島根が誇る全国屈指のパワースポット!”出雲大社”で成功祈願だ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

IMG_20170317_122715

こんにちは。りむです。

現在、プリウスで日本一周の旅に出ています。

島根県にある全国屈指のパワースポット”出雲大社”を参拝し、今後の成功祈願と旅の安全祈願をしてきました。

金曜のお昼ということで、観光客もまばらかな?と思ったのですが、多くの観光客、参拝客で賑わっていました!

ということで、出雲大社に関して、レポートします!

駐車場が無料!

出雲大社について、まず探したのが駐車場なのですが、ここ出雲大社は無料で駐めるとこができます。観光地の駐車場だと、”5時間1000円”とか多いですよね?出雲大社は無料、かつ第5駐車場までありました。(第5駐車場は、出雲大社より1㎞ほど距離の離れたところにあります)

ゆっくり散歩を楽しみながら参拝したいという人には、第5駐車場がおすすめですね。もちろん、駐車場は出雲大社に近づくにつれて混み合ってきますので、注意が必要です。

ぼくが駐車した第2駐車場もほぼ満車状態でした。

出雲大社への道のりには心踊る仲見世が!

車を駐めて、出雲大社へ歩き出します。

IMG_20170317_123339

車の通りもありますのでまわりには十分注意してください。仲見世が並んでいて、みているだけでも楽しい気分になりますね!

KIMG0286

KIMG0287

奥に進むとお店がぎっしり並んでいます。島根特産品も並んでいます。お客さんも多く、ワイワイ賑わっています。土日や連休中はもっと賑わいを見せることでしょう。心が躍ります。

では、出雲大社に入ってみましょう!

KIMG0288

出雲大社の入り口です。ここから中へと進んでいきます。

入り口で記念撮影をしている人も多かったです。

KIMG0289

松の木に囲まれた緑道を歩きます。うーん、気持ち良い!

KIMG0290

右手には池があります。ここにはベンチがあるので、参拝後は池をみながら小休止、なんてのもありですね!カップルがベンチで日向ぼっこしてました。う、うらやましい幸せになってね!

KIMG0291

緑道を抜けると、広めの参拝路にでます。いよいよ本殿が近づいてきましたね。心を落ち着かせながら、一歩一歩すすめていきます。お参りする内容を頭の中で反芻しながら歩みをすすめていきます。

KIMG0292

と思ったら、緑道第2弾です。

こちらの緑道は、松の木の根を守るために、鳥居から先は歩くことができません。左右の遊歩道を歩いて本殿を目指します。こういった小さなことから自然を守る努力がされているんですね!

いなばの白うさぎ伝説!

KIMG0293

出雲大社には、あちらこちらにうさぎがいます。”いなばの白うさぎ伝説”のうさぎですね。「いなばの白うさぎって何?100人乗っても大丈夫!なやつ?」って方は、こちら。

この説話は、「大国主の国づくり」の前に、なぜ他の兄弟神をさしおいて大国主が国をもったかを説明する一連の話の一部である。
この説話は、『先代旧事本紀』にあって『日本書紀』にはない。『日本書紀』では、本文でない一書にある「ヤマタノオロチ退治」の直後に「大国主の国づくり」の話が続く。また、『因幡国風土記』は現存せず、『出雲国風土記』に記載はない。
『古事記』上巻(神代)にある大穴牟遲神(大国主神)[1]の求婚譚の前半に「稻羽之素菟」が登場し、大穴牟遲神に「あなたの求婚は成功するでしょう」と宣託言霊のような予祝を授ける(説話の後半は大国主の神話#八十神の迫害を参照)。
今日では、「稻羽之素菟(いなばのしろうさぎ)が淤岐島(おきのしま)から稻羽(いなば)に渡ろうとして、和邇(ワニ)を並べてその背を渡ったが、和邇に毛皮を剥ぎ取られて泣いていたところを大穴牟遲神(大国主神)に助けられる」という部分だけが広く知られている。

Wikipedia 因幡の白兎より

KIMG0294

いなばの白うさぎの彫刻の近くでは、河津桜が咲いていました。ソメイヨシノはこれから開花ですが、開花の早い河津桜はそろそろ見納めの時期ですね。綺麗です。

KIMG0295

大国主と白兎の像です。この手の像を見ると、すべて日本武尊に見えてしまいます。(ビックリマンじゃないよ!)

いよいよ本殿へ!

KIMG0296

本殿にたどり着くまでに、かなり出雲大社を楽しめましたが、このまま帰っては、”少しのことにも先達はあらまほしきことなり”になってしまいます。仁和寺のお坊さんと同じことになってしまいますね。(詳しくは徒然草読んでください)

では、本殿へ進みます。

KIMG0297

まずは、本殿に入ってすぐに現れる社にお参りです。

お参りの内容は、

  • 今後の成功祈願
  • この旅の安全祈願

の2つです。

お賽銭を入れ、深々とお辞儀を2回。手を4回叩いて、祈願。その後、お辞儀。まわりの人の参拝方法をみて覚えました。手は2回じゃなくて4回なんですね。

KIMG0298

神楽殿では結婚式を執り行うことができるようです。出雲大社で結婚式。末長くご利益がありそうです。

KIMG0299

何が書いてあるのかまでは見ませんでした。人が多かったので、写真のみです。

こういった看板を見ると頭によぎるのは今も昔も同じ言葉です。

”この頃都に流行るもの。夜討ち・強盗・偽綸旨”です。

KIMG0300

奥にはまだまだ社があります。出雲大社の本殿をぐるっとまわって、パワーを吸収中。

KIMG0301

一周まわって本殿へ参拝。ここでも祈願は、

  • 今後の成功祈願
  • この旅の安全祈願

です。成功と安全は外せません。

縁結びの絵馬を書いてきました!

KIMG0302

最後に、縁結びの絵馬を購入し、書いてきました。サイズは大小用意されており、価格は大800円、小500円です。

もちろん大きいほうを選びました!

「縁結びって、最後の最後で祈願内容が縁結びかよ」

と思った皆さん。すみません。縁結びです。

KIMG0303

このブログがたくさんの人たちに読まれるように、たくさんの人たちと縁が結ばれるように、祈願してきました。

KIMG0304

出雲大社のパワーを吸収して、おっきくなぁれ!!

出雲大社は”元気になれる”おすすめのパワースポット!

今回、はじめて出雲大社に参拝にきましたが、ここは”元気になれる”おすすめのパワースポットです。

緑道を歩いているだけで、パワーがみなぎってくるような、本殿のまわりを歩いているだけで生きるパワーが溢れていくような、そんな場所です。

自然が残っていたり、元気な人たちで溢れかえっているからでしょう!元気な場所には元気な人が集まります。

「ちょっと人生に疲れたなぁ…」

っていう人は、ぜひ出雲大社から、そして出雲大社にきている人たちから元気をシェアしてもらいましょう!

出雲大社のホームページはこちらから!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする