いまさら聞けない!?最近テレビできく”証人喚問”って何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (7)

こんばんは。りむです。

最近ニュースでよく聞く言葉、”証人喚問”

連日、国会や都議会、政治の世界に関わるニュースで飛び交っていますね。

国会だと、学校法人森友学園の”森友学園問題”に関して、理事長(退任予定)の籠池泰典さんが”証人喚問”を行うとのこと。

東京都は、豊洲移転問題で石原慎太郎元都知事が”証人喚問”を行いましたね。

「”証人喚問”ってなんなの?」

って思っていても、ここまで連日ニュースに取り上げられるとなかなか聞けませんよね…。犯罪を犯していて捕まるのか。それとも、ただ話をしにくるだけなのか。

「証人喚問って一体なに?」

という方のために、ここでは証人喚問に関して説明します。



証人喚問とは?

ちなみに、Wikipediaでは、

国会の各議院もしくは地方議会の百条委員会において証人を喚問すること。

と書かれています。これだけみたら、なんのことかさっぱりわかりませんよね。

わかりやすく説明すると、

いま起こっている事件に対しての真実を知るために、真実を知っているであろう関係者を呼び出して洗いざらい真実を話してもらうこと

です。なので、”証人喚問に呼ばれた”という事象だけ切り取ると、犯罪者でも何でもありません。真実を知っている人が、国会でみんなの前に真実を話すだけです。

ただ、気をつけたいのは、自分の保身のために嘘をついたり、内容をぼかしたりすると、偽証罪に問われます。そして、証人喚問は断れません。呼ばれたら必ず行かなければなりません。行かないと禁錮刑または罰金です。

  • 嘘は絶対についてはいけない
  • 絶対に行かなければいけない

これが鉄則です。

似たような言葉で参考人招致というものがあります。

参考人招致とは?

参考人招致の内容は基本、証人喚問と変わりません。いま起こっている事件に対して真実を知っているだろう人に来てもらって、真実を話してもらうことです。

ただ、証人喚問と違うのは、

  • 嘘をついても罰せられない
  • 行かなくても問題ない

ってところです。自分にとって都合の悪そうな内容は隠しててもいいんです。話せる内容だけでいいんです。というか、行かなくてもいいんです。

だって、参考人ですから。強制力はありません

証人喚問は、自分に都合の悪い内容が含まれていても、洗いざらい起こったことをすべて話す必要があり、そして絶対に行かないといけないんですね。

だから、証人喚問ってなんか裁判みたいな空気感じるんですね。

会社で例えるとどんな感じ?

「”証人喚問”とか”参考人招致”って言葉の意味はわかったけど、なかなかイメージがわかないよ…」

というあなたのために。

会社での仕事で表してみましょう。

例)17時までに発注を終わらせなければいけない作業がありました。あなたは17時を過ぎたところでその仕事に気づきます。慌てて取引先に連絡をしたところ、本日中の発注は間に合わないとのこと。そんな時、上司が「あれ、発注終わった?」と聞いてきました。

ちなみに、あなたが発注を忘れてしまった要因として、

  1. スケジュール把握を怠っていた
  2. 16:30くらいから実は30分休憩してた(サボってた)
  3. 16時からの会議資料を急遽つくらなければいけなくなった
  4. 日々のルーティーン業務が資料作りに圧迫され、後回しになってしまっていた
  5. 同僚が有給で仕事が回ってきた(といってもごく少量)

という5点があります。

では、上司に、内容を報告しましょう。

証人喚問

証人喚問の場合は、

「申し訳ございません。16時から始まる会議の資料作りと本日行う他の業務、有給中の同僚の仕事で一杯一杯になってしまい、スケジュールの把握ができていませんでした。それと、会議資料作成と他の業務をやりきったことでホッとしてしまい、スケジュールの再確認をすることなく休憩をしてしまいました。17時をまわったときに気づいて先方に連絡したのですが、本日中は難しいということでした。申し訳ございません」

というように、すべての事象を余すことなく伝えます。

参考人招致

参考人招致の場合は、すねてを話す必要はありませんね。

「申し訳ございません。16時から始まる介護の資料作成を急に差し込まれたため、そちらを優先せざるを得なくなり、他のすぐにやらなくてはいけないことをやっているうちに17時を回ってしまいました」(本当はサボってて忘れちゃったんだけど、内緒ね!)

これだけでOKです。休憩(サボってた)ことは言わなくていいのです。

今回の問題点はなんなの?

ちなみに今回の事件の問題点、焦点はなんなのか?

ちょっとおさらいしてみましょう。

森友学園問題

森友学園問題は、かいつまむと、

  • 破格の値段での土地売買(実質224万円での落札)
  • 実際は埋め戻されていたゴミ問題
  • 財務局と学園側の交渉・面会記録が破棄されている状況
  • 安倍首相の奥様と森友学園の密接な関係(100万円の寄付)

あたりが問題ですね。森友学園の行き過ぎた教育も問題視されていますが、今回の一番の焦点は、上記4点。なかでも野党は”安倍首相と森友学園とのつながり”を暴いて、失脚させたいわけですね。

この問題の真相は、当事者たちしか知らないわけですから、”証人喚問”で真実を問いただす必要があるわけです。参考人招致ではダメです。自分の都合の悪いことは話してくれませんからね。

豊洲移転問題

豊洲移転問題は、かいつまむと、

  • 土壌汚染
  • 東京ガスとの水面下交渉問題

あたりですね。

毎年、豊洲移転に関しての莫大な予算が振り分けられているにもかかわらず、「土壌汚染への対策、盛り土を行っていないではないか」という問題から、各方々へ飛び火し、最近では東京ガスとの水面下交渉まで話が進んでいます。

こちらの問題に関しても、当時の都知事・副都知事しか知らないような内容があるはずなので、「嘘偽りないことを話せよ!」と石原慎太郎さんが呼ばれたわけです。

”証人喚問”でなければわからないことがある!

ここまで読んでいただいて、もうお分りいただけたかと思います。

人間は、”自分に都合の悪いこと”に関しては話さないし、ぼやかす生き物です。なので、いくら会見を開こうと、いくら国会で話を聞こうと、真実は見えません。

”真実以外の報告には罰を”という決まりごとの下で話を聞く。そこまでしなければ真実はあぶり出されないのです。

ただ、こんなことをしなくてもみんなが真実を話せるような世の中になるように、政治家の人たちから真摯に物事に取り組んでもらえるようになればいいですね。



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする