”センチメンタルなリズム”の完成度の高さといったら、もう…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

%ef%bc%90%ef%bc%91

なんだこの完成度の高さは…

えっ、これインディーズのときのアルバムなんだよね

完成度高すぎじゃないか?

聴いてて引き込まれる。冗談抜きで。なんで埋もれてるんだ植田さん。もう不思議すぎて。

特に”センチメンタリズム”〜”メリーゴランド”までの一連の流れと、ちょっと落ち着いてきたところで聞かせてくる”愛おしい今日”。なんだこれ。おいおい、なんだこれ。

もうね、なんて言葉で表していいかわからない。

語彙なんて必要ないね。

良いものは、良い!!!

これだけ。

これだけ引き込む力を持ってても、この業界じゃ絶対的な運がなければ第一線にはでられないってことね。

結局、運ってすごい大事なんだなって

おい、ビーイング!もっと前面に出せよ!

でも、前面に出してコナンとかの主題歌を歌わせたら、大衆音楽になって、それこそ植田さんの良いところが埋もれてしまってたかもしれないな。うん、そんな気がする。これで良かった気がする。

ゆっくりゆっくり育っていくのがいいのかもね。

”センチメンタリズム”良いね!

サビからの一気に走り抜けるテンポチェンジにはちょっとビビった。うん、ビビった。

あとね、歌詞。歌詞だね。

会いたいばかりのラブソングが宗教のようにはびこる世の中で

って。すごいとんがってるなぁ。音楽シーンにケンカ売ってる。

「おい、お前ら!そんな”会いたい”ばかり歌いやがって!もっと心の奥から湧き出る感情を音に乗せろよ!」

的な。ツンツン。ヤンキー。怖いもの知らず。

と、思ったら、

感傷的な僕の歌ももう大方同じようなものだな

って。おいおい、いきなり譲歩かよ!

って、もうね、植田さんの手のひらでうまく転がされてますよ。

あいにくもう本日の受付は終了しました。また来世会いに来て。さよなら

って。明日じゃダメですか?前前前世から僕は植田さんを探し続けてるんですけど。また来世ですか?

メリーゴランドの切なさといったら…

この曲、テンポの割に内容が切ない。うん、切ない。

「”絶望感”と”嫌悪感”だけが友達さ」

って。”愛”と”勇気”はどこに…?

でも”回転してる周期なんとかやってみるよ”

って、がんばるんですね。

なんか、人生みたい

投げ出したいくらいつらいときもあるけど、もう辞めたいっておもうときもあるけど、それでもやれるだけやってみるって。

なんか、山崎まさよしの”セロリ”思い出しちゃったよ。”頑張ってみるよ。やれるだけ。頑張ってみてよ。少しだけ”なんてね。世界観は違うけど。

”愛おしい今日”の世界観…

やばい。これかなり好きかもしれない。なんか、うん、好き。

「日付変更線に乗って想いも変わっちゃうの?」って、そんなわけないじゃない

うん、そんなわけないよ。今日も好きだよちきしょー!愛に保証なんていらないよちきしょー!なんだ、この共感できる曲は。歌詞のひとつひとつを噛み締めちゃう曲。

まぁ、よくわかんない言葉もあるけど。

朝露に晴れて芽を出し、続きのわからない絵本が並ぶ

なんて、意味わかんないけど。でも、なんとなく情景が浮かんじゃうから不思議。

朝起きて、なんとなく悲しくて、”たまらない”、”会いたい”、”会えない”、”つらい”っていう感情なんだろうね。

なんていうか、すごく女の子っぽい歌なんだけど、男だって共感できる。わかる。これを僕の人生のフルコースの1曲にしよう。(トリコっぽくね)

総括すると…

「”はなしはそれからだ”と比べて、どっちが良い?」って言われても決められないくらい良いアルバムでした。

どんどんどんどーん どんどどどんどーん

関連記事:植田真梨恵さんと対峙して感じた『精神の奥底に沈んでいく』感覚の正体ってなんだろう?

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする