【内定辞退】宿泊研修は『洗脳研修』…大学4年の12月に内定辞退した5つの理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images (1)

もう10年以上前の話です。

ぼくは大学4年の12月に内定が決まっていた会社を辞退し、1月に違う会社の内定をもらって新卒で入社しました。

12月の段階では、辞退した企業に入社する予定でした。

大学3年の12月に内定をいただき、

  • 12月:大阪本社での内定者懇親会
  • 3月:東京エリアの内定者懇親会
  • 6月:東京エリアの内定者懇親会
  • 10月:大阪本社での内定式

と数多くの内定者懇親会に参加。

そして、入社前のはじめての研修が12月に宮崎県の研修ハウスで行われました。

アバター画像
内定からずっと良くしてくれていた会社。懇親会も飲み放題だし上質な食材を知ってほしいという理由でホテルでのコース料理や高いお肉を使ったすき焼きが振舞われていました。

そして12月の宮崎研修2泊3日。

これまでの伏線を回収するかのごとき『洗脳研修』が行われることになるとは、研修に参加する内定者は誰も思ってませんでした。

いままでの会社からの待遇からして『宮崎観光』くらいの気持ちで羽田を飛び立ちましたからね…。

アバター画像
新卒で就職が決まっている学生を脅すことが目的ではありません。もしあの頃のぼくと同じ感情を抱いている学生がいるのであれば…1月からの方向転換でも間に合います。逃げるならいまです。

参加無料!1回限定50名の内定直結型合同説明会!18新卒でもまだ間に合う就活はこちら→即日内定イベント MeetsCompany

【内定辞退】大学4年生の12月に内定を辞退して違う会社に入社した3つの理由。

大学4年。すでに大学卒業要件の単位も取得し、あとは卒業と就職を待つだけだった12月。

卒業、そして社会人になるまであと3ヶ月という目前に迫った状況から内定を辞退し、違う会社に入社した5つの理由をお話しします。

アバター画像
もし、ぼくと同じような不安や恐怖、悩みを抱えているなら…違う選択肢を考えることも大事です。

『この会社やばいな…』という直感はだいたい当たります。

入社まで3ヶ月しかない時期だと『次の会社が決まらなかったらどうしよう…』と不安を感じると思いますが、入社してから

『この会社ムリだ…』

と感じて会社を辞めてしまうよりも、いまが一番行動しやすいはずです。

アバター画像
就職氷河期と言われていた2000年代でも、内定辞退→1月内定というステップは踏めましたし、入社後最短で店長になることもできました。適材適所です。

辞退理由①:『入社後はマネージャーになるまで先輩社員と共同生活』

研修当日に明らかになった事実。

入社したら、強制的に引っ越し。引っ越し先は、同じ事業所の社員が生活する『ドックハウス』と呼ばれるマンションの一室。

イメージはシェアハウスです。

4LDKのマンションで先輩社員と共同生活です。

アバター画像
要するに、寝ても覚めても、仕事中も、つねに社員の誰かと一緒にいる状態。『監視下』に置かれている状態です。

自由も何もありません。強制です。

この状況から脱出するためのたったひとつの方法は『マネージャーになる』こと。

マネージャーにならない限り、たとえ結婚していても『ドックハウス』から出ることは許されません。結婚していても別居状態です。

(ちなみに内定式でみんなの前で所信表明した同期は、結婚後も別居が続いたことで離婚。その後精神を病んで退社してました。逃げてよかった)

大学3年の内定から研修までの1年間、誰も話していなかった事実が、入社3ヶ月前に明らかになるこの感覚、ちょっと面白いですよね。

アバター画像
この時点で、入社することを一瞬ためらいましたが、研修中はそのことを考える余裕もないくらい追い込まれていたので…。帰ってきて友人に話して『そこ、やばくない?』って言われてハッとしました。

自分では気づけないこともあります。まわりの友人に相談することは大事です。

辞退理由②:『勤務時間は8〜22時が基本。休みは週1日』

年収600万円スタートの真実。

  • 勤務時間は8〜22時が基本
  • 休みは週1日

当時、総合職採用は、

  • 月収:40万円
  • ボーナス:60万円×2回

が基本と聞いていました。

アバター画像
1年目から600万円って勝ち組じゃん!

なんて思ってましたが…研修のはじめに発表された真実。何事も3ヶ月前までひたすら隠し続ける会社もすごいですが。

1日14時間拘束×月26〜27日勤務は、月の労働時間を計算すると『およそ340時間』です。

時給に換算すると『1200円』くらい。ぼくの前職の学習塾は『2300円』くらい。

完全にブラックですね。入社しなくてよかった本当に。

アバター画像
前職(学習塾)の労働時間が残業ほぼなしで『180時間』だったので、そこから考えると余裕で過労死ライン超えてますね。産業医に診てもらわないといけないレベルですね。

異様すぎますね。

この状況を社員の人は当たり前だと思っていたし、『楽しい仕事をずっとしてられるから幸せ!』とか言ってました。

言うまでもないと思いますが、22時以降も先輩社員と同じ家に帰るので仕事です。

辞退理由③:『研修は6時起き。夜は24時まで。24時以降は翌日の準備』

ざっと研修の1日を紹介すると…

  • 6時:起床。10kmマラソンの開幕。
  • 8時:入浴。時間はひとり15分。その後朝食。
  • 9時:座学研修開始。満身創痍の研修生に社訓・理念を洗脳。
  • 13時:20分ほどの昼食時間。その後理念唱和、入社後の目標を声出し。なぜか試験。目標が会社の理念に合わないと何度もやり直し。
  • 18時:バーベキュー開始。2時間ほどの宴会。
  • 20時:研修再開。ロールプレイング。延々ロールプレイングをやり続ける。
  • 24時:研修終了。翌日のロールプレイング試験準備。
  • 2〜3時:就寝。翌日は6時起き。

このタイムスケジュールです。

座学では会社の沿革やCEOの人柄、理念、ビジネスマナーなどを徹底的に叩き込まれます。

ウトウトしようものならその場で名指しされ立たされ『ウトウトした理由を言え!』と怒号が飛びます。

ウトウトした理由は『眠いから』以外にありえませんが、その場の最高意思決定者(専務)が納得する回答が出てくるまで延々と謝罪の意を述べさせられます。

そして、座学が終了すると、理念・自分の目標の唱和。大声で叫び続けます。できないと何度もやり直し。そして試験。チーム全員が一斉に合格しないと何度もやり直しです。

『声が小さい!』『心がこもってない!』『仕事をする上での本気度が足りない!』『会社への愛が感じられない!』

アバター画像
笑えます。いまなら。入社すらしていない研修生が、なぜ会社に愛を感じることができるんでしょうね?でも、満身創痍だったぼくたちは涙を浮かべながら『会社のことが大好きです!』と叫び続けました。

異様な光景です。

辞退理由④:『研修中は朝10kmマラソンスタート。全員一緒に完走しないと反省文』

朝6時起床。そして始まる地獄の10kmマラソン

6名(男:3名 女:2名 サポート社員:1名)のチームで10kmを走ります。

ルールは、

  1. チーム全員でスタート
  2. チーム全員でゴール

です。

全員でやり遂げてチームでの達成感を共有するっていう手法。全員でゴールできなければ反省文です。

ぼくを含む内定者の前日の睡眠時間は3〜4時間です。睡眠時間3〜4時間の状態で朝から10km走るとどうなるか知ってますか?

朝から極度の疲労感で『思考停止状態』に陥ります。

それでも、サポート社員の人が『みんなで走りきると気持ちいいね!』なんて言うので、だんだん気持ち良い気がしてきます。

10km走るって、ネガティブなことのひとつでも言い合いながら走りたい気分ですが、マラソン中に飛び交う言葉はポジティブな言葉のみ。

アバター画像
そういうことです。サポート社員がひとりいる理由。チームが一緒にいないといけない理由。すべて『監視下でネガティブな発言を抑止する』ためです。

洗脳教育が行き届いていますね。

そして、走り終えた後の極度の疲労から、研修中は思考を張り巡らせることが億劫になり、単純作業を洗脳されるがまま繰り返します。

辞退理由⑤:『食事は上司に合わせろ!上司が席に着いたらいただきます。上司が食べ終わったらごちそうさま』

確実に『パワハラ』で訴えることができます。現代なら。

当時は『パワハラ』という言葉が浸透していなかったのが残念です。

研修に参加している社員で一番格上だったのは『専務』でした。

食事(3食全て)の順序は、

  1. 専務が食堂にくるまで全員待機
  2. 専務が食堂に入ってきたら全員起立し座っていいと言われるまで立ち続ける
  3. 専務が食べ始めたらいただきますの合図
  4. 専務が食べ終わったら無条件で全員ごちそうさま
  5. 食事中も専務が立ち上がるたびに全員起立

『作り話だろ?』って思った人、います?

ぼくも、そう思いたいです。でも、これは現実。目の前に広がる異様な光景でした。

ただ、極度の睡眠不足状態から朝10km走ってきた研修生は『異様』という言葉を頭に浮かべることすらできない。もう、言われるがままやるしかないのです。

アバター画像
あ、あとね、お昼ご飯で納豆が出るんだけど…納豆も混ぜすぎるとめちゃくちゃ怒られる。『混ぜすぎると匂いが強くなるから、10回まで』って言われました。みんなの前で怒られました。

その場の一番偉い人が絶対。専務が言ったこと、それがルール。

夜は毎日バーベキュー。18〜20時で、お酒も出てきます。宴会騒ぎです。

常に宴会芸を求められます。そして辛辣な言葉で『センスなさすぎ。そんなんで仕事できるの?』と言われます。へへへ…しか言えません。ちょっと泣きそうになります。

すべったり意味わからないことやるとガチ説教されます。

アバター画像
20時ごろに宴会はお開きです。その後は二次会…ではなく、まさかの研修再開です。お酒入った状態から研修続けるって異様だよね。

『異様な研修の末路…』研修のフィナーレを公開!

アバター画像
この異様な研修を最後までやり遂げたとき。そこに訪れた研修生たちの感動のフィナーレを公開しましょう。

研修の締めくくりはロールプレイングの試験。

チーム全員で作り上げた実演販売のロールプレイングをやり遂げて合格。

そして、研修の最後に待ち受けていたのは…研修生の『決意表明』でした。

  • 3日間やりきった達成感
  • 最後の最後で優しい言葉をかけてくれる専務
  • 会社の絶対的『神』であるCEOの登場

研修生の決意表明に対して一言ずつ言葉をかけていきます。

その言葉に号泣する研修生たち。サポート社員も泣いています。

感動の場面ですね。

  • 『入社して、この会社に貢献できるように頑張ります!』
  • 『この研修で学んだことは決して忘れません!』
  • 『この研修を突破できた自分はなんでもできると確信しています』

と泣きながら話し、拍手が起こります。

立派に洗脳された社員たちの完成です。

ぼくは感動の決意表明が行われる中、

アバター画像
過酷な労働時間と先輩社員との共同生活がまっている状況で、『頑張ります!』なんて言えない。研修よりキツイことはない?研修は3日間だったけど、これがこの先何十年って続くんだよなぁ?

って思ってしまいました。

そして、ぼくの決意表明だけダメだしされてやり直しました。

社会不適合感溢れるエピソードです。

『年収600万スタート!アットホームな職場!社員イキイキ輝いてる!』という募集内容は一部の強者にしか通用しない…

  • 年収600万円スタート!
  • アットホームな職場!
  • 社員がイキイキ輝いてます!

大学生だった当時のぼくは、選考中も懇親会中も上記の言葉を疑いませんでした。

社員のみなさんはアットホームで暖かいし、イキイキ輝いてるように見えたし、年収も魅力的。

アバター画像
社会にでて働いて10年。会社の人事やリクルーターの人を見ていて気づきましたが、イキイキ輝いて楽しそうに仕事している人が学生と関わってるだけなんですよね…。
  1. 年収が高いのは事実。ただ労働時間は8〜22時。
  2. アットホームなのは事実。ただ会社の洗脳にどっぷり浸かって生き残った社員のみ。
  3. 社員がイキイキ輝いているのは事実。ただ表面に映る一部の社員のみ。

社会にでて仕事をするということは、楽しいことばかりではないのはわかっています。

ただね、

  • 朝10kmマラソンの強要と未達成時の反省文
  • 上司の食事時間に合わせた自分のペース
  • 研修なのに6時起き24時終了→翌日準備
  • 入社後の共同生活
  • 買い物すら管理される状況

っておかしいんですよ。自由はどこいった?会社に骨を埋めろと?

アバター画像
このまま入社したら、絶対に潰れる。精神的におかしくなる。

直感でそう判断し、研修から帰ってきた翌日に人事の人に電話して、内定を辞退しました。

アバター画像
内定辞退の連絡をしたときは、人事の人に『いま辞退しても行くところなんかないよ』とか『あなたの実力じゃ社会に通用しないよ』とか言われましたが、そういった言葉を浴びせられたことで、逆に踏ん切りが着いたのかもしれません。
  • このまま就職していいのか悩んでいる
  • 内定辞退して違う会社の選考を受けたい

あなたがそう思っているなら、まだ間に合います。

MeetsCompanyが主催している内定直結型の合同説明会なら、一度の説明会で多くの会社に触れることができ、その場で選考を受けることも可能です。

アバター画像
『現状を変えたい』『もう一度将来に関して考え直したい』と悩んでいるならMeetsCompanyの合同説明会を検討してみるのも選択肢のひとつとしてありです。

合同説明会の予約はこちらから→即日内定イベント MeetsCompany

中途採用で転職を考えている方はこちらの記事がおすすめです!大手の転職サイトにこだわらない転職活動が成功のカギ!!

中途採用なら『業界別転職サイト』がおすすめ!大手転職サイトが使えない理由!
転職市場が活発に動く時期は11〜1月です。 各業界・企業で、2月〜3月中の退職者が増えるため、4月から始まる新年度に向けて『即...

就活がなかなかうまくいかなくてモチベーションが下がっている学生は『就活の仕方の方向転換』を考えてみてはどうでしょうか?

「就活、つらい…」就活に疲れた学生へ。いますぐ内定が欲しいなら『取るべき行動は3つ』だけ!
「就活、つらい…」 「もう説明会にいきたくない…面接もムリ…」 学生の就職活動は本当につらい。 なけなしのお金を握...
スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする