《自己PR》就活の自己PRの書き方ポイントは『因数分解』!やさしい言葉選びで印象アップ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

あなたが知りたいことをGoogleで検索して調べたとき、一番ストレスを感じる瞬間はいつですか?

  • むずかしい言葉・用語
  • 多くの漢字で構成されている
  • 専門用語で埋め尽くされている

ぼくが検索した結果でストレスを感じるのは上記3点です。

アバター画像
むずかしい言葉が並ぶ。漢字が多い。専門用語ばかり。意味がわからなくて違うサイトで検索しなおします。

専門用語ばかりが並ぶ。漢字が多くて読みづらい。

詳しく書かれていても、読みたくない文章は読まないですよね?

アバター画像
あなたがGoogle検索をしたときに感じているストレス。エントリーシートや履歴書を書くときに同じようなことをしていませんか?

新卒就活・転職活動をする際に書く『自己PR』のアピール文章。

専門用語が並んでいませんか?

むずかしい漢字を多用していませんか?

今回は数学の『因数分解』の考え方を利用したやさしい言葉の選び方を紹介します。

面接解禁前に内定ゲット!?効率よく就活するなら!→採用担当者と焼肉しながら内定!?『ニクリーチ』で効率よく就活!

フリーター・第二新卒に大人気!アドバイザーと二人三脚の就活!→第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】

わかりやすい『自己PR』の書き方のポイント!『因数分解』を使って優しい言葉で書くための3つのポイント!

数学の因数分解を使ったわかりやすい文章は

  1. 専門用語の分解
  2. 漢字とひらがなの黄金比率
  3. あいまいな言葉を使って検索者の発想を促す

3つの書き方を意識すること。

アバター画像
文章は『文字だけで伝える』もの。感情がうまく採用担当者に伝わらないことも多い。だからこそむずかしい言葉は使わず、読みやすい構成を心がけつつ、採用担当者の発想に身を委ねる必要があります。

《因数分解①》『専門用語』を分解!わかりやすい言葉にする!

大学で専攻していた分野や卒論内容、研究内容を採用担当者に伝えたい。

熱が入って、詳しい内容をエントリーシートや履歴書に書き綴ることもあるでしょう。

エントリーシートや履歴書を読み返してみてください。

あなたに理解できても、一般の人に理解できない専門用語が書かれていませんか?

採用担当者は、あなたの研究内容を知りません。

あなたが普段『当たり前』だと思って使っている言葉は採用担当者にとって未知の言語です。

専門用語が並ぶエントリーシートや履歴書に目を通すことほどストレスを感じることはありません。

エントリーシート、履歴書でストレスを感じさせる人とは一緒に働きたくない。一瞬で不採用コースです。

専門用語を『因数分解』して、誰にでも伝わる言葉に変えましょう。

ぼくの大学のゼミ選考を例を挙げると

アバター画像
既存のCD音源をエンコーダーでMP3に変換してMIDIに取り込んだり、MIDIで簡単な音楽を打ち込んでRemixしてWMPに落とし込む一連の流れを学習しました。

何言ってるのかさっぱりですね。因数分解しましょう。

  • MIDI→パソコン上でピアノやギターを使って音楽を作ったり、CDの曲を取り込んで編集するMIDI
  • エンコーダー→MIDIで音楽を利用するために音楽データを変換する
  • WMP→音楽再生ソフト

と言葉を変換します。

ほかにも

  • 〜を軽減する
  • 〜を少なくする

といったように簡単な言葉を使うと読みやすくなります。

アバター画像
専門用語は可能なかぎり採用担当者が知っている言葉に変えること。言葉を因数分解しましょう。

《因数分解②》『漢字とひらがな』の黄金比率は3:7!

漢字が並ぶ文章ほど読みづらいものはありません。

漢字とひらがなの黄金比率は3:7が基本です。

  • 曖昧な論点
  • あいまいな論点

上記に書かれている言葉。どちらがストレスなく読めますか?

アバター画像
間違いなく『あいまいな論点』ですね。

エントリーシートや履歴書は4〜5行に詰めて書くことが多いです。

ブログのように適切な改行ができないので、読みやすい工夫が必要です。

  • 〜する事
  • 〜すること
  • 辛い→つらい、からい

『こと』という言葉も漢字ではなくひらがなで。辛いという言葉も読み方がたくさんあるのでひらがなに変える。

アバター画像
漢字とひらがなの比率は3:7。エントリーシートはあなたが見るものではありません。採用担当者が見るものです。相手のストレスを少なくしましょう。

《因数分解③》『具体→抽象』あいまいな論点で検索者の発想に身を委ねよう!

『具体→抽象』は少しレベルの高い表現技法になります。

エントリーシートや履歴書は『あなたの自己PR』なので、わかりやすい内容で具体的にイメージできるように伝える必要があります。

アバター画像
ここでポイント。具体的に伝えることは重要ですが、『あなたのことを採用担当者にイメージしてもらう』というのも重要です。

具体的に書かれた文字の情報だけではなく、あいまいに書かれた情報からあなたのことをイメージしてもらう。

採用担当者がエントリーシートや履歴書をみて、あなたのことをイメージすることで印象に残りやすくなります。

アバター画像
就活は『印象を残す』ことが重要。『具体→抽象』の文章の書き方はこちらの記事を参考にしてみてください。
【文章構成論】抽象的な表現を使った『3つの発信力』でターゲットに文章を届ける!!
衝撃的なツイートに出会いました。 ブログを始めたばかりの人 特定のターゲットにリーチした記事がなかなか書けない人 ...

採用担当者にストレスを感じさせないエントリーシート!『自己分析』→『企業リサーチ』の考え方も忘れずに!

就活の書類選考を突破するためのポイントは

  • 採用担当者のストレスを少なくする
  • 読みやすい言葉で自己PRを構築する
  • 専門用語を因数分解する
  • 漢字とひらがなの黄金比率を意識する
  • 『具体→抽象』で採用担当者にあなたをイメージさせる

です。

「なかなか書類選考を通過できない…」と悩んでいるなら。

  • むずかしい言葉や専門用語が書かれていないか?
  • 漢字が多く書かれていないか?

もう一度読み返してみてください。

アバター画像
ちょっと待って!もしかして、いきなり文章書き始めてない?

エントリーシートや履歴書だけでなく、文章を書くときは文章構成を考えてから書き始めることが大事です。

意識するポイントは

  1. 特性を知る
  2. 特性を4つのカテゴリーに分類する
  3. できることとやりたいことを具体的にイメージする
  4. 企業リサーチの結果と照らし合わせる
  5. あなた自身の『訴求ポイント』を構築する
アバター画像
こちらの記事で詳しく説明しているので、就活の参考にしてみてください!
【自己分析】ポイントは5つだけ!強みを活かす!就活を成功させるための『自己分析』活用術!
就職活動を行う上で重要なポイントは、 圧倒的な企業分析(企業リサーチ) 特性を知るための自己分析 企業リサーチ...

面接解禁前に内定ゲット!?効率よく就活するなら!→採用担当者と焼肉しながら内定!?『ニクリーチ』で効率よく就活!

フリーター・第二新卒に大人気!アドバイザーと二人三脚の就活!→第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】

スポンサーリンク
太もも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする