《2017年版》全国屈指のお花見スポット。目黒川の桜並木ライトアップ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

KIMG0517

こんばんは。りむです。

前回、目黒川の夜桜をはじめて見に行った時の記事を書きました。

関連記事:桜シーズン到来!東京でお花見するなら”目黒川”がおすすめ!!

とても綺麗でした。心が洗練されていく感覚でした。

夢のような時間。目黒川の桜並木いいなぁ〜あぁ〜幸せ…!

なんて感傷に浸りながら帰ってきたわけですが。

「ちょっと待てよ?ライトアップされている桜を見てないし。提灯も光を灯してないし。800本のもソメイヨシノが続くと言われている桜並木だって、一部しか歩いてないし」

「これでは、『少しのことにも先達はあらまほしきことなり』なんじゃないか?」

「こんな中途半端で『目黒川の桜、綺麗でした〜!!』なんて言って、ブロガーとしてそれでいいのか?」

ダメだ。この記事を読んで「目黒川いいなぁ!」って思ってくれた人たちに申し訳ない。

ということで、駆け込みギリギリ。目黒川の桜並木を再訪問してきました。2017年決定版です。



準備万端!いざ目黒川の桜並木へ!!

おさらいしましょう。

ライトアップ・提灯点灯に関しては、以下のスケジュールです。

桜のライトアップ

場所:南部橋〜宝来橋の区間

期間:桜の開花〜4/10前後

時間:17:00〜21:00

提灯の点灯

場所:大橋から品川区との区境までの目黒川沿い

期間:3/25〜4/10

時間:日没〜21:00

ライトアップ・提灯点灯の時間に合わせて目黒に到着です。

今回の”桜舞い散る中に忘れた記憶を取り戻すための散策コース”は

  • 目黒新橋〜品川の区境
  • 品川の区境〜中目黒駅
  • 中目黒駅〜その先の未来へ

です。総移動距離はわかりません。結構な長さです。

まずは品川方面に行けるところまで歩いてみます!


ということで、2日ぶり2度目の目黒川に到着しました。

今回も、スタートは目黒駅。目黒駅の坂道を下って目黒川まで進みます。2度目なので手馴れたものです。

本日は、午後まで雨が降っていましたが、さすがの晴れ男。こういうときは雨が止みます。傘持って行ったけど、一回も使いませんでした。強運の持ち主です。

到着は17:45。では、2日前に歩いた道をトレースしてみましょう。

KIMG0500

キッチンカーが出ています。クレープ屋さんの前にはたくさんのお客さんが。提灯点灯の時間帯は、キッチンカーがきているようですね。

KIMG0501

キッチンカーの隣にはお酒を販売している屋台が。簡易的な座席も用意されており、ここで休憩がてらお酒を飲んだり、軽食をとる人たちがいるようです。

ちょっとしたお店が出ているだけでも、なんだかお祭り気分でワクワクしますね!

KIMG0502

こちらは提灯がないエリア。品川方面はすべての桜並木に提灯が出ているわけではないようです。まだ明るい時間なので、桜の写真は撮りやすいです。他にも写真を取りに来ている方がたくさんいました。

KIMG0503

目黒川の水面に向かって枝垂れているソメイヨシノ。この桜に囲まれた目黒川を川下りしたら気持ちいいんだろうなぁ。

品川の区境から中目黒方面に戻ります

品川区が近づくにつれ、桜並木も減少し始めます。

途中、高速の架線に差し掛かったところで、ルートを変更。対岸を目黒川方面に歩き始めます。

KIMG0504

提灯のエリアに戻ってきました。提灯の光でライトアップされている桜。強い光ではありませんが、オレンジの優しい光が、桜に良いアクセントをつけています。

うーん、風情。

KIMG0505

綺麗ですね。まるで、自分の過去の傷を癒してくれるような。そんな暖かい光です。

KIMG0506

川沿いに続く、提灯の光と桜並木。どうしてでしょうか。千と千尋の世界を思い出します。

KIMG0507

少しずつ日が落ちてきました。桜を見に来ている人たちの人数も増えてきました。この道の先、人・人・人です。幸せそうなカップルばかりが目に付きます。

この長い桜並木ルートも、大好きな人と一緒に歩いたら、距離も時間もあっという間なんでしょうね。

KIMG0508

一瞬、人がいなくなったので。

雨で濡れた道。曇り空に差し込む一筋の光。提灯の暖かい光。桜の青。緑道の木漏れ日(は、ないか)

都会の喧騒を忘れさせてくれる時間がここにはあります。

KIMG0509

川に頭を垂れる桜。風情。

KIMG0510

この道は街灯も少なく、ライトアップもされていない道です。お昼の時間に通るのがおすすめかな?

KIMG0511

対岸の桜が、目の前のショップの光に照らされて輝いています。

写真の腕が低いぼくが撮影するこかんな感じになります。ちゃんとしたカメラで、ちゃんとした写真を取れるようにならないと、ブロガーとしてまだまだだな、と感じた切ない瞬間です。

KIMG0512

違う角度から。うーん、カメラ買おう。Amazonで。いきなり本格的なものを買っても使いこなせないので、初心者にちょうどいいデジカメないですかね?

KIMG0513

すっかり日も落ちました。写真では伝わらないくらいの綺麗な風景がそこにはあります。

中目黒駅に到着 もう少し先へ進んでみましょう

中目黒駅に到着しました。ここまで結構な距離があります。足が若干悲鳴を上げ始めています。きっとひとりで歩いてきたからでしょうね。

カップルで会話しながらだったら、全然余裕だったかな?

では、中目黒駅を超えて、もう少し進んでみましょう!

KIMG0514

中目黒エリアに入ると、出店が増えます。人の数も尋常じゃないくらい増えます。

どうやら、目黒川の桜並木のメインは中目黒だったようです。事前の情報がないまま突き進むと、大事なことを逃してしまう良い例ですね。

リベンジして良かったと心から思いました。

しかし、人が多いなぁ。

KIMG0515

出店で働いている人たちも、なんだか楽しそうです。

KIMG0516

桜が、ライトに照らされて、淡い光を放っています。この一角に出店が集中しています。お祭りのメイン会場のようなところですね。

焼き鳥・フランクフルト・焼きそばなど縁日で楽しめるラインナップがずらっと並んできますね。中に入ろうと思ったのですが、出入り口が混雑していて、入れません。

この混雑状況はいったい…。と思ったら、ライトアップ終了前の最後の日曜だったんですね今日。なるほどね。土曜は雨だったので、日曜に人が集中してしまたのですね。納得です。

ちなみに、ここにいる現在時間は19時前。ライトアップ終了は21時。ここからまた人が増えるんでしょうか?

KIMG0517

ライトアップされた桜並木道を進みます。

ここから先は通行ルールが定められています。中目黒駅側から右ルートで進み、左ルートは戻ってくるルートになります。

右ルート、めちゃめちゃ人がいます。みんな、声のトーンが高い。楽しんでます。楽しそうな人を見ると、なんだかジウンも幸せになってしまいます。

KIMG0518

川の下から照らされる桜の花びらたち。夜の闇と桜の光が共鳴しあって、なんとも言えない前走的な世界です。

KIMG0519

圧巻の桜並木。神はどうしてこんなにも美しい桜を地球に残したのか?

それはきっと、桜を見る人類の姿を空から見て、幸せを感じたかったからでしょう。

KIMG0520 (1)

もう、言葉はいりません。心で感じましょう。

KIMG0521 (2)

道中、たくさんの屋台が出ています。

定番の焼き鳥・焼きそば・ビールなどはもちろん、イタリアンピッツァやスパークリングワインなども販売されています。

スパークリングワインのグラスに、桜の花びらを閉じ込めたおしゃれな写真を撮影しているおしゃれな女の子もいました。

胸が高鳴ります。

KIMG0522 (1)

あぁ。

KIMG0523 (3)

綺麗すぎた…。2回目行って良かった。

帰りは中目黒駅から!

ライトアップされた桜並木を堪能し、満足したので中目黒駅に戻ります。

中目黒駅は大変なことになってました。

信号が青でも渡れません。先に渡った人たちが駅構内に入るまで、お預けです。

反対に、これから桜並木に向かう人たちもたくさんいました。これは、21時以降は、巨人戦終了後の水道橋状態になること必至ですね。

それだけ、人気度の高い桜スポットなんですね。 目の前のスタバも満席。

ライトアップは10日まで!!

目黒川のライトアップは10日まで。この記事を買いている時点で残り1日となっています。

ですが、桜は明日散ってしまうわけではないので、お花見はまだまだ間に合います!!

素敵な桜並木、あなたも大切な人と一緒に目黒川まで足を運んでみてはいかがでしょう?おすすめのルートは目黒駅から川に出て、中目黒まで歩くコースです。

提灯の点灯がなくなったら、品川との区境まで歩く必要はなさそうかな。

ぜひ、休日を使って行ってみてください!



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする