江戸〜明治〜現代と受け継がれる”夜明け”の信念【6日目】日本一周プリウスの旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

images

全国の皆様、こんばんは。りむです。

プリウスで日本一周の旅

ここから見た方は、ぜひ1日目から追いかけてみてください。

関連記事:さわやかのハンバーグは激ウマでした【スタート〜1日目】日本一周プリウスの旅

※この企画は、”Drive your dream!”でおなじみのトヨタ自動車の提供でお送りしたい願望満載ですが、いまのところ提供していただける予定はないです

とまぁ、前置きはそこそこに、6日目のレポートいきます。

ツイッターへのふぁぼ、地元の内容にリプなど反応くれているみなさん。本当にありがとうございます。みなさんからのリプ・ふぁぼはかなりの勇気になってます。今後とも宜しくお願いします!

【おさらい】日本一周の道のりは?

おさらいです。

今回の道のり、訪れる都府県の順番です。訪れた都市は★をつけるとしましょう。

  1. ★山梨★
  2. ★静岡★
  3. ★愛知★
  4. ★岐阜★
  5. ★滋賀★
  6. ★京都★
  7. ★三重★
  8. ★奈良★
  9. ★和歌山★
  10. ★大阪★
  11. ★兵庫★
  12. ★岡山★
  13. ★香川★
  14. ★徳島★
  15. ★高知★
  16. ★愛媛★
  17. ★広島★
  18. ★山口★
  19. ★福岡★
  20. ★佐賀★
  21. 長崎
  22. 熊本
  23. 鹿児島
  24. 宮崎
  25. 大分
  26. 島根
  27. 鳥取
  28. 福井
  29. 石川
  30. 富山
  31. 長野
  32. 群馬
  33. 新潟
  34. 山形
  35. 秋田
  36. 青森
  37. 岩手
  38. 宮城
  39. 福島
  40. 栃木
  41. 茨城
  42. 埼玉
  43. 千葉
  44. 東京
  45. 神奈川

6日間で20都市です。6日目は山口県からはじまり、海を越えて九州、福岡・佐賀まできました。6日目は宣言通り”心にゆとり!楽しく行動!”

【6日目】こんな感じでした!

ってことで、6日目の振り返りです。ツイートはシンプルかつコンパクトに。ムダにつぶやかないようにしようと心がけてみましたが、どうでしたか?

6日目は九州入りを目標としながらも、心に余裕を持って。ムリに都市数を稼がないでゆっくり休憩を挟みながら行動しました。

休息は心身ともに超重要だと感じた広島の朝

広島県庁の駐車場で一夜を過ごしたのですが、起きた時の疲労回復感がいままでと比較にならないくらい高い。8時間睡眠をとることが人間のカラダにとってこんなにも大事だなんて思わなかった。カラダだけでなくココロにも栄養が行き届いていく感じ。栄養という栄養を取ってないけど。

”心と体がつながってるみたいに”と植田真梨恵さんが歌ってたけど、繋がってるよ。歌詞との意味合い全然違うけど。繋がってるよ。(すみません。植田真梨恵さんのお父さんのフェイスブックの言葉、もらいました)

山口県を目指してひたすら車を走らせます。ただひとつ、100㎞に1回は休憩しようと心に決めて。

県庁は観光地の一部だった山口県

山口県に突入したところで。マックを見つけたので休憩。朝ごはんもちゃんと食べようと決めたので、朝マックしました。

ベーコンチーズのセットを頼んだのですが、朝マックのパン変わった?マフィンってパンケーキみたいなパンだったっけ?

ほのかに甘い。これはハチミツの味だな。

ものすごくおしゃれなマックでした。座席もひとつひとつブースになってるし、仕事の打ち合わせもしやすそうです。

朝から読書を楽しんだり、パソコンをカタカタしている人が目立ちました。

山口県庁、観光地の一部となっていました。

山口県といえば、江戸時代は長州藩(萩藩・山口藩)。幕藩体制を崩し、日本の夜明けを支えた雄藩です。日本の夜明けを説いた、松下村塾の”吉田松陰”をはじめ、”高杉晋作”、”桂小五郎(木戸孝允)”、”伊藤博文”、”山縣有朋”など、現在の日本の礎を築いた雄たちがひしめいています。

山口県庁に触れるということは、日本の夜明けに少しでも触れることと同じことなんだな、と。なんだか感慨深かったです。

県庁には山口藩時代の門が残されていたり、文明開化により洋式を取り入れた旧庁舎が残されており、時代の流れを自分の目でみて感じることができます。

ここまでまわってきた庁舎の中で一番心が躍ったかもしれません。ちなみに、駐車場は解放されています。

山口県を訪れた際は、ぜひ一度行ってもらいたい場所です。

関門トンネルを抜けると、そこは九州・福岡県だった

山口県庁を楽しんだのち、関門トンネルを目指して車を走らせます。関門トンネルの通行料は150円。のちにラジオで知ったのですが、ぼくが関門トンネルを抜け、福岡市内を走っている間に落下物の影響で上下線とも通行止めになったようです。はやめに抜けてきてよかった。

(もし抜けられなかったら下関まで行って、四国艦隊砲撃を行った跡地を見に行ってたかも)

本州・岡山から四国・香川入りしたときの感覚で九州入りしたのですが、思っていたよりも結構あっさり九州入りしちゃいました。地図で見た感じ、近いなとは思っていたんですが、思ってたよりも近いんですね。気軽に九州入りできるし、本州に来ることができますね。

福岡県ははじめてでした。すごく楽しみにしていた県のひとつです。

なんででしょうか?カメラの写真の撮り方が下手だからでしょうか?

福岡県庁、とてもキラキラしています。もしかしたら写真をとるぼくの気持ちが反映されているのかもしれません。心と体がつながっているのかもしれません。

そうです。福岡県と言えば、久留米出身の植田真梨恵さんの地元です。植田真梨恵さんが生まれ、15歳まで育った県ですから、ワクワクを抑えようとも抑えきれない。

久留米で停車はしませんでしたが、少し遠回りをして通過してから佐賀県に入りました。

願わくば、植田真梨恵さんのお父様が営んでいる”たんたんたまご”にしれっと入りたかったところですが。1日に惜しまれつつも”活動休止”してしまっているため、叶わぬ夢となりました。

でも、これでまだ福岡・久留米にくる理由ができました。たんたんたまご復活の際は、また訪れようと思います。

松雪泰子も佐賀。公表してねぇ。

久留米を後にし、佐賀県入りです。

佐賀県に入る前、標識に”佐賀”の文字が見えたときから、頭の中に流れるのは

「S・A・G・A 佐賀!」

です。

久しぶりに松雪泰子って名前を思い出しました。昔好きでした。思い出させてくれてありがとう佐賀県。(ちなみに、はなわさんに関しては、最近息子が柔道の全国大会に出場しているテレビ番組見たので懐かしさはありません)

佐賀県庁。凛としてグッドでした。

正面から撮った写真が、なんか淀んで見えたので、裏に回ってもう一枚。裏から撮った写真はキラキラしています。

何事もひとつの側面から判断してはいけないということですね。裏に回らなかったら、佐賀県庁は暗いイメージで終わっていたかもしれません。本当によかった裏に回って。

佐賀県庁を写真に収めたところで、6日目は終了。いつもなら距離を稼ぐっていうところなんだけど、ムリするとカラダが悲鳴をあげるので、今日はここまで。

安定のガストでサラダうどんを食べて明日に備えます。道の駅も15㎞ほどの距離にあるので、今日は一安心です。

九州とは関係ないですが、全国の天気予報を見てみたら、今週の半ばくらいに日本海側は雪が降るようですね。

えぇ、すでに怯えてます。3月半ばだから、なんとかなるかなと思っていたのですが。高知〜愛媛でそんな感覚は通用しないと身をもって感じたので、かなり怯えてます。(もしかしたら山間部を通らなくても抜けられる道があるかもしれないので、有事の際は探します)

九州、かなりゆっくりまわって、長く滞在しようかな…。

6日のまとめ

6日目のまとめです。

「あっ、これ買っておけばよかった」

とか

「あれ持って来ればよかった」

とかは少なくなってきました。

モノはなくとも、最低限のモノさえあればなんとかなるってもんです。

熱さまシート

これあるとかなり重宝します。

長いこと運転してると、頭がぼーっとすることもあるので、そんなときにシャキッとリフレッシュすることができます。

ラジオ

5日目までは、延々と音楽をリピートし続けていたんですが、あまりにも長い時間聴き続けているので、単調な生活になりがちです。

ちょっとした刺激をもらえたり、その土地特有の話が聞けたりするので、ラジオに切り替えるのもアリかな。天気予報も聞けます。ラジオで九州も山間部で雪の可能性があるということを知ることができました。事前に覚悟できるっていうのが大きい。

山口〜福岡までは山口放送が聞けたので、延々聴いてました。ぼくはAMラジオ派です。もともとラジオ業界に興味があったし、中学生くらいからオールナイトニッポンのヘビーリスナーだったので。佐賀に入ってからは、RKBラジオとKBCラジオの繰り返しでした。結構面白いし、笑えるよ!

あ、あとラジオに「車で日本一周してます。ラジオ聴きながら運転してます」っていうメール送るのもアリなんじゃないかって思いました。ついさっきのことですが。明日検討してみます。

現場からは以上です。

心に余裕のある旅。関門トンネル越えて北九州市に入ったあとは、すぐ近くのコンビニで30分くらい休憩しながら海をみたり、時間に余裕を持つことは本当に大事だなって肌で感じてます。

ってことで、7日目以降は佐賀から長崎に攻めこみます!そのあとはまた佐賀に戻って、熊本入りかな?ツイッターで状況を報告していきますので、ぜひツイッターをフォローして確認してみてください!

それでは!

7日目はこちら:イチョウ並木通りに季節の情緒を添える熊本へ【7日目】日本一周プリウスの旅

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする