力投球。でも、素直になれない。

海崎新太に出会わなかったら、彼女はもしかしたら自分の気持ちと正反対の方向に進んで高校生活を終えてしまってたかもしれないと思うと、海崎新太がリライフした理由は”自分の人生を変える”だけでなく、問題を抱える若者を救うために存在しているんじゃないかなって。

狩生が大神と付き合うことが出来たのも、一度は諦めたバレーの大会に出られたのも、親友と仲直りできたのも、勉強で挫折して日代に嫌がらせをしようとしたのに友達になれたのも、すべて海崎がいたから。

それを理解しているから、海崎のことを気にしてくれているんだろうな。

女子の思春期特有の悩みを惜しむことなく詰め込んで切れているから、「あぁ、女の子ってこんなこと考えてるんだ」って参考になります。

今後、物語はどのような展開を迎えるのか!?

映画の公開を控えているReLIFE(リライフ)ですが、原作はまだまだ連載中です。卒業に向けて、個々の登場人物のいろんな問題が浮き彫りになる中で、

  • 海崎新太の恋の行方は?
  • 海崎新太のReLIFE(リライフ)がもたらすものは?
  • 日代千鶴の行動の変化は?
  • ふたりが社会に復帰したとき、記憶は残るのか?
  • 記憶から消えてしまう高校生たちはどうなるの?
  • 夜明了のバックグラウンドは?

目が離せません。

COMICOは4/20で読み放題が終了してしまうので、単行本で追いかけようと思います。

また、原作がエンディングを迎えていない中で描かれる映画での”卒業”とその後はどう描かれるのか?

映画からも目が離せませんね!

ぼくも、リライフしたい…。

ダウンロード

映画ReLIFE(リライフ)公式サイトはこちらから!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする