夕方のブログ執筆が”はかどらない”理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

%ef%bc%91%ef%bc%95

ブログ執筆が進まない…

いつもは深夜の時間帯に書いているブログ。本日は夕方(17:00を夕方というかどうかは人それぞれということで)に書いてます。

まぁ、全然進まない。深夜だと30〜40分くらいで2000字程度のブログの構想から記事執筆、完成まで一気に駆け抜けられるんですが、なんともまぁ、進まない。どうしたものか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-18-45-29

「さぁやるぞ!」ってPCの前に座って入力したのはこれだけ。なんて日だ!

『”本物の天使には羽が生えているのか”を検証する』というブログ内容で植田真梨恵の”カルカテレパシー”の歌詞内容を検証しつつ、「いい曲だよ!」って紹介する記事内容なんですが、全く進まない。「夕方の記事執筆は”はかどらない”」って記事執筆のほうがなぜかはかどってる。

関連記事:”本物の天使には羽は生えているのか”を検証する

そして頭の中をさっきからループしてる言葉。

”陛下、エリザベス女王が悲劇を起こしましたとさ”

なんで”カルカテレパシー”からの天使検証しようとしているのに、”a girl” が頭を流れているのか?ある意味、これが悲劇だよ!?夕方の時間には謎が詰まってる。ま、まさか、夕方には”天使”ではなくて”悪魔”が潜んでる!?悪魔が天使の話を拒んでる!?

そういえば、植田真梨恵の曲で”天使と悪魔”っていうのがあったような…。まだ、曲名全然わかんないんだよね。駆け出しだから。

『夕方』という漢字をよく見てみると…確かに悪魔っぽい。うん、悪魔っぽい。小悪魔。

夕方の記事執筆がはかどらない理由はなんなのか?専門家の人に聞いてみるのは無理なので、自分なりに考えてみた。

夕方の記事執筆が”はかどらない理由”

LINE通知が中途半端に小刻みにくる

夕方の時間には誘惑が多い。記事執筆に集中したいんだけど、そうさせない”悪魔”がそこにいる。そう、『スマホ』だ。今日は土曜日。土曜といえば、世の中の大人の大半は仕事がお休みの日。それはそれは、みんな連絡が取りやすい。

平日だと、「忙しいかな?」って思って避けてしまいがちなちょっとした連絡内容も土曜だとしやすいんですね。で、これまたLINEのスタンスが、「時間あるときに返してくれればいいよ」って感じなのでやっかい。

返すべきか返さないべきか。そこで悩む。で、結局返すわけで。で、時間が取られる。『うー、悪循環!!』(マンボ風に)

目の前にベッド

「夕方だし、まだ時間あるし、ちょっと横になろっかな」なんて誘惑。そう、土曜の夕方のベッドが発する重力は巨大だ。この重力にはあの”悟空”や”ベジータ”でさえ起き上がれない。ここの重力は地球の何倍なんだ!?

「ダメダメ、今お昼寝なんてしちゃったら、夜寝らんなくなっちゃうからダメ!」なんて自分に言い聞かせてる。

「いや、夜寝られなくなるならブログ書けるから好都合じゃん!」って思ったあなた、正解。その通りだわ。効率いいんじゃないかって、今思った。

でもね、やっぱり「ダメダメ〜。寝ちゃダメ〜」って日本エレキテル連合みたいに自分に言い聞かせてるのね。なので、ベッドの上で、内側にいる自分と戦ってる。”出口のない自問自答”してる。何度繰り返しても、やっぱり僕は僕でしかないのにね

結局、この記事もベッドの中で書いてます。MacBookAirは持ち運び簡単。ベッドで寝転びながら記事が書けます。音楽も聴きながら書けるので便利です。

外から聞こえてくる”声”の魔力

夕方なので、外を歩いている人がちらほら。

その人たちの”声”が聞こえてきます。会話。鮮明に聞こえてくるわけじゃないけど、なんかひとつひとつのフレーズが気になって気になって。

「365日毎日がエブリデイだよ」

とか。うん、毎日はエブリデイだよ。学校で習ったよ。うん、それTwitterかなんかで仕入れたネタを自分のことのように話しているだけなのか?いったいどんな状況でその言葉を世界に放ったんだ?

そんな感じで外の世界に耳を傾けてしまっていれば、そりゃ執筆も進まないぜ。

無造作に本棚に積まれた数々の名作

本棚にも誘惑がいっぱい。世の中に送り出された普及の名作が無造作に積まれている。ちょっと目を向けてみよう。”ドラゴンボール”、”スラムダンク”、”ハンターハンター”、”めぞん一刻”…。日本が誇る偉大な先生方の功績が、それ所狭しと置かれている。

「なんで、整理整頓されていないんだ!!」とひとつ手にとってみる。自分の左手が誰かの意思を宿したかのように、急にページをめくり始める。1ページ、また1ページと進んでいく。どうしたって止めることができない。左手だけだったはずの支配された体は、徐々に右手、目、頭と体を支配し始める。気づけば心まで。”心と体がつながってるみたいに”わずかな時間ですべてを喰らい尽くしてしまった。なんて恐ろしい魔力。”この力に抗うだけの呪文を僕はまだ知らない”。ロンリーナイトマジックスペル(12/14 植田真梨恵2ndALBUMリリース決定です)

だめだ、無造作に置かれた漫画は危険だ…。

結論 ”夕方の記事執筆”は大人になりきれていない大人には危険

検証した結果、”大人になりきれていない大人”には夕方の記事執筆はできません。そう、この感覚は、いつか感じたことのある感覚。

中学生がテスト前日に、「よしやるぞ!」って意気込んで、まずは勉強のスケジュールを分刻みで立てるあの感じ。『19〜20時英語』ってスケジュールに書いてるけど、スケジュール作り始めた時間が19時だったっていうあのパターン。

「ちょっと10分休憩!」ってベッドに転がって漫画読み始めたら、いつのまにか30分経ってて、「よし、20分後の数学から始めよう!」とかいう勝手なルール変更しちゃうあのパターン。

机の上が気になって掃除始めたら、部屋中気になり始めて、結局掃除して勉強の時間がなくなっちゃうあのパターン。

夕方の記事執筆は自分に勝てない人には難しいので注意。そんな人はナチュラルハイになってる”深夜ブログ”がうってつけ。深夜に書こう、深夜に。

おすすめ記事:『ブログを書くなら”深夜”!』が圧倒的に良い理由

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする