「良記事って何?」初心者ブロガーが月間1万PVを達成するための『良記事』の書き方完全ガイド!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ブログを始めて一番最初にぶつかる壁。

それは『アクセス数』ですよね。新着記事をあげても伸びないPV。

アバター画像
今日のアクセス数は20PVか…全然読まれてない…

なんて落ち込んでる初心者ブロガーさんはいらっしゃいませんか?

いますよね。知ってます。ぼくもそうでした。

今回は、『ブログ PV 増やす』って検索したときによく出てくるキーワード、

  • 良記事
  • 3ヶ月100記事

について、ぼくがブログを続けてきて気づいた答えをお話しします。

簡単に答えをお話しすると、良記事とは

  1. 検索者にとって情報がすぐに手に入る
  2. 検索者にとってわかりやすい
  3. 簡潔にまとまっている
  4. タイトル・冒頭の導入部分で結論がわかる

のことをさします。

アバター画像
せっかくなので、本題に入る前にぼくのブログ開設1ヶ月目(2016年11月)の最終日のアクセス数と3ヶ月目(2017年1月)の最終日のアクセス数を発表します!!
  • 2016/11/30:14PV(月間:500PV)
  • 2017/01/31:107PV(月間:3200PV)

一気に跳ね上がってますね。開始当初はこれくらいです。

アバター画像
WordPressブログははてなブログなどのブログサービスと違って検索流入が基本だから、Googleに評価されていない検索順位も低いしほとんどアクセスがないよ!

そうはいってもね…。読まれないのは辛いよね…。ということで、こんな企画やってます!

関連記事:【応援企画】「ブログが読まれない…」アクセスを増やしたい駆け出しブロガーさん応援企画第一弾!!

今後も定期的に開催するのでお声掛けください。



初心者ブロガー必見!月間1万PVを達成するための『良記事』『3ヶ月100記事』完全ガイド!!

アバター画像
どうしたらアクセス数増えるんだろう…?

今日も『ブログを始めたばかりの人』の嘆きが聞こえてきます…。

アクセスがない日々はつらいですよね。

アバター画像
なんとかしてアクセスを増やしたい…!

そう思いながらグーグルの検索画面に『ブログ PV 増やす』というワードを入れて検索したことありますよね?

アバター画像
質問です。『ブログ PV 増やす』で検索した記事になんて書いてありましたか?

書かれてることってほぼ一緒じゃなかったですか?

  • 良記事を書け!
  • 文字は1500字以上で書け!
  • 3ヶ月100記事書け!

基本、この3つですよね?

アバター画像
『良記事』って何かわかりましたか?『3ヶ月100記事』って言われてなんでだろうって思いませんでしたか?
アバター画像
全然意味わかんないんだけど…
アバター画像
うん、わかる。ぼくもそうだった!だからこの記事では『良記事』って何?っていう疑問と『良記事の書き方』まで全部伝えます!

では、ひとつずつ説明していきましょう。

ガイド①:『良記事』の概念と書き方

「『良記事』を書け!」と言われても良記事がなんなのかわかりません。だから書けません。

まずは『良記事』の概念と書き方について。

『良記事』の概念

良記事とは記事を検索した人が「あぁ、なるほどな!わかりやすい」と納得してくれたり、「すげー面白い!」と感じてくれる記事のことです。

ものすごく抽象的ですが、検索した人が満足してくれる記事のこと。検索した人が 『参考になった』と言ってくれる記事。

これは絶対です。

ここで注意が必要なのは『滞在時間の長さ』は必ずしも重要ではないということ。そして『読者』ではなく『検索者』

2000字ボリュームの記事だとしても、

  • はじめの300字で欲しい情報が手に入れてブラウザバックする人
  • 面白いなと思って2000字全部読んでくれる人

どちらもいます。ここで大事なのは『満足度』です。

満足してくれれば、またブログを検索してくれる可能性がありますよね?はじめの300字だけでも欲しい情報が詰まっていれば、それでいいんです。

例えば、ぼくの記事で【格安SIM】徹底比較!条件に合う『コスパ最強!』の通信会社はどこだ!?という格安SIM調査した記事があるんですけどね。

いろいろ調べた結果で進んでいって、最終的に『LINEモバイル最高!』ってなるんですけど、時間がない人は結論を先に知りたいじゃないですか?

ってときは、目次を見れば答えが書いてあるんですね。そこに一気に飛んで結果を見ることができます。

他にも絶対読んだほうがイイ面白いマンガを50作品集めてみたからランキング形式で紹介するよ!っていう記事があるんですけどね。

50位からカウンドダウンしていくのでボリュームがかなり多いんですね。時間があればひとつひとつ見れますが、時間がないときは結果だけみたいじゃないですか?

目次見ると一瞬でランキングのタイトルがわかります。

欲しい情報を簡潔に手に入れられる記事。それが『良記事』です。

『良記事』の書き方

『良記事』の書き方なんですが、一番わかりやすいのは『新聞記事』の構成ですね。

  1. タイトル
  2. まとめ(結論)
  3. 詳細

の順で書かれているのが新聞記事です。

手順①:クリティカルヒットするタイトルを決める

まず一番重要なのが『タイトル』です。

ブログの記事は『検索に上がっても基本的にクリックされない』と思っていたほうがいいです。

では、どうしたらクリックしてもらえるのか?

答えは明白で、『タイトル内に検索者の悩みを解決した体験』を盛り込めば良いだけです。

この記事のタイトルを見ていただければわかると思います。

世の中にはびこる『良記事』という3文字でリリースされた抽象的な言葉の答えを探し求めている人は、この記事のタイトルを見て、

アバター画像
やっと…やっと良記事の書き方がわかる…。答えにたどり着いた…。

とクリックしてくれることでしょう。タイトルに検索者への答えが書いてありますから。

手順②:文章はまとめ(結論)からはじめる!

検索流入をメインとした記事を書くWordPressブロガーは、はてなブログのようにアンニュイなオピニオン記事を書いていてもアクセスは集まりません。

  • 検索者はどんな人か?
  • 抱えてる悩みは何か?
  • どういう解決方法を求めているのか?

を考える必要があります。

アバター画像
体験を発信するときに意識なければいけない重要なことがあるのをご存知ですか?

検索者に対しての情報発信で大切なこと。それは

『検索者はすでに自分で答えを決めている。最後の一押しとして同じ体験をして成功したケースが知りたい!』

ということです。

例えば、パワースポット関連の記事を読んでいる検索者がいたとします。何を考えて検索したのか?

『復縁』のパワースポットを調べているなら、『元カノ(元カレ)と復縁したエピソード』ですよね?

アバター画像
復縁で有名な『東京大神宮』でお参りしたら、3日後に元カノからLINEがきて飲みに行くことになった!

とか

アバター画像
毎日連絡が来る元カレとどうしても縁を切りたくて、縁切りで有名な京都の『安井金比羅宮』に東京からお参りに行ったら、それから3ヶ月まったく連絡が来なくなった!

みたいな話が聞きたいわけですよ。

それを冒頭部分で記述します。

手順③:詳細で肉付けする!

『タイトル』と『まとめ(結論)』で必要な情報と答えはリリースしました。

最後に必要なのは肉付けです。

『復縁』や『縁切り』のパワースポット記事なら、結論を書いた後

  • 神社の様子
  • 実際に参拝した方法
  • 参拝客の年齢層
  • おみくじや絵馬に書いたこと
  • 近隣施設の情報

などを記載します。写真があればなおさら伝わりやすいですね。

『商品レビュー』の記事なら、事前に書いた結論の理由を肉付けしていけばいい。

この記事だったら、冒頭部分で「『良記事』が何なのかと『良記事の書き方』をすべて伝えるね!」と宣言しているわけです。そして概要を記載しているわけです。

その肉付け部分が、いまここです。

なので、肉付け詳細部分は読まれなくてもいいんです。



ガイド②:『3ヶ月で100記事』書けといわれる理由

記事の数が増えれば、

  • 検索で引っかかる媒体が増える
  • 関連記事ボリュームが増える

という直接的なアクセス数につながるメリットがあります。

アバター画像
ただ、それだけじゃない!どちらかといえばこれから話す内容の方が大きい!

実は初心者ブロガーにとって一番大事なのはここだったりする。

ポイント①:経験値の蓄積

今まで文章を書いてきた経験が少ない人にとって、文章を書き続けるというのは実はストレスがかかります。

圧倒的に経験値がたりない。

ドラクエだって、レベルを上げるためにコツコツとモンスターを倒して経験値稼ぐ必要があるよね。スライムでもドラキーでもおおきづちでも。

経験値が貯まれば、レベル上がれば力も増えるし、呪文も覚える。

アバター画像
要するに書き続けることで経験値がたまれば、書ける内容も言葉の使い方も増えるってわけです

だから、徹底的に書く必要があるんです。

ポイント②:継続する力をつける

初心者ってすぐにやめちゃうんだ。

書けないし、アクセス上がらないし。つまらないもんね。

なんとか続けられるようにするために、毎日書く。何が何でも書く。

毎日書き続けてごらん?書かないと気持ち悪くなるから。

書き続けると文章のレベルが上がる。いつの間にか書くことが習慣になって、文章を書くストレスもなくなる。

3ヶ月書き続けられれば、大抵の人はブログを続けられる。

アバター画像
続ける土台を作るためにひたすら書き続けるんだよ。毎日。これ大事!

えっ、「そういうお前は毎日書いてないじゃんか」って?

アバター画像
うっ…ごめん…



【終わりに…】3ヶ月経ったら記事の見直しを!

『3ヶ月100記事』が書けたらもう大丈夫。ブログは続けられるし、文章も上手になってる。

で、ここが重要なんだけど、初期に書いた記事を見て欲しいのね。

アバター画像
うわ、なんだこの記事…意味わかんねぇ…誰に伝えたいのかわからねぇ…

という記事がいくつか出てきます。おいおい、へたくそだなって。

抜本的な記事の見直しをすることで、過去の記事が最新の記事に生まれ変わります。内容もレベルアップ。

検索してくれる人も増えます。

過去の遺産をそのままにしておかずに、磨き続けることもできれば、あなたのブログはもっと輝くでしょう。

リライト忘れずに!3ヶ月たった時にもう一度、そして、この記事を見直すことも忘れずに(笑)

関連記事:「素人こそ『独自ドメイン』と『SSL化』はすぐにやれ!」10ヶ月で350記事書いたIT素人が断言する理由とは?



スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする