”魂の叫び”植田真梨恵という表現者が醸し出す「最高にとがった」音楽厳選5曲!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

※いつも通り、本題に入るまでが長いから、厳選5曲を見たい人は目次で一気に飛んでね!

(長く書くたくなっちゃうのはなぜだろう…?)

植田真梨恵さんって”とがってる”曲多いよね

ダウンロード (3)

植田真梨恵さんの音楽を聴き始めて、早3ヶ月ですか。長いような短いような。植田真梨恵さんの音楽を聴いてて、「とがってるなぁ」って思うことが多い今日この頃です。

なんていうか、”魂の叫び”っていうんですか。そういうのがビシビシと伝わってくるんですよ。荒削りなんだけど、まっすぐに伸びてくる”魂の叫び”

インディーズ時代のALBUMとか、もうありのままに思ったことを尖らせてるんですよ。これ、すごいよなぁ。センチメンタルなリズムとか葬るリキッドルームとか、退屈なコッペリアもそうですね。歌詞がまっすぐにとがってる。

退屈なコッペリアは、僕のいま一番おすすめのインディーズ時代のALBUMです。

こういう”魂の込められた音楽”を聞くと、なんていうんですかね、心の奥底から「ウオォォォォ!!」みたいな感情がふつふつと湧き上がってくる。キングダムでいうところの王騎将軍とか麃公将軍が見せる大将軍の纏うオーラみたいな。こう、体の奥底から湧き上がってくる感覚。

大将軍と同じ感情を感じさせることのできる植田真梨恵さんってすげーな!!

植田真梨恵さんは2007年にインディーズデビューし、2014年にメジャーデビューしてます。インディーズでの活動期間が長いアーティストです。

今回は、そんな植田真梨恵さんの最高にとがったが曲を厳選して5曲紹介します!

と、その前に。

ちょっと話は逸れますが、インディーズとメジャーの違いを確認してみましょう。間違った認識をしている人もいるかもしれないので。

インディーズレーベルとメジャーレーベルの違いとは?

ダウンロード (4)

インディーズとメジャーの違い

インディーズレーベルとメジャーレーベルの違いは、レコード会社が日本音楽協会に所属しているかいないかの違いだけです。大手のレコード会社は日本音楽協会に所属しています。インディーズレーベルは所属していないだけです。

よく、「メジャーはプロ。インディーズはセミプロ」と言われますが、音楽業界の定義で言えば、メジャーもインディーズもどっちもプロです。まぁ、有名どころのソニーミュージックとかユニバーサル、avexがメジャーレーベルなので、その他多数のレーベルってなると、どうしてもプロ感が薄くなっちゃうのかもしれませんえ。実際、セミプロの様な細々とやっているレコード会社もあるので。

メジャーのメリット・デメリットは?

メジャーレーベルに所属するメリットは、

  • プロモーション活動の充実
  • 楽曲リリースの安定感
  • 認知のスピード感

ってところですかね。

大手メジャーレーベルなので、テレビへの出演はもちろんのこと、ライブ活動もレーベルスタッフ、マネージャーが精力的に動いてくれます。認知スピードはかなり高いんじゃないかな。まだ売り出し中で認知度が低くても音楽番組にブッキングしてもらえる。バーターっていう方法もあるしね。

デメリットは、

  • 表現の不自由さ
  • 結果が出せないときの見切りは早い
  • ギャラは大して高くない

ってところですね。爆発的に売れれば良いんでしょうけど、ぼちぼちレベルだとプロモーションに費用がかかっているので、アーティストの取り分はものすごく少ないです。売り出し中だった頃の倖田來未とかday after tomorrowのmisonoとか、月給が16万だったっていうのは有名な話ですよね。avex所属のアーティストでも、稼げなかったりします。

あと、見切りも早いですね。売れなくなってきたらサクッとさよなら。メジャーレーベルで活動し続けることができなくなってしまいます。

表現の不自由さは、言わずもがな。

インディーズのメリット・デメリットは?

インディーズの良いところは、

  • ”表現の自由さ”の幅
  • 売れた時のギャラ、印税の幅
  • 活動の自由さ

あたりですかね。

メジャーだと、どうしても費用の回収が先にきてしまうので”好き勝手に表現”はできないんですよ。”荒削りの音楽”はいくら魂がこもってても、一般のリスナーに広く受け入れられない。だから、削ぎ取って剥ぎ落として、磨きに磨いて、そしてリリース。なので、切っ先はいつだって丸いんですよ。撫でるような音楽が多いのは、これが理由。

その点、インディーズはそこまで一般のリスナーに広く受け入れてもらう必要はない。「わたしが感じてる世界を歌うから、共感してくれる人はこっちにおいで!」ってスタンスでいける。だから、どこまでもとがった音楽ができる。これは最強の魅力。

有名なところで言えば、ELLEGARDENとかMONGOL800とか、インディーズのまま活動しているアーティストも多いですよね。川嶋あいもそうだった。

デメリットは、

  • 認知度の低さ
  • プロモーションは自分で
  • 小さなレーベルは倒産するおそれがある

ってとこですか。

認知度は自分たちで作っていかないといけません。ライブ活動を頻繁に行うのもいい例ですね。

ってか、ELLEGARDENっていま聴いても色あせないよなぁ。

インディーズだろうとメジャーだろうと、アーティストの”魂”は変わらない!

と、インディーズとメジャーの違いをつらつら書いてきましたが、そもそものアーティストの”魂”はどっちだろうと変わんないんです。

音楽が生み出された時は、最高の”魂の叫び”がそこにあるんです。その後、そのまま荒削りリリースするか、磨きまくってリリースするか、それだけです。

アーティスト本人の想いが変わらなければ”魂は消えない”んです。植田真梨恵さんの魂は消えないんです!(これが言いたかった)

ライブに行くとインディーズの曲をたくさんやるアーティストっていますよね?あれって、自分がありのままの気持ちで生み出した音楽を、まっすぐに演っていい瞬間だからなんですよね。コンセプトはあっても、その中に組み込んでいけるから。だからインディーズ時代の曲が好きっていうアーティストは多いんだ!

と、長々と話しててもしょうがないので、そろそろ本題に入りましょうか!

(なんでかな。なんか長く書きたくなっちゃうんだよな…)

”魂の叫び”植田真梨恵という表現者が醸し出す「最高にとがった」音楽厳選5曲!

では、インディーズ時代のALBUMより、おすすめの5曲です!

メリーゴーランド

誰もが抱えるネガティブな気持ちを隠しもせず、おもいっきりぶつけた歌詞。

「もうほっといて」

「ひとりにして」

「かまわないで」

「できない。やれない。ムリ」

「もうヤダ」

そんな感情が夜な夜な頭を巡ること、ありますよね?

「それでも、なんとかまたやってみるよ」

っていう力強い締めくくり。

こんなに感情むき出しでネガティブな言葉を並べてるけど、だからこそ共感できる。

愛とか希望とか、それだけじゃ生きていけないよね。

流れ星

モヤモヤした気持ちだったり叶わない夢だったり。

なんかそういうのひっくるめて、

「流れ星、流れろよ!」

っていう叫び。

「流れ星、わたしの願いを叶えろよ!」

っていう想い。

未来が、明日が、真っ暗で何も見えないなら、いっそこの闇を切り裂いてやる。切り裂いてでも明るい明日を探してやる。

「だから、流れろ、流れ星」

ストレートな歌詞とメロディーに、感情移入しやすい曲です。

壊して

「自分の存在価値は何なのか?」

「いま、わたしが生きている意味はあるのか?」

「こんな薄っぺらい現実はなんなの?」

「みえるものすべてが浅はか」

いまの自分を、いま見えている現実を壊したい。壊して。だれか壊して。わたしを助けて。

そんな心の叫びが聞こえる曲。一般リスナーに受け入れられる曲を作ろうと思ったら、まずこんな歌詞書けません。

「あなただけでいいからわかってほしい」

「あなたがわたしのすべて」

っていう魂の叫びはインディーズだからこそ荒削りのままリリースできたんだろうな。

でもさ、わかるよね。この叫び。僕たちが抱えている、表面になかなか出せない叫びだもん。

きえるみたい

「あなたのためだったらなんだってできるよ」

「あなたのためだったら、わたしはきえても構わない」

っていう全力のラブソング。

”好き”とか”会いたい”とか、甘い言葉で紡ぐ愛の歌ではなくて、もっとディープな表現で愛を伝える曲。

”好き”とか”会いたい”っていうストレートな感情表現もいいけど、

「あなたがわたしを忘れてしまっても、それでもあなたが幸せだったらそれで構わない」

っていう表現の仕方もありだと思うんだ。というか、人生における恋愛の終末って、このカタチがほとんどでしょ?それをそのまま表現できる植田真梨恵さんマジでかっこいい。なんか、「山田くんと7人の魔女」の白石さんを連想してしまうね。

ナビゲーション

「誰とも逢わないよ」

「あなたに従うよ」

”もうあなたしか見えない、あなたについていく”っていう一途な気持ちを、ちょっと過激な言葉で表現した曲。ポップな曲調でやわらかいかわいい曲になってるけどね。

「お願いだからせめて 四角い心(そこ)の中で あたしだけ閉じ込めて 鍵はトイレに捨てて」

この表現は植田真梨恵さん以外に誰にできるだろうか?(ぱっと浮かんだのは椎名林檎さんくらいかな)

この世界観は半端ない。

今回は、植田真梨恵さんのインディーズ時代の最高にとがった楽曲をお届けしました。でもね、もちろん言わなくてもわかってると思うけど、メジャー以降の曲もめっちゃまっすぐで良い曲たくさんあるからね!

はなしはそれからだ ロンリーナイト マジックスペルもおすすめだよ!

ってことで、今日はこの辺で!

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする