Amazonプライムの映画タイトルが増えてたので漁ってみました!(3月の映画鑑賞日記)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-8

新しい映画が続々と増えてます!

関連記事:【怪我の功名】自動更新してたAmazonプライム。もったいないから会員特典を使ってみた結果…。

関連記事:Amazonプライム無料登録のワナに気をつけろ!まじで!!

関連記事:「 プライムビデオ 」一覧

※「プライムビデオ」一覧から鑑賞記録をすべて確認することができます

2月は何かと忙しく、3月は日本一周をしていたので、やっと落ち着いて映画を観る時間が作れるようになりました。

久しぶりにAmazonプライムビデオのラインナップをみてみたら、新しく追加された映画が結構ありました。気になる作品が多かったので、一気に観ちゃいました!

↓↓ここから、3月に観た映画・ドラマの感想書いてくよ!!↓↓

久しぶりにAmazonプライムビデオを観て、やっぱり日本の映画は面白いし、クオリティ高いし、考えさせられる内容が多いなって思いました。

映画を見るだけで、勉強になるし、視野が広がります。Amazonプライム会員の方は、言われなくても活用してると思うけど、どんどん活用して欲しいです!

アフタースクール

ダウンロード (14)

予想を裏切られる物語がとても面白い!

要所要所に散りばめられた伏線の回収が上手。木更津キャッツアイみてる感覚に近いかな。「えっ、マジで!?」っていうところが多かった。

物語の進行もスムーズだし、みていて飽きない。あとは、何が本当で何がフェイクなのか、ってところ。人間って、こんなにも偽りをさも当たり前のように見せられるんだね。

かなりおすすめの作品。

「アフタースクールってそういうことか!」

って最後の最後で繋がるよ!

下妻物語

ダウンロード (15)

下妻の風景とか、牛久の大仏とか、茨城県が満載の映画。日本一周で下妻に行ったからこそ、実際の道路とか田園風景が楽しめた映画だったかな。

内容は”かけがえのない友情”を描いてる。うん、内容だけ切り取ると、下妻でやる必要はあったのかな?ってところは疑問が残りますが…。千葉でも埼玉でもどこでもいいんじゃないかな?

人と人との繋がりっていうメッセージはかなり強くて、大事な人をもっと大事にしようって思えるいい映画でした。ぼくは、大好きだよ。

川瀬智子さんの歌もぐっと心に響きます。

大洗にも星は降るなり

ダウンロード (16)

日本一周で茨城の大洗に行ってから、気になっていた作品。作中に”銚子”も出てくるのね。山田孝之さん・戸田恵梨香さん・山本裕典さんが出ています。

勇者ヨシヒコっぽいなぁと思ってたら、監督が福田雄一さんで同じでした。このテイスト大好き!登場人物の掛け合いだったり、ひとりひとりのエピソードだったり、最後のどんでん返しだったり、息つく間もないくらいの圧倒的なテンポと面白さでした。

海の家のバイト、面白そうだなー。今年の夏は、海の家で働いてみようかなー。

もちろん、湘南の江ノ島でね!

(ちなみに、作中で湘南江ノ島は365日24時間ひとがいて賑わってる海みたいな表現がありますが、そんなことないですからね!夜は閑散としてますし、冬は人が少ないですよ!)

ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ

ダウンロード (17)

公開された時から気になっていたけど、なんだかんだ観ることがなく今日まで来てしまった映画。観る機会がやっときました。

思ってた以上に深かった。人間の葛藤とか感情とか。「誰かを超えたい」っていう気持ちとか。でもそこまで根性がなくて、諦めちゃったりとか。それでも超えなきゃいけないのは自分自身だったりとか。

考えさせられる映画です。

「このままでいいかな」とか「どうせ自分なんか」とか、言い訳して諦めちゃったり、中途半端に投げ出しちゃったり、でも本当は自分の”こうありたい”っていう姿を持ってて葛藤、モヤモヤしている人にとっては、一歩踏み出せる映画なんじゃないかなって思います。

GReeeeNのBeFreeという曲も映画の世界観にマッチしていていいですね!

麒麟の翼〜劇場版・新参者〜

ダウンロード (18)

東野圭吾さんの小説です。加賀恭一郎シリーズですね。原作は読んだことがあったのですが、映画は観たことがありませんでした。

複雑に絡み合う人間関係と事件。ひとつひとつの真実が結びついて、本当の真実にたどり着く様は観ていて圧巻でした。どうして東野圭吾はこんな物語が書けるんだろう?

それと同時に”生と死”に関しても考えさせられる映画です。その人が何を考え、何を行い、何を目指していたのか。人の本音の部分は、表面だけではわからない。もっと深いところにあるんだなって。

迷うことがあったら、行き詰まったら、必ず原点に立ち返る。真実はいつだって原点から始まる。恭さんに教えられました。

ただのミステリー推理作品では片付けたくない映画です。

自分にとって大事な人を、どれだけ信じることができるかですね。エンディングは大事な人が頭に浮かぶんじゃないかな?

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

ダウンロード

市原隼人さん主演の映画です。市原隼人さんって、ちょっと悪めの明るい役所をやらせるとかなり映えますね。笑い方が特徴的でクセになる。

市原隼人さんたちと佐々木蔵之介さんたちとの関わり方、戦い方だったり、街の人たちを取り巻く人間模様だったり、現代にはない1970〜1980年代の古き良き時代のテイストがふんだんに散りばめられていて、見応えのある作品でした。

昔の時代の方が、現代よりも人と人との関わりは深いなぁって本気で感じられますね。ひとつひとつの動作だったり会話に温かみがあるのが好き。

これは、かなり面白い!自身を持って勧められる作品です。

天空の蜂

ダウンロード (1)

2015年に公開された、東野圭吾さん原作の”天空の蜂”がはやくもAmazonプライムに登場です!

原発の問題を取り上げながら、日本とは、家族とは、守るべき物とは、とテーマが多い。サスペンス映画ではあるけど、社会論に関わる要素が強い作品だった。東野圭吾さんは、どんなテーマでも完璧に書き上げるな。すごいな。

ぼくは、この作品から”逃げない”っていう気概を受け取った様な気がします。「嫌なことでも逃げないでやる」っていう根性論ではなくて、「自分にとって大事で、守るべきモノ、守るべき人、そこから目をそらさないで向き合う」っていうお話ね。

見応えのある映画でした。

ホテルコパン

ダウンロード (2)

2016年公開、市原隼人さん主演の映画、”ホテルコパン”もAmazonプライムビデオで観ることができます。

内容が重い重い。物語の進行も、序盤から中盤にかけてモヤっとする展開が淡々と同時進行で進んでいきます。登場人物たちの複雑なバックグラウンドが浮き彫りになっていく。

その深い闇に沈んでいく姿が、1998年長野オリンピックで大きな盛り上がりを見せた日本のジャンプ陣の栄光、そして、長野オリンピック以降の白馬の街の衰退になぞらえて描かれています。

そして、終盤に迫るにつれ、ひとつひとつの闇が晴れていく。抱えた闇、逃げ出した過去、それすらも乗り越えて、”もう一度歩き出せばいい”ってメッセージ。

作中に出てくる、

  • ”雪が溶けたら何になる?”
  • ”人生生きていればいいことはある…一個くらいは”

辛いことがあっても”必ず春はくる”とか”悪いことばかりじゃない”と背中を押してくれる作品です。

ただ、序盤から中盤の展開が淡々とした闇、人生っていつだって華やかなわけではなくて闇の部分が多いというのを如実に表している描写が多い感じなので、苦手な人は苦手かもしれません。決して華やかな物語ではありません。

三谷幸喜「大空港2013」

ダウンロード (3)

コメディやらせたら右に出るものはいない三谷幸喜さんの作品です。

めちゃめちゃ面白かった!観て損は絶対にない作品です。

登場人物ひとりひとりにエピソードがあって、誰が主役で誰が脇役とかなくて。人生って、すべての人が、みんな平等に自分の人生を持っていて、すべての人が主役なんだなって思えた作品でした。

三谷幸喜さんのお家芸でもある”ドタバタ”がふんだんに盛り込まれているんだけど、安心して観ていられる物語でした。ある意味、人間の闇の部分も扱ってるんだけど、こうも明るく描写できるんだなって。

おすすめなので、Amazonプライムに登録している人は時間見つけてぜひ観て欲しい!

深夜食堂

ダウンロード (4)

阿部夜郎さんの原作、ビッグコミックオリジナルで連載されている、人情味溢れる大将が切り盛りする食堂で、常連さんたちが織り成すハートフルな物語。ぼく、このマンガが昔から好きで読んでました。

昭和の下町テイスト溢れる世界観がたまらないんだよなぁ。ひとつひとつのエピソードが心にしみてきます。

こういう人たちに囲まれて生きていきたい。こういう行きつけの店がほしい。というか、こういう店をやりたい。

「人はひとりでは生きていない。必ず誰か他の人が関わってるんだよね」

っていうことを思い出させてくれる映画。人生に行き詰まったときに立ち戻りたい原点。そんな映画です

俺はまだ本気出してないだけ

ダウンロード

青野春秋さん原作のマンガを実写化した映画です。

主演の堤真一さんのぶっ飛んでる感じ、その状況にまわりの人たちが感化されていく状況が痛快で面白い映画です。

それと、自分の信じた道を力強く生きて行くっていうメッセージもいいですね。それが、マンガ家になるっていう夢でも、パン屋さんになるっていう夢でも、サラリーマンだとしても、自分が信じた道で全力で生きて行くっていう覚悟。

その道で成功するのかしないのか、ハッピーエンドなのかどうなのか、そこを描写しないことによる”この物語の結末は自分自身の手で”という最終メッセージ。ちょっとネタバレになっちゃうけど。

この映画、侮れない。

全11作品観ました!

3月は、全部で11作品。旅から帰ってきてからの鑑賞記録なので、11作品は結構観れたほうなんじゃないかな?

今回の一番おおすすめは、”深夜食堂”ですね。

下町の人情味溢れる世界観をぜひ堪能してみてください!

4月もAmazonプライムビデオ、たくさん観るぞ!!

関連記事:【怪我の功名】自動更新してたAmazonプライム。もったいないから会員特典を使ってみた結果…。

関連記事:Amazonプライム無料登録のワナに気をつけろ!まじで!!

関連記事:「 プライムビデオ 」一覧

※「プライムビデオ」一覧から鑑賞記録をすべて確認することができます

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする