引っ越し業者一括見積もり!電話しまくって業者を決めたから内容をまとめる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ダウンロード (6)

春、新生活。

新社会人になる方、大学に合格した方。新しい生活にワクワク期待を膨らませている人も多いんじゃないかな?って思う今日この頃。

ぼくも、新しい生活を目の前にドキドキワクワク。期待と不安が入り混じっている今日この頃です。

ということで、ぼく、引っ越しします!!

新しい生活に向けて、長く親しんだ街を離れ、新しい生活に飛び込んでいくこの感覚。いくつ年を重ねても新鮮。

ってことで、今回は”引っ越し”がテーマなんですが、ぼく自身、引っ越しをするのが久しぶりすぎて、何をどうすればいいか結構もたついてます(部屋の解約の仕方とか、よくわかんなかったりしたからね。解約通知送るところ間違えちゃったりしたからね。)

そんな引っ越しの中でも、悩むのが

  • 引っ越し業者の選び方
  • 不用品の処分の仕方

の2点かなって。

今回は、”引っ越し業者一括見積もり→引っ越し業者決定”までのお話をメインでするよ!

選んだ引っ越し業者の感想と、不用品処分(家具とか家電とか、結構不必要になったものが多いんだ)に関しては、また別の機会にお話するとしようか。

関連記事:一括見積もりで選んだ引っ越し業者のレビューだよ!

関連記事:不用品処分でお困りのあなた!ぼくが不用品を処分した一連の流れを紹介するよ!

関連記事:【まとめ】引越しの時に必要なこと・申請するものリスト公開!

まずは引っ越し先を探そう!

images (3)

新生活に向けて、新社会人なら配属先の地域、学生なら進学先地域が決まったら、探すのは引っ越し先ですね。これ大前提。引っ越し先決まってなかったら、業者探しとか論外。

この季節、会社だと人事異動が活発になる時期だし、学生も引っ越し先を探すので、賃貸の物件が一気になくなる季節ですね。3月になると、いい物件(駅近・築浅・駐車場付)はほとんど埋まっちゃってて、希望の物件が見つからずに泣く泣く妥協するっていう人が増えるんですよね。

部屋の解約手続きついでに、不動産の人に話を聞いてみたところ、

「いい物件は2月中にはなくなっちゃいますね。3月に残ってるのは、駅から自転車で15分とか、築15年以上の物件が多くなります。駅近で駐車場付の物件はほとんどないですね。基本的には遠くになっちゃいますよ。というか駐車場付の物件は駅近には基本ないですね。探すなら2月中の方がいいですよ。2月中に探して大家さんとか管理会社に入居の時期を相談するのが一番ですね。というか、大家さんも早く家賃発生させたいので、この時期は審査とかも結構早く通すからすぐに決まっちゃいますよ!大学に進学する学生だと、保証人もしっかりしてる親御さんが多いので一瞬で決まっちゃいます」

なるほど。3月中に探すってのは難しいんですね。ってか、説明もまくし立てですね。うん、ぼくは引っ越し先すでに決まってるので、そんなに熱く語らなくて大丈夫ですよ!

まとめると、

  • いい物件は2月中になくなる
  • 駐車場付きの物件は駅から遠い
  • 3月に物件を探すと地雷物件にぶち当たる可能性が高い
  • 2月中の審査は他の時期に比べて通るのが早い

こんなところでしょうか。この時期の不動産屋さんは忙しそうですね。

そろそろ本格的に物件探さなきゃ、間に合わなくなるね…急いで!

引っ越し業者の一括見積もりをしよう!

images (4)

さぁ、引っ越し先が決まったら、次に探すのは引っ越し業者です。

引っ越し先の物件が2月中にほぼ埋まるということは、それだけ2月〜3月中の引っ越しが多くなるということです。よって、引っ越し業者も忙しくなる時期ですね。こちらも早く決めないと、希望の日時・時間帯に引っ越しができなくなっちゃいます。

ぼく、引っ越し業者を探すために、見積もりをしてもらった業者とか一括請求した会社に電話かけまくって詳細を聞きまわったんですけど、そんな中、一括請求した引越し達人セレクトの方がいうには、

「2月〜3月の土日は早く決めないと時間指定できなくなりますね。すぐに埋まってしまいます。平日はまだ比較的時間の予約がしやすいですが、今後学生の引っ越し予約が入ってくると、選べなくなる可能性がありますね。2月下旬くらいになると学生の引っ越し予約が増えるので、それまでに決めた方がいいですよ!いまはまだ社会人の方の転勤とかで引越し予約が入っている段階なので、平日は空いてますけどね。平日が希望ですか?休日が希望ですか?平日のフリーで予約すると引越しは基本やすくなりますよ!休日の時間指定と料金を比べても1.5倍〜2倍くらい変わってきますね。あと、引越しの料金は、基本トラックの大きさ、スタッフの人数、移動距離で決まります。ここは業者によって判断基準が違うので、料金に差が出ますが、サービスの質はほとんど変わりません。何を基準に決めるか、が大事ですね」

うむ、なるほどね。色々教えてくれました。

簡単にまとめると、

  • 2月中旬くらいまでの予約は社会人が多い
  • 社会人の引越しは土日に集中する
  • 学生の引越しは2月下旬から埋まっていく
  • 学生は平日の引越しが多い
  • 土日に引越しを希望しているなら中旬までに決めた方がいい
  • 平日は休日よりも断然安い

って感じですね。

あと、料金に関しては、

  • トラックの大きさ
  • 引越しに掛かる人員
  • 移動距離

この3点で決まるみたいです。びっくりしたのが、1tトラックと2tトラックで料金が2倍近く変わること。

  • 単身引越し
  • 家具・家電は引っ越し先で購入、または引っ越し先に直接納品

って場合は、迷わず1tトラックでの引越しをおすすめします。特に実家から出て、一人暮らしを始める学生は1tトラックが便利です。荷物は極力実家に置いていきましょう。必要なものだけ持っていくのがベストです。後々必要になったら、実家から運び出せばOKです。

ちなみに、一括見積もりすると、メールはバンバン飛んできますが、電話はほとんどかかってきません。かかってきたのは1件のみ。あとの業者は「選びたいならご自由に〜」的なスタンスです。こちらから電話しないと反応ありません。(一括見積もりした引越し達人セレクトさんからは電話がかかってきます。相談すると親身に答えてくれたのでありがたかったです

引越し業者を比較してみたよ!

ダウンロード

では、一括見積もりした引越し業者を比較してみましょう。

引越し業者一括見積もりで利用した業者は、

  • 引越のスタームービング
  • シモツ引越サービス
  • ハート引越センター
  • リズム引越サービス
  • アーク引越センター
  • アート引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • サカイ引越センター
  • Live引越サービス

の9社です。

見積もり後に電話がかかってきたのは、”アーク引越しセンター”のみ。他の業者はこちらから電話もしくはメールのみでの対応でした。

ぼくの引越しの条件

  1. 家具・家電は基本処分
  2. 1tトラックで移動
  3. 費用は安ければ安いほうがいい

の3本立てで探してみましょう。

※各引越業者のことを個別に書こうと思いましたが、批判的な感じになるのもイヤなので、相対的な話を書きますね。

引越の予約状況

各業者とも、土日の時間指定はかなり埋まっている様子。

決まって、「フリー便でいいですか?」と聞かれます。あと、2tトラックで手配されそうになります。そうですよね、1tトラックって3〜4畳くらいの大きさですからね。余裕を持って2tトラックを進めてくれるのはむしろ良心的かな。ぼくは、自分で運べる荷物は自分で運ぶので、そんなに大きなトラックは必要ない、ということで1tトラックを採用しましたが。

ぼくは、平日でも問題なかったので、”平日フリー便”で探しました。2/1現在、平日のフリー便だと、いまのところまだ余裕があるようです。

料金の相場

平日フリー便の料金で話を聞くと、2tトラックでだいたい30000〜40000円の業者が多いですね。1tトラックにすると5000〜10000円くらい安くなりますね。

あとは、エアコン脱着とかあると料金が上乗せになるみたいです。

料金が安かったのは

  • シモツ引越センター
  • アリさんマークの引越センター

ですね。20000円台での引越が可能です。

オプション

ダンボールは、基本どこの業者も無料でくれます。ダンボールの料金とるかとらないかってくらいで判断されちゃうのももったいないですからね。引越業界でのダンボール無料はもはやデフォルトなんでしょうね。

エアコン脱着は別途オプション料金がかかります。合わせて10000円くらい。

実家から引越だったり、もともと備え付けのエアコンを使っている場合は、関係ないと思いますが、自分で用意したエアコンだと、上乗せで料金がかかるので注意が必要です。

もし、自宅で使用しているエアコンが結構古いタイプのものだったら、この際買い換えてしまうのもいいかもしれませんね。

ぼくは、”料金の安さ”と”せっかくだから大手ではない引越業者を経験してみたい”という好奇心から、今回は

シモツ引越センター

での引越を決めました。

  • 1tトラック
  • 作業員1名(大きな荷物は一緒に運ぶ)
  • エアコン脱着なし

で、総額22000円でした。

さぁ、この選択が吉と出るか凶と出るか。

その様子は、またレビューでお伝えしますね!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする